2009-04-16

【アメリカ旅行記11】アーチーズ国立公園 その1

少し間が空いてしまいました。
いよいよアーチーズ国立公園です。
P3200798*(変換後)

大小2,000を超える自然にできた赤砂岩の
アーチ(岩がアーチ状に風化)が保護されている公園です。

入り口にあるビジターセンターを過ぎたら、道路は一気に上りです。
P3210809(変換後)

丸で囲んであるのが、ビジターセンター。
ちっちゃくしか見えません。


コートハウス・タワーズ (Courthouse Towers)
CIMG1929(変換後)

写真が多いので、続きはこちらから↓


シープロック(Sheep Rock)
P3210813*(変換後)

シープロック???
拡大してみると・・・・・

P3210814*(変換後)

わ~お、ほんとに羊みたい!
顔も胴体も!

バランス・ロック (Balanced Rock)
CIMG1932(変換後)

ここは、近くまで歩けるので、近づいて見る。
CIMG1941*(変換後)

見る方向が変わると、まるで違う形ですね。
この上に乗っかってるのは、観光バス3台分くらいの大きさ
(約17m、重さ3,500トン)だそうですよ。
P3210819(変換後)

タレット・アーチ(Turret Arch)
P3210826(変換後)
下の方に人が二人写っています。

Wildflowers, South window and North window(再掲)
CIMG1951_convert_20090326175738.jpg

CIMG1955_convert_20090326175939.jpg

公園内にはロッククライミングを許可されている岩がいくつかあるそうです。
人が登って行ってるの、わかりますか?
P3210832*(変換後)

高い所が苦手な私ですから、絶対にこんなことは出来ません。

ちなみに、ウノの家で使わせてもらっていたベッドがやたらと高く、
私は毎晩「ベッド・クライミング」して、寝床に入っておりました。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)