2009-03-08

コンサートのお知らせ/「オフィーリアの歌を辿って… イギリスバロック狂乱歌の歴史」

私の作品のコンサートではないのですが、
是非皆様にお勧めしたいコンサートがありますので、お知らせです。



レクチャーコンサート
「オフィーリアの歌を辿って…イギリスバロック狂乱歌の歴史」
─ ヘンデル没後250周年・パーセル生誕350周年記念 ─

【東京】4月16日(木) 19:00開演/東京オペラシティー 近江楽堂
【名古屋】4月18日(土) 14:00開演/名古屋電気文化会館 イベントホール
【関西】4月20日(月)19:00開演/高槻現代劇場3F レセプションルーム

松本直美(構成/解説)
戸田昭子(声楽)
長崎美穂子(チェンバロ)
1072512898_250.jpg   1072512898_57.jpg

(↑クリックで大きくなります↑)

(↓↓↓詳しい情報は一番下に書いてあります↓↓↓)



このコンサートの企画、出演されるお三方とも、私の母校の大先輩にあたります。

皆さん大変実力もあり、またとてもステキな方です。
コンサート内容も、私は出来る事ならストーカーのように
3公演とも付いてまわりたいと思っているくらい、ステキな内容です。
(半ば本気で、3つ共行くつもりでいる・・・・)

レクチャーコンサートというのは、色々な企画があると思いますが、
今回お話をされる松本直美さんは、まさに『イギリスバロック狂乱歌の歴史』を
専門に研究していらっしゃる方ですから、かなり面白いお話が聞けることでしょう。

詳しくは、「雑歌屋」http://zakkayamusique.hp.infoseek.co.jpまで。
こちらのホームページで、もっと大きくチラシを見られます。
チケットもこちらから購入で来ます。


以下に詳細を記します。
みなさん、ぜひ、お運び下さいね!!!!



レクチャーコンサート
「オフィーリアの歌を辿って… イギリスバロック狂乱歌の歴史」
─ ヘンデル没後250周年・パーセル生誕350周年記念 ─


【東京】
 2009年4月16日(木)18:30開場 19:00開演
 東京オペラシティー 近江楽堂
【名古屋】
 2009年4月18日(土)13:30開場 14:00開演
 名古屋電気文化会館 イベントホール
【関西】
 2009年4月20日(月)18:30開場 19:00開演
 高槻現代劇場3F レセプションルーム

*曲目*
ヘンリー・パーセル:「狂乱のべス」
G.F.ヘンデル:オペラ《オルランド》より「ああ、スティクスの亡霊が」
バード:「ウォルシンガムの歌によるファンタジー」
ヘンリー・ケイリー:カンタータ「神よ!これには耐えられぬ」他

*コンセプト*
ヘンデル没後250周年・パーセル生誕350周年を記念するこのレクチャー
コンサートは、両作曲家の作品のみならず様々な「イギリスバロック狂乱
歌」を生演奏と解説で紹介し、当時の文化のアンソロジーを構成していき
ます。最新の学術的研究を生かし、日本では初演となる楽曲も含めたプロ
グラムは、古楽器を使用して当時の演奏様式に沿った形で再現され、また
演奏に伴ってイギリスにのみ現存する関連史料や絵画などもスライド映写
でご紹介します。                          

*雑歌屋1789プロフィール*
2008年、松本直美、戸田昭子、長崎美穂子の3名によって結成。3名は愛
知県立芸術大学に於いて声楽専攻17・18・19期生として共に学んだ後、
各々イギリス・フランス・ノルウェーに留学。現在松本は音楽学者として
ロンドン、戸田は声楽家としてパリ、長崎はピアノ・チェンバロ奏者とし
て広島を本拠にそれぞれの活動を展開しているが、グループとしては3名の
幅広いレパートリーを最新の音楽学的研究と時代様式を重視した演奏との
組み合わせたレクチャーコンサートによって広く紹介していくことを主旨
としている。                            

<チケット販売所>:
チケットぴあ・HP「雑歌屋」http://zakkayamusique.hp.infoseek.co.jp

入場料:前売3000円・当日3500円


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)