--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-30

ロン・ミュエック展

金沢21世紀美術館へ。

この美術館の友の会会員なのですが、更新の時期なので更新に行ってきました。
郵便でも更新できるのですが、ついでに今やってる展覧会を見て来ようと思ったので。

今日、見たのは以下の展覧会です。

コレクション展I
(出品作家:ジャナン・ダグデレン、村上隆、ガブリエル・オロスコ、ヨハン・グリモンプレ、エルネスト・ネト、日比野克彦、カールステン・ニコライ、川崎和男)

ロン・ミュエック展

金沢をブリコラージュする。糸崎公朗写真展


コレクション展Iでは、村上隆『シーブリーズ』(1992)が面白かった。

展示室には、シャッターが付いた大きな箱がどか~~んと置いてある。
トラックのコンテナくらいある大きさかな。

決まった時間が来ると、このシャッターが開けられる。
その中には、夜間工事用のライトが。

まぶしくてまぶしくて正視できません。

「作品に近づいて見る」という「当たり前のこと」が出来ないのです。

おもしろ~い。

頑張って相当近づいてみましたが、正面切って眺める事はできませんでした。

1992年の作品ということは、初期の作品と言っていいのでしょう。
こういうこともやってたんですね。
不勉強で、売れてからの村上隆しか知りませんでしたので、とても興味深く鑑賞(正面から見てないけど 苦笑)しました。

ヨハン・グリモンブレ『ダイヤル ヒ・ス・ト・リー』(1997)は、ビデオ作品。
解説を読んですごく興味を持ったのだけど、最初から最後まで見ると68分かかるとのことなので今日はパス。また来ます。

友の会会員は、会員証提示で何度でも美術館の主催展覧会に入れるので、この作品は今度見ようとか、あれもう一回見てみようとか何度でも出来ます。



お次はロン・ミュエック展。

『髪や皮膚の下の血管まで克明に描出する極限のリアリズムと、巨大であったり極小であったりするサイズの非現実性が交錯する作品世界』(美術館HPより)
とのことですが、リアルもリアル、ほんとに極限のリアリズム。

産毛や鼻毛の一本一本から、皮膚に透けて見えている血管とか・・・・。

会場入り口で配られるパンフレットにも「極限のリアリズム」という言葉が使われている。


作品を見ていて「リアリズム」ということついて、あれこれと考えを巡らせましたが、いまいちまとまりませんでした。
会期中、何度か通って思考をまとめたいです。
作家紹介の映像などもあったのですが、あまり時間がなかったのでこれもパスしました。
何度か通う間には見たいと思っています。


最後は「金沢をブリコラージュする。糸崎公朗写真展」

こちらも面白かったです。
ただ、会場で見ている時は、「ほほ~~、おもしろ~い」って感じでただただ楽しんで見ていたのですが、家に帰って来てから作者のブログなどを見て「むむむ、こういう経緯でフォトモにたどりついたのか~」と思ったので、これまたあと何回か見に行ってみようと思います。


美術館に行く前には、片町の割烹勝一でランチ。
今日はアンコウの竜田あげ。
大変美味でございました。
日替わりランチ

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

おぉっ、ここにも
 21世紀美術館観覧&割烹勝一プラン
の方が(笑)

いえ、私じゃないんですよ↑

私も
美術館も勝一も「行きたい」だけで 行けてないので・・。

フォトモも興味深いな~♪


nachiさん

>>21世紀美術館観覧&割烹勝一プラン
私も同じこと思ってましたよ~。
のりさんのブログのリンクから飛んで行ったら、同じ事している人が!!

美術館&勝一ツアーやります?
フォトモ、面白かったですよ!
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。