2009-03-01

ミュージカル「ドロウジー・シャペロン」

そして、またまた過去の話し。
ミュージカル「ドロウジー・シャペロン」富山公演を見て来ました!
(2月22日)

このミュージカル、友人が指揮しています。
私が観劇する前夜、せっかく北陸にいるのだからということで、私のパートナー、富山在住の友人、指揮の友人みんなで一緒に富山の美味しい魚を食べに行きました。
いや~~、美味しかった。そのお話はまたグルメ記事でまとめて。

さて、そのミュージカル。
(以下敬称略)

マスコミの報道で、藤原紀香がこのミュージカルの為にかなり真剣にレッスンを積んで来ているなんていうのは、ちらほら耳に入って来ていたし、お話もおもしろそうだしで、すごく楽しみにしていました。


舞台はほんとに面白かった!!!!

舞台上ももちろんですけど、オケがブラス&リード(って言い方でいいのかな??)で、私が大好きなサウンド!もう超ご機嫌!!
それに、ウマい!!!!!
すっごいサウンドが聞こえて来ていました。

ミュージカル初挑戦のキャスト(藤原紀香とかなだぎ武とか・・・)の皆さんも本当に努力したのがよく分かりました。
(今回は初挑戦のキャストが多かった)

藤原紀香のあの身長と手足の長さは、舞台でこそ映えるのかも・・・と思いました。
オドロキの180度開脚にY字バランス。
ほんとに厳しくレッスンを積んで来たんだろうなあ。


そして、舞台も後半に入り、浦嶋りんこが登場した時、あまりのウマさに鳥肌が立ちました。

もう、ほんとに、度肝を抜かれるウマさでした。

また聞きたい!!!!!

もう、この日から、私は「りんこラブラブ!!」です。


舞台は、コメディ全開の部分と、小堺一機演じる「椅子の男」のちょっと陰のある部分とのバランスも絶妙。

最後の最後にホロリとするんですけど、私はこういうの弱いので涙ぐんでしまいました。


この日のチケットはぴあで購入したので、座席は勝手に割り振られちゃうんだけど、超ラッキーなことに、ど真ん中でした。
つまり、私の正面に指揮者が来る位置。
後ろの方だったけど、それはそれで、舞台全体が見渡せて良かった。




ところで、前日富山入りした私とパートナー。
観劇の日の朝、ホテルのチェックアウト時間を過ぎて、一緒に観劇する友人が迎えに来てくれるまで、ホテルのロビーにパートナーとぼ~っと座って待っていました。

そうしたら!!!!

続々と出演者の方々が降りて来た。
ちょうど、ホールに行く時間だったのねえ。

やっぱりみなさんとっても奇麗でした。

なんか、こんなに間近で芸能人を次々見るなんて、久しぶりだったので興奮してしまいました




このミュージカル、昨日の2月28日大阪にて千秋楽でした。

近い将来ぜひ再演して欲しいな~~と思います。


さあ、次は何を見ようかな~~。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)