2009-03-28

【アメリカ旅行記2】アメリカ入国

飛行機の中では、前夜の寝不足作戦とビールが効いてぐっすり寝た私。
いよいよ、サンフランシスコに到着。
最終目的地のデンバーではなくて、ここでアメリカ入国。

この時点で、すでに1時間少しの遅れ。

しか~し。
私には強い味方があるのだ。
トラブル時にはどうしたら良いのか、
英会話レッスンの時にB先生が書いてくれた例文を
縮小コピーして持っていたのである。
加えてサンフランシスコ国際空港の見取り図も
ばっちりプリントアウトしてきていたのである。


宇野ママとともに、早足で入国審査へ。


あっちゃ~。
どの列も、結構な人。

一番短い列を見つけてさっと二人で並ぶ。

私達の列は、職員が2人だから、結構早く進むだろうと思ったら!!!!

片方の職員がどこか行っちゃった!!!


とたんに、進み具合がノロノロになる我が列。
並び直そうにも他も長い列。

イライラしてもしょうがないんだけど、イライラしちゃう。


そして例文通りに、
「飛行機が遅れてタイトスケジュールがもっとタイトになったから困ってる」
と言おうにも、近くに職員はおらず。



イライライライライライライライラ。



ようやく宇野ママの番、そして私。


さっさと行きたいのに質問が多いし長いし!!!!


「え?以前アメリカに来たのは20年前なの?
それなら、君は赤ちゃんじゃないか!」


なんちゅう笑えないジョークにつきあってる暇はないのだあああああ!�{
(ちなみに勘違いして20年前と答えてしまったのだが、正確には15年前でした)


やっと解放されて、ターンテーブルへ走る。
すでに、宇野ママは自分のスーツケースをゲット。

私のスーツケースも無事に出て来た!


次は、税関に向って走る。


税関申告書を税関のおっちゃんに渡す。


「タベルモノ、モッテマセンカ~?」
と聞かれる。


だからあああ、
申告書の「いいえ」にチェックを入れておるだろうが!
�{


と思いつつ「モッテナイ!」と答える。


そうしたら、続いて、


ラーメン、モッテマセンカ~?」



・・・・・・。

なんで、ラーメン?????



と思ったが、聞き返す時間も惜しく「モッテナイ!」と即答。

無事税関を通り抜け、
次は、国内線に乗り継ぐために、
再びスーツケースを預ける。



そこの係員が、


"Are you from Japan?"と聞いて来た。


"Yes."と答える。


"My name is ○○○○."(名前忘れた)


なんで、自己紹介???と思っていたら、このお兄ちゃん・・・・・・・・








突然踊り出した!!!!!!!!!!!!!!





Unbelievable!!!!!!!!!!!




"I have no time!!!!!!"�{


という私。
心の中ではもう絶叫に近かったが、
小心者ゆえ、実際は穏やかにこう言った。



そして、今度は再び手荷物検査。

靴脱いで、パソコン出して、液体物出して・・・・。

ああもう、時間かかるし!!


手荷物検査をくぐり抜け、後は、搭乗口へまっしぐら!


これまた、こんな時に限って、搭乗口が遠い。

早足早足。もう汗だく。


やった~~~~~~!!!!!!
搭乗口だ~~~~~~~!!!!!!!!

すでに、搭乗が始まっており、すでにほとんどの乗客が搭乗していた。
私達がほぼ最後の乗客でした。



は~~~。
何でも良いよ。間に合ったんだから。



そして、自分の席に座った時には、汗が滝のように流れていました。




そもそも、名古屋を出発した日は寒かった。
そして、日本でこれから行くボルダーの天気予報をチェックした時には、
どうやらマイナスまで気温が下がりそうで、
雪も降るかも??という感じだった。

私は、厚手のセーターの上にダウンのコートを羽織っていたのだ!!!


暑すぎる・・・・。



ここで、ハッと気付く。


当初は、せっかくのサンフランシスコ乗り継ぎだから、
「サンフランシスコ国際空港にて」
なんていう写真もブログに載せられたらいいよな。
写真、宇野ママに撮ってもらおうっと・・・
なんて、考えていた。

現実は、そんな時間は全くナシ。
サンフランシスコ国際空港での写真は一枚もない。


そして、もう一つ気付いた。


次々と案内の表示を見て走り回っていて、
結局私はただの一度もB先生のアンチョコを見る事もなく、
それどころかサンフランシスコ国際空港の見取り図なんて触りもしなかった。
それらを見る余裕もないほど、時間がなかったのでした・・・・。


私の最終目的地ボルダーどころか、フライトの最終目的地デンバーにすらまだ到着していません・・・・・。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)