2009-04-01

【アメリカ旅行記5】ボルダーは高地 その1

いつものブログのように、
アメリカでの出来事も、思いついた事から書いて行くので、
時系列がめちゃくちゃになりますが、ご容赦を。


さて、無事にボルダーに着いた次の日。
その日の夜、コロラド大学でリハーサルをすることになっていたので、
それまでは時間があった。

ウノも
「自分の練習をしにいくまでちょっと時間があるから一緒に町に行けますよ」
と言ってくれたので、
ウノとウノママと3人でボルダーのダウンタウンPearl Street Mallへ行く事に。


着替えたりしてでかける準備をしている時、窓から何気なく外を見て、
ちょっと気になったのでウノに聞いてみた。


私「もしかして、ものすごく日差しきつい??
紫外線めっちゃ強いんちゃう??」


ウノ「ここは、すごく日差しきついですよ。
サングラスもちゃんと持って行って下さいね!」



前にも少し書いたけれど、私は絶対に日焼けをしたくない。
したくないというか、少々皮膚疾患を抱えているのと、
日焼けをしてしまうと真っ赤に腫れてやけどみたいになっちゃうのとので、
日焼けは絶対に避けたい。


う~む。
私が持っている日焼け止めの化粧下地は春用。
夏用のしっかりした日焼け止め、持って来たら良かった・・・・。


持って来たら良かった・・・・・。


持って来たら良かった・・・・・。


持って・・・・



!!!!!!!!!




持ってるよ~~~~~~~~!!!!!!!!




そうだ。
成田の免税店で、
家にまだあるけど、デパートで買うより安いから買っちゃえ~~!!!
と思って買ったんだった!!!!
(参照【アメリカ旅行記1】出発!



ああ、あの判断は大正解だったんだ!!
(ボルダー市内でももちろん大正解ですが、
この後ナショナルパークに旅行に行く事になり、
さんさんと降り注ぐ直射日光の中、トレイルをすることになるので、
ホントに買っておいて大正解でした)


そうして、スーツケースからごそごそと新品の日焼け止めを持って来た。
(ちなみに、これです。)



箱をあけて、ビックリ!


パンパカパンに膨張している!!!


ボルダーは標高5,430 フィート (1629メートル)
長距離を走るアスリートがわざわざ高地トレーニングをしに来る場所。


空気は薄いし、気圧も低い。


そう言えば、ウノから、

「低地から来てすぐは高山病になることがありますから、
とにかく水をたくさん飲み続けて下さい」

と、注意を受けていたんだったな。


この後、会った人達の中には、

「時差大丈夫ですか?」

という質問とともに

「標高、大丈夫ですか?」

と気遣ってくれる方が何人かいた。


コロラド大学でお会いしたAllan McMurray先生からも
同じ気遣いをいただいた。


「少し頭痛がします」と答えると、


やはり「とにかく、水をよく飲みなさい」とアドバイスされた。



さて。
水をがぶ飲み�~�l�����E�H�[�^�[

日焼け止めバッチリ

サングラスも持った�˂�


お出かけしましょ~。


少し買物してから、カフェへ。

私はいたって普通のコーヒーを頼むと・・・・



コップになみなみと入っていた!
コーヒー

この後、どこのカフェに入っても、絶対にこぼれそうなほどなみなみと入ってました。


強い紫外線対策はばっちりだったが、もう一つ滞在中なかなか慣れずに困った事。

それは、乾燥


はんぱなく、乾燥してます。

お肌が乾燥するのも、もちろんですが、
車に乗ろうとドアに手をかける度に、

「バチッ!!!!!」���̎������̎������̎���
とものすごく大きな音がして、静電気がおこります。

その度に、痛いのなんのって。


何か、物を手渡そうとして、相手の手に触れてもこれまた

「バチッ!!!!!」

とものすごく大きな音がして、静電気がおこります。


「イタッ!!!」


お肌の乾燥対策に、クリームも持って行ってはいたのですが、
日々の静電気まで、防ぐ事もできず、
毎日「バチッ」「バチッ」と痛い思いをしました。


さて、他にもウノから注意された事。

「高地ですから、いつもよりお酒は酔いやすいですよ。
飛行機の中では酔うのが早いのと同じです。
気をつけて下さい。」



私は、そんなに量を飲む方ではないが、寝る前とか少し飲みたくなる。
こりゃ~、気をつけなくちゃと思いながらも、
さて、今晩はどの地ビールを飲もうかなと考えていた。

これが、買った地ビール。
(あと1本、かわいいラベルのを買っていたのですが、
それは写真を撮るのを忘れました。)
ビール(変換後)


左下の骸骨のラベルがいたく気に入ったので、
はがして、のばして持って帰って来てしまいました。
P3311083(変換後)


面白いでしょう?

このビールは私にはとても濃くて、寝る前に飲んだら、
すごく酔ってしまって倒れ込むように眠ってしまいました。



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)