2009-03-30

【アメリカ旅行記3】ボルダー到着

ドタバタの末、無事にデンバー行きの飛行機に搭乗。
寝不足に加えて、走り回った疲れか緊張から解放されてほっとしたからか、
2時間半ほどのフライトもまた爆睡。������


そして、ようやくデンバーに到着!!!


デンバー国際空港には、宇野が車で迎えに来てくれていた。


宇野の顔を見て、ほんとにホッとした。
やっと着いた~。

スーツケースを受け取り、
さて、ボルダーに向かおうかと思ったが、もう夕方。
早めの夕食をとる事にした。

ベトナム料理のお店へ。


自分で巻く生春巻きを注文。


出て来たお料理の量を見て

「ああ、ほんとにアメリカに来たんだな~~~」と実感。

だって・・・


多すぎるよ!!!!!
09.3.13夕


大きさがわかるものを一緒に撮らなかったのを後悔中ですが、
この一つのお皿はだいたいB4の用紙くらいの大きさです。
そして、これまた写真が分かりにくいのですが、高さ10センチ以上盛られています。
それに、ライスペーパー(直径25センチ)は一袋丸々出て来ました。


3人では全然食べきれず、残りはバッグを貰ってお持ち帰り。


食後はそのすぐ近くの大型のスーパーでお買物して、
さあ、いよいよボルダーに向うよ~!


スーパーの駐車場を出て、片道3~4車線くらいの大きな道路を走り出し、
1分もしないうちに、運転している宇野がバックミラーを見ながら
「え??」とか「なんで?」とか言い出した。


そのうち左車線を走っていた宇野はどんどん右車線に車線変更して
ついには路肩に止まった。

どうしたのかと思っていたら、自分たちの車の後ろにはもう一台車が止まっていて、
しかもハイビームでこっちを照らしている。


「なに???」と思って、後ろを見たら・・・・







パトカーだ~~~~~~~~~!�т����



宇野は

「なんで、私がプルオーバーされる???」
"I can't believe it!"
「なんでなんで??」
"What should I do?"

と、日本語と英語が混ざって、混乱中。


数分したら、パトカーから警察官が降りて、
こちらに近づいて来た。
懐中電灯でこちらの車の中を照らし私達の顔を照らし、
宇野と喋り出した。


この時の警察官の言っている言葉が、全然分からなかった!!!!!!!!!

当たり前ですが、私には早すぎです(涙)

分かったのは、時折聞こえる"right"と"left"のみ。


成本の英語力、ここで玉砕。



結局、車線変更の仕方がまずかったらしいんだけど、

「これから気をつけてね!」

と、注意されただけで済みました。


それにしても、アメリカに着いていきなりプルオーバー経験。

なかなか得難い経験でした。
(こんな経験は無い方が良いんだろうけれど・・・・)


そして、また出発。
ようやくボルダー市内に入る。



もう一軒スーパーに寄る。
オーガニックの食材を専門に扱う"WHOLE FOODS"

さっきのスーパーでも思ったけど、野菜売り場がカラフルで綺麗です。P3140587(変換後)



そして、何よりもうらやましいのが、このセロリの売り方!!!
P3140587K_convert_20090330105615.jpg

セロリが大好きなので、こうやってもともとの姿のまま買って、バリバリバリバリと食べたい!

カットフルーツもいっぱい。
P3140588(変換後)

カラフルだし、おいしそうだし、便利そう

色々買物していて、私は宇野にたずねた。


「今回の旅の最大の目的、ボルダーチップス
ここには売ってないの?」



「先生、最大の目的って・・・・・�ςȊ�


「あ、ごめんごめん、間違えた。
コンサートの次の目的、ボルダーチップスはどこ??」


「ここに売ってますよ!早速買いましょう!」


ボルダーチップス・・・・。




話しは今からさかのぼること8ヶ月。
私は、ポテトチップスが大好きで、
その頃は期間限定の味とか新しいチップスとかスーパーに行くと
必ずチップスを買って来て、毎日毎日1日1袋のペースで食べていた。


そしてつい先月、何となく日々の話題の中で
「ポテチ大好きで、夏には1日1袋食べていた」
ということを話したら、宇野が

「ボルダーにはボルダーチップスってすごくおいしいポテチがありますよ!
絶対に食べましょうね!」

と教えてくれたのだった。


それを、すご~~く楽しみにしていた私。


ついに、ボルダーチップスとご対面!!
P3140590(変換後)


すご~い。
いろんなテイストもあるし。


この日はひとまず1袋購入。

伊藤園のお茶も発見。
当たり前だが、高いね。
P3140591(変換後)



続いて酒屋さんへ。


「二人とも(宇野ママ&私)、パスポートすぐ出せるようにして下さいね。
年齢確認されますから。」

宇野にそう言われて、鞄のパスポートを確認。


結果的には、この日は顔を見ただけで「OK」って感じ
(まあ、当たり前と言えば当たり前だが・・・)
だったのだけど、この後のアメリカ滞在の中で、
お酒を出すレストランではパスポートで年齢確認されることがたまにあった。


「ボルダーは地ビールも多いんですよ」

と宇野に促されてビールのコーナーに行くと、ほんとに沢山の種類のビールが!
また、ラベルがそれぞれ個性的ですごく面白い。
P3140592_convert_20090330105337.jpg

ビールを何本かお買い上げ。


そうして、ようやく宇野の部屋に到着。


いや~~~~~~~~。
長かった~。
名古屋のホテルを13日朝5時半に出発してから、
宇野の部屋に着くまで実に29時間


そのうち宇野のルームメイトも帰って来て、少しお話して、シャワーして・・・。

疲れすぎているのか、時差の関係か、アメリカに着いて興奮しているのか
いまいち眠くならないので、宇野やルームメイトが自室に行った後、
宇野ママと二人で「今日はお疲れさまでした~」と乾杯。
もちろん、念願のボルダーチップスを一緒に食べながら。
P3140595_convert_20090330110838.jpg

あれこれいろんな話しをした。

よく考えてみれば、私は生徒の親御さんと
飲みながら色々話すというのは、初めてのことだった。

なかなか楽しい!

そして、ボルダーチップスは、私好みの固めのチップスで、すごく美味しかった。
気に入った!
ちょっと、買って帰ろうと決心して、ベッドに入った。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

お帰りなさい!

スーパーの写真面白いね。
何でもかんでも多い目なのね、アメリカって。。。
ワタクシ的には勿論、地ビールが気になるわー❤
続きをたのしみにしています!

kaz さん

ただいま~。

スーパーほんとにきれいでしたよ~。
セロリはほんとにうらやましい!
他にも興味深い写真を撮って来たのでまた載せますね。

ビール、またまとめて写真を載せる予定です。
待ってて下さいね。

No title

アメリカずっこけ食い倒れツアー(?)、おもしろ~~い!!

ぼくのアメリカのスーパー感とは、お子様ランチの大人版みたいのが死ぬほど冷凍個に積んであって、あとはお菓子とコーラばっかし売っているというもの。

こんなにおしゃれにディスプレーしてあるなんて、アメリカを見直しました。

しかしレストランでライスペーパーひと袋ドサっとだされて、なんだかやはり大雑把ですね。

リカさんがあちこちで顔をしかめてるのが目に浮かぶようです(笑)。


のりさん

> アメリカずっこけ食い倒れツアー(?)、おもしろ~~い!!
な、なんでやねん・・・。

ま、ずっこけだし、食い倒れでもありましたが・・・。

食べた物は一挙に公開しようと思っているので、乞うご期待!


スーパーのディスプレイ、もう1軒行った方はもう少し雑多な感じもありましたが、でも、基本的にきれいでしたよ~。

でも、

> お子様ランチの大人版みたいのが死ぬほど冷凍個に積んであって、あとはお菓子とコーラばっかし売っているというもの。

これも、あながち幻想ではないっす。

「この色・・・・」と絶句するようなクリームを使ったケーキが山積み・・・ってところもありました。
あ、これは写真がないな。

No title

セロリは まるままで豪快でも
フルーツは綺麗にパックされて
まるでオモチャ売り場みたいなんやなー
りかちゃんの興奮が伝わって
ここに着くまで ふーふーいいそうになったゎ~ アハハハハ
 は、いそがし♪  は、いそがし♪
ボルダーチップスが 食べてみたい!

ALOHA~♪さん

セロリは、心底うらやましいです。
野菜もカット野菜がめっちゃ沢山で、きれいでしたよ。

成田を出てから、ボルダーに着くまで、ハラハラドキドキでテンション高かったです。

ボルダーチップス美味しかったですよ~。
日本では手に入らないのかなあ。

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)