2016-08-28

秋吉台の夏2016終わりました

今年も作曲講師をつとめさせていただいた秋吉台の夏2016、無事に終わりました。
充実の6日間。




コンサートで私の作品を演奏してくださった、フルートの村上景子さんとピアノの藤田朗子さん。


コンサート後の記念撮影です。


湯浅譲二先生ともツーショットで。



そして、今年も秋吉台で迎えた誕生日。
聴講生から「先生、これ誕生日プレゼントです」と差し出されたのはアルバム。
開いてみたら、沢山の方から誕生日メッセージ。
普段教えている愛知県芸生はわかるとしても、初めて秋吉台で会ったばかりの受講生(突然頼まれて面食らった事でしょう)や湯浅先生からのメッセージに驚く。
更に驚いたのは、ニューヨーク時代の親友や同じアパートに住んでいた子たちからのメッセージ。
一体いつどうやって連絡とってたんだ???
その上、博士課程時代の恩師(こちらは修了の時の写真つきで)も登場。
いや、びっくりした。
ついでに、私の子ども時代の写真まで載ってるし。



ご協力下さった皆様、ありがとうございました。とても幸せだと思っております。
(1人、1つ上に年齢間違えてたけど 笑)

こちらは、同じ誕生日のピアニストの黒田亜樹さん。
秋吉台で一緒に誕生日を過ごすのは3回目。お祝いのシャンパンです。


そして、この写真は、帰り新山口駅で購入した、山口の瓦そば。


おうちでは、フライパンごと食卓に。
おいしかったけど、初めて山口で食べて「おいしーー!」と思ったのとはちょっと遠い。
やっぱり、山口で食べたいです。
あ、結局食べ物の話で終わる・・・・。
2016-08-08

ミニコンサート♪

金沢大学での授業、前期最後は成本クラス恒例ミニコンサート。
いつも、説明しますが、再掲。

私が担当させていただいているのは、教育学部の音楽専攻生「以外」の学生の小学校教員免許のための授業です。
全員メロディーとコードネームだけを見て、伴奏付けして弾きます。
音程はほとんどの学生が知らない。
長三和音、短三和音なんてもっと知らない。
和声の知識は当然ゼロ。
それを、たった4ヶ月弱でよくこんなにいろんな曲に伴奏つけて弾けるようになるもんだ。
今年も結構感動しながら聴きました。
積極的な学生が多くて楽しいクラスでした。

201608060137586b0.jpeg

全員で記念撮影。
謎のポーズは、私が講師演奏で腕を使うクラスターがいっぱいの曲を弾いたので、クラスターの真似らしい(笑)
201608060138006bb.jpeg
2016-08-06

吹奏楽コンクール香川県大会

香川では、吹奏楽コンクール香川県大会の審査員を務めさせて頂きました。

昔々、自分が吹奏楽部員だった頃を思い出し、懐かしい思いも。
高松に行くまでは、少し緊張していましたが、一緒に審査にあたった審査員の方々が本当に良い方ばかりで、審査員控え室もいつも和気あいあいとしていて、とても助けられました。
また、香川県吹奏楽連盟の役員の先生方もみなさん、とても良い方ばかりで、本当に気持ちよくお仕事させて頂きました。
ありがとうございました。
出場していた生徒さん、学生さん、社会人の方々、みなさん一生懸命で、どの演奏も楽しんで聴きました。
そうはいっても、コンクールの審査なので、それぞれ嬉しい結果になった人、悔しい思いをした人、色々だと思います。
でも、その結果にかかわらず、ここで出場した子供たちが、今後も何かの形でいつも音楽がそばにあるような人生を送って欲しいなと思いました。
帰りは、お土産買って

高松在住の大学時代の後輩とその娘ちゃんに会って、お土産までもらいました。

こちらは、高松で食べた晩御飯たち(の一部)。

真ん中下は、骨付鶏。
審査員全員での懇親会(まあ、全員で飲みに行ったということ)で行ったお店で食べました。
11月にこの地(高松)で、吹奏楽の初演がある予定なので、また、ここを訪れるのが楽しみです。
帰りはまた、マリンライナー、新幹線と乗り継いで戻りました。
高松でお世話になった皆様、ありがとうございました。
2016-07-29

高松に来ています

昨年夏に引き続き、ほぼ一年ぶりに香川県高松市にやってきました。
岡山で新幹線からマリンライナーに乗り換えて。
13872914_1252632664747041_103941909574831547_n.jpg

夕暮れの瀬戸大橋を渡り
13680975_1252667411410233_7805267998925439866_n.jpg

うどん県到着!
13872758_1252676691409305_1411535689408865660_n.jpg

そして、次の日からお仕事。
13681058_1253143024696005_4749264875187264584_n.jpg
仕事をしている、レクザムホールの控え室からの眺めです。
昨年、コンサートをした女木島が見えます。

お仕事終わって、ホテルに戻り、さて、晩ご飯・・・
ここは、やはり、うどんでしょう。
明日以降は、今日より仕事は遅くに終わるので、うどんを食べにいく元気無いかも。
だから、今夜は2軒行っちゃおう。

1軒目「しんぺいうどん」
ファイル 2016-07-29 22 39 47

お店の人に、おすすめを聞いてオーダーしたのは「ちく玉天ぶっかけ」。
ファイル 2016-07-29 22 40 22
竹輪の天ぷらのと半熟卵の天ぷらがのってます。

半熟卵の天ぷらがおいしい。
ファイル 2016-07-29 22 40 45

続いては、「鶴丸」
ファイル 2016-07-29 22 41 14

ファイル 2016-07-29 22 41 59

こちらでもおすすめを聞いて、肉ぶっかけをオーダー。
ファイル 2016-07-29 22 41 36

あー。美味しかった。
明日からの仕事も、これで乗り切りましょう。
2016-02-23

学生は本当に良く見ている。

先日、教え子の結婚式に出席した話しを書きました。
「教え子の結婚式とスーツ」

披露宴でのこと。
新婦の、中学・高校時代の恩師が主賓のスピーチをされました。
その中で、新婦は絵が得意で、最後の学級通信にクラス全員の似顔絵を書いたというエピソードが紹介されてました。

「そういえば、この子は私の似顔絵も書いてたなあ。写真に撮ったはず」と思い、帰宅後探してみました。

発見!!!

12687996_1132102496800059_4609892015603835498_n.jpg

全部怒ってる顔でした。

「やかましい!」っていうセリフも、笑えます。

私の授業では私語はまず無いんですが、たまに休憩時間からの続きで出席取ろうとしてもざわざわしている時があります。
そういうとき、確かに私は「静かにしなさい」とか「うるさいですよ」とか言わず、一言

「やかましいっ!!」

と言って、シーンとした瞬間に出席をとってました。

よく観察してるもんだね。でも、そんなにいつもいつも怒ってないつもりなんだけども・・・・(笑)

そして、この似顔絵をとあるSNSにアップロードしたら、大好評。
しかも、この絵を描いた新婦が

「なんと懐かしい!
まだ保存して下さっていたなんて感激です。
約10年振りに描いてみました。」

と反応あり、久しぶりに新しい似顔絵を書いてました。
それが、こちら。

タイトル
「学生の課題の出来が全体的に良くてベタ褒めするも前日に阪神が負けた苛立ちを隠しきれない5限目の成本先生」

942854_1133050263371949_1849113962816622008_n.jpg


「めっちゃ褒めてんけど今」もよく言います。言われてみれば。


そして、つい先日別の大学での授業中のこと。

ハッと気付いたら私の姿勢は、教卓に右腕ついてもたれかかり、左腕は腰に。
まったくこの似顔絵通りの姿勢で講義してました。
笑える。


それにしても、学生はよく見てます。
私はピアスはたいていぶら下がってるものをつけて、ピアスとネックレスを揃えることが多いのですが、新しい方の似顔絵、ちゃんとそうなってるのも、すごいです。

2015-11-27

合格報告

今年、レッスンしている受験生(高校3年生)二人は、同じ大学を推薦で受けました。

合格発表の日のこと。

1人は朝8時過ぎに「合格しました!」とメール有り。
ホッとしたが、もう1人からは連絡が無い。

「平日だし、学校、始まっちゃったかな。お昼休みくらいにはメールしてくるかな。」と思うが、お昼も連絡無し。

夕方学校が終わった時間になっても連絡無し。

こりゃ、ダメだったのかもなと思って、さて、一般入試に向けてまた頑張らないと・・・など色々考えていたら、夜8時半ごろに電話がかかってきた。

そうかそうか、電話する勇気が出るまで時間がかかったんだなと思い電話に出る。

そうしたら、

「先生!受かりました!」

との声。


合格発表をインターネットで見たのは朝8時で電話するには早すぎ、学校へ行ったら携帯が使えず(携帯使用禁止の学校)、部活が終わってやっと今電話ができるようになったとのこと。

「メールよりお電話でお伝えしなくちゃと思って。遅くなってすみません。」


というわけで、二人とも仲良く同じ大学に合格。良かった良かった。


それで、思い出したんだけど、携帯が普及して来て、「合格しました」という報告を初めてメールで貰ったときは仰天して、「いや、こんな大事なこと電話でしょ」と思ったものでした。
でも、結局年々メールでの連絡が増えて来て、私もそれが当たり前になっていました。

何年かぶりの電話での合格報告でした。
もちろん、朝メールくれた子も、合格発表見て速攻でメールくれていて、それも嬉しかったです。
2015-11-19

チナリー&スーザン in 愛知県立芸術大学

時系列が前後しますが、先週末(11月13日、14日)、大好きなチナリー・ウン、スーザン・ウン夫妻がアメリカから愛知県立芸大に来てくれました!!
今年チナリーに会うのは3回目!!超嬉しい!!
愛知県芸では作曲の学生のプレゼンテーションと、それに対するチナリーのコメント。
チナリーは、プレゼンテーションした学生だけにではなく、そこにいる全員に向けて色々語りかけてくれました。チナリーらしいです。

翌日は、愛知県立芸大の久留先生とチナリー夫妻と共に、愛知県陶磁美術館へ。
ちょうど、アンコール時代(クメール王朝)の展示もあり、チナリーもスーザンも楽しんでくれたようで良かったです。

昼からは、チナリーの自作に関するレクチャーと、スーザンの演奏によるチナリー作曲の《スパイラルXI“Mother and Child”》のミニコンサート。

チナリーは最後に、スコアをくれました。
そして2人からのお土産、ルビーのピアス。宝物です。
IMG_2525_s.jpg


相変わらず、別れ際は涙が出そうでしたか、こうやってきっとまた会えるよねと思って、ガマンしました。
どこまでも他人に対して優しいチナリー。チナリーもスーザンも大好きです。

愛知県芸大の学食で。久留先生とチナリーと。
IMG_2387_s.jpg

スーザンと。
IMG_2391_s.jpg
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)