2009-01-25

(半)完成!

ふわ~~~。

3月にアメリカで初演予定のバスーンの作品、第1稿を演奏者に送りました~~~。


やれやれ。


ここで、第1稿という言い方をしているのは、実はまだ完全には出来上がってないのです。


今回のこの作品は、バスーンの重音が結構出て来ます。
この作品を書くにあたって、プレイヤー本人から楽器についてのレクチャーを受けました。
また、色々資料も見ました。

重音については、もちろん私の中では「こういう音」というイメージはあります。
しかし、プレイヤーによって、また、使っている楽器によって随分違うみたいなので、今回はせっかく直接色々話せるプレイヤーだから、重音の部分に関してだけは彼女とやりとりして決める事にしたのです。

というわけで、それ以外の部分が無事完成して、楽譜を送りました。


それにしても、便利になりました。

一昔前ならば、今日完成しても、これからコピーして製本して郵便局に持って行ってエアメールで送る・・・という風に、プレイヤーの手元に届くまで数日要しました。

今や、PDFファイルにして、「送信」をぽちっとすれば、楽譜を送れちゃうんだもんね~~。

さっき完成したばかりの楽譜、アメリカの彼女にもう送ったんだから、ほんと便利です。



ところで、今回の作品、途中までは結構すいすいっと書けたのですが、作曲家人生で初めてと言っても過言ではないほど、曲の最後で悩みました。


書いても書いても、まだ音楽が終われない・・・。

その内、書きすぎてしまって冗長になり、それならばとバサッと切ったら物足りなくなり・・・。


一体何枚のスケッチを無駄にしたでしょうか・・・。

破棄したモチーフや部分だけで1曲できるかも??というくらい、書き直しました。




さてさて、これから初演に向けてプレイヤーと色々話しながら音楽を作り上げて行くの、とっても楽しみです。



曲ができたら、次は一人で飛行機乗り換える為の英会話の練習だねっ。

でも、次の〆切も刻一刻と近づいて来ているのでした��
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

v-529作曲も初稿ありかぁ~。
あ、ごめん、新年のご挨拶まだで。

私も久々に『地球の歩き方モンゴル篇』の改定の二稿あげました。

「ひとむかしまえ」、本当、違いますよね。

これは、次回にお目にかかったら、
いつものメンバーで語り合いましょう。

坪野和子 さん

> あ、ごめん、新年のご挨拶まだで。

いえいえ、こちらこそ。

普段は、初稿とかやらないんですけれどね。
今回も、プレイヤーがもっと近くだったら、作曲段階で相談しながら完成させたかもしれないんですが、なんせ、アメリカと日本なので・・・v-393


> 私も久々に『地球の歩き方モンゴル篇』の改定の二稿あげました。

おお!おめでとうございます。


たまに、あのモデムの音を懐かしく思い出しますよ。
面白かったですよね!!
コンサートまでやっちゃったもんね〜〜。

「ひとむかしまえ」の話し、またみんな集まってわいわいとしたいですね。
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)