--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-06

電話&インターネットでミーティング

先日仕上がって、第1稿を演奏者に送ったバスーンの曲。

重音などの事項は、演奏者と話して決める事にしています。


とは言え、演奏者はアメリカ。


私がアメリカに行くのはコンサート本番の3日前なので、到底その時期の打ち合わせでは間に合いません。


メールのやりとりで解決する疑問点は、メールでやりとりしています。

しかし、直接話した方が早かったり間違いなく伝えたいことは、やはり直接話したい。


というわけで、電話でミーティングをする事にしました。

でも、電話であれやこれやと細かく話すのも効率が悪い。
(私がskype入れてればもっと、話しは早かったかと思うんですが、入れてないんです。)


というわけで、まずプレイヤーがいくつもサンプルの重音やアルタネートフィンがリングをを録音してweb上にアップ。
それを私が事前に聞いて選んでおいたり、もっと別のイメージをリクエストしたりできるよう決めておく。


という方法をとりました。

もしも電話口で吹いてもらって、これとこれとこれならどう??といくつかのサンプルが示されたとしても、私すぐには決断しにくいのです。
何度も聞いてみたい事もあるし。


事前にサンプルを作っておいてくれたおかげで、何度も聞き返してじっくりと考える事が出来てました。
(彼女には、大変な手間をかけることになったかと思いますが。)

あ、ちなみに、このweb上の音源は私達しかアクセスできません。

さて。
さきほど、電話でのミーティングが終わりました�d�b


メールのやりとりよりも、具体的にイメージをお互いに話せて、とても良かったです。
口三味線やら歌やら擬音やら駆使して。
誰か、この電話を盗聴していたら、面白かったと思いますよ。


よく分からない歌らしきものが聞こえたり、「もっと、ビロビロっっていう感じだよ」とか「がああああああ!!!って音かなあ・・・」なんて会話が延々と続くのですから。




そして、作品についての話しがあらかた終わった頃、彼女から恐ろしい提案が・・・・・・・。






「コンサートのとき、英語で作品についてスピーチしません????」




・・・・・・・・・・・���[��




無理です。


飛行機の乗り換えですら、今から「どうしようどうしよう」とあたふたしているのに。


日本語ですら、スピーチ苦手なのに・・・・・。




でも、せっかくの機会だし・・・・・。




最終的には、通訳つけても良いよと言ってくれたけど・・・・。

ちょっと、英会話の先生に相談してみようっと。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。