--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-28

【アメリカ旅行記14】コロラド川沿いを北上!

アーチーズ国立公園には別れを告げ、Moabの町で腹ごしらえをした後、今夜の宿泊地向かう。
(とは言え、相変わらずホテルは未定)

来た道を引き返さず、今度は、コロラド川沿いをずっと北上してインターステート70を目指す。
これは、ウノがセレクトしたルート。


川沿いのキャンプ地では、たくさんの人がキャンプをしていました。

さて。
ここからは、要は一般道を通って行っている訳で、国立公園内でもなんでもないんですが、それに勝るとも劣らない迫力の景色の連続だった。

例えば・・・

こんなのとか・・・・
P3210871(変換後)
(道路の左側にはコロラド川が流れています)

こんなのとか・・・・
P3210873(変換後)


そして、ちょっと停車。

そこから見えていた風景は、赤岩の地層と奥に見える雪山。
奥に見えているのはラサール山脈とかいう山らしい。
P3210875(変換後)

後ろを振り向くと・・・
CIMG1974(変換後)


チビの私たちでも、影はノッポになれるのだ。
P3210878(変換後)

そして、また走り出す。

こ~んな岩がすぐ近くにせり出していたりして、なかなかの迫力。
P3210882(変換後)

そして、ウノがバックミラーで「後ろに見えている景色がすごくきれいだ!!!」と発見。

急遽、車をUターンして停車。
なんて、美しいんでしょう。
P3210883*(変換後)


先にも書いたけれど、これ、国立公園内じゃなくて、一般道から見えている風景です。
そして、記念撮影・・・・・。
P3210885*(変換後)
写っているのがコロラド川。

たまには、ふざけた写真など。
P3210886*(変換後)
マラソンの高地トレーニングのつもり。
(でも、へっぴり腰)

P3210887*(変換後)
意味不明のポーズも決めてみた。

後ろを振り向いてみたら見えた地層。
P3210889(変換後)
そろそろ、地層が赤だけじゃなくて、白っぽくなってきた。

そうして、更に進むと、高い地層が見えなくなってきて、だだっぴろい景色が広がり出した。
P3210891(変換後)

走っている道はこんな感じ。
P3210895(変換後)

牛もいました。
P3210893(変換後)

そして、日没。
CIMG1987*(変換後)

撮影はウノママ。

すごくアメリカらしい風景でした。
このルートのセレクトは大正解だったね!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

アメリカは広いなぁ

緑溢れる大地も良いけど、
赤茶けて荒涼とした雄大な風景も
大陸ならではなんでしょうね。

西部劇で観た風景だねv-27

こんなところをクルマで走ってみたい・・・

kim-nagamachi さん

赤茶色の景色は、やはりアメリカならではかな~と思いました。
ほんとに、迫力満点でした。

> こんなところをクルマで走ってみたい・・・

良いですよ~。ロングドライブ。
楽しかったです。
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。