2015-08-31

ヒヤヒヤの乗り継ぎ

今回は、小松→成田→ニューヨークという行程です。
出発時のこと。

小松空港のカウンターで手続き。
「お客様の搭乗される成田行き、使用機の小松到着が遅れておりまして出発が20分遅れる予定です」

へ?
ただでさえ成田での乗り継ぎ時間、ギリギリなんだけど。
(地方から成田への便はたいてい少ないのでギリギリだったり、成田で8時間も待ったりということが起こりがち)

「ニューヨーク行き、乗れるんですか?」と聞くと

「成田でお急ぎいただいたら乗れます。お急ぎいただけないと乗れません」との答え。
なんだ、そりゃ。頼むわ、ほんま。

で、結局5分早まって、15分遅れに。
それでも、時間がないのには変わりがない。

とにかく、ニューヨークに着きさえすればいいけど、面倒だから、もともと買ってある便で行きたい!

成田行きはいつものこの飛行機。今回はD155AX-6と共に。
IMG_0014_s.jpg

飛行機からの眺めです。
IMG_0019_s.jpg


さて、成田到着。

小さな飛行機なので、飛行機からターミナルまではバス移動。
あー、バスにとろとろ乗ってくる人とかいるんだよなあ。みんな、さっさとバスに乗り込んでくれよーーと思っていたら。
地上には「ニューヨーク/ナリモト リカ様」と書いた紙を持った係員が。
そっちに行くと、小さなバンが止まっていて
「これにお乗りください。それから、これをカバンにつけてください」と、シールを渡される。
IMG_0027_s.jpg

バスに全員乗るのを待たずに、バンで先に移動。シールは時間ない人の目印らしい。
国際線乗り継ぎ口に行くと、手荷物検査は長い列。カバンのシールを見た係員が「ニューヨークですか。こちらにどうぞ」と、優先レーンまで案内してくれる。
歩きながら「お客様の搭乗口は少し遠くですので、出国審査を抜けられたところに、係員が待機しております。搭乗口までご案内いたします」と説明される。
出国審査を抜けると、またもや「ニューヨーク/ナリモト リカ様」と書いた紙を持った係員。
「ナリモト様、搭乗口までお世話いたします」と先導。
初めて、成田で地下通路を通りました。それにしても、カバンに黄色いシールを付けられて、お姉さん(といっても、明らかに私よりも若い女性)に連れて行かれるって、迷子札つけた迷子か!と笑えてくる。
で、無事搭乗口に。すでに搭乗は始まっていて、もう最後の方でした。
はあー、間に合った。早歩きしたので汗だく。
どうせ手荷物検査で捨てることになるから、そこを抜けてから水を買おうと思っていたのに、それもできず。 
早足で急いだとはいえ、スイスイと乗り継ぎできたのは、サポートがあったからです。
搭乗口についた時は、もう搭乗者はわずかだったので、「専用バンで先に移動」「手荷物検査は有線レーン」「出国審査から搭乗口までの案内」のどれか一つでもかけていたら、間に合わなかったのではないかと思います。
手厚いな、日本の航空会社。ちなみに、ANAですよ。

飛行機に乗り込んだあと,なんやかやで離陸が一時間近く遅れました。
私はニューヨークが目的地だからいいけど、ニューヨークから乗り継ぐ人は、さっきまでの私みたいにヒヤヒヤしてるのかな。みんな、間に合いますように!

無事に飛行機に乗れたら次に一番心配なのは荷物。
案内中に「荷物はちゃんと積み替えていただけたんでしょうか?」と聞いたら「積み替えられたはずです」との答えでしたが、やはり現物を見るまではドキドキする。

結果は、無事にニューヨークで受け取れた。
IMG_0051_s.jpg

こんなタグ初めて見た。
乗り継ぎ時間短い人用の「急いで積み変えろ!」ってことらしい。
カバンには迷子札(実際は違うけど)、スーツケースには「急げ普札」、初めてだらけいっぱいの成田でした。

いつもは成田で乗り換える時に両替して旅行保険に入るのですが、今回は、
「乗り継ぎ短いから念のためにやっておくか」と、
突然思い立って近所の銀行で両替し、インターネットで保険に入っておいたら、大正解でした。
成田ではそんな時間1秒もなかった・・・・。

で、ドタバタだけど、無事にニューヨークに着いて、一夜明けて今日はステイ先でずっとプレゼンテーションの準備をしています。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)