2015-04-03

帰国

昨夜帰国しました。
まずは、帰国時の話しから。

帰りの飛行機は、サンディエゴ→サンフランシスコ→成田→小松という3フライト。
朝早いフライトなので、チナリーにuberで車を呼んでもらい、5時ごろサンディエゴ国際空港へ向かう。

空港に到着し、セルフでチェックインしようとしたら、

「あんたのチェックイン、特別な手続きいるから、係員に聞いてやー。」(実際は英語)

との表示が出る。
今回は、小松ー成田ーデンバーーサンディエゴーサンフランシスコー成田ー小松という、6フライトをまるっと一気にANAでとっていて、そのうち5フライトがコードシェア便なので、最後の最後で何か手続きがいるのかな?くらいに思っていたら!!

地上係員のお姉ちゃんが

「なんでか知らんけど、あんたのフライト、全部キャンセルされてるで」(実際は英語)
と言うではないか。!!!!!!!

なんでやあああああああ!!!!!!


昨日ANAから、

「あんたのフライトの内、サンフランシスコー成田ー小松のチェックインは、自動チェックインしといたで」(実際は英語。以下略)

とメールが来て、ウェブサイトでも確認したのに!
チェックインしたフライトが、次の日にキャンセルされてるって、どないやねん!!
帰れないじゃん!!!!!!

「はー?キャンセル?私、キャンセルなんかしてないし、だいたい昨日、サンフランシスコ以降はチェックインの完了ってメールが来たで!メール、見せよか?」


係員のお姉ちゃんは「わかった。ちょっとそこで待ってて。ベスト尽くすわ」と言って、電話で何やらやりとり。
眉間にしわ寄せてずっと喋ってる。

ドキドキ。

帰れなかったらどうしよう。
心臓が口から出そうなほどドキドキした。

約10分後(気持ち的には30分くらい経ってるような感覚だったけど)。

「あんたの最終目的地は、小松とか言うとこやんなあ?」
と聞かれ
「そうそう!!」
と答えると、
「おっけー。はい。これ、搭乗券」
と、小松までの全部の搭乗券を渡された。


ああああ!!良かったーーー!!
帰れなかったらどうしよう。
帰れるとしても、あっちへ飛んでこっちへ飛んで超不便な帰り方させられたらどうしよう。
など、あれこれいらんこと考えて、ほんとにドキドキした。

ややこしい話を英語で一人でするのは、あまり自信ないし。


そして、その後は無事に発券された搭乗券にて帰る。


それにしても、今回はなかなかの移動距離だったな。

小松→成田→デンバー→ニューヨーク→デンバー→サンディエゴ→サンフランシスコ→成田→小松

要は、日本→アメリカ中部→アメリカ東海岸→アメリカ中部→アメリカ西海岸→日本。
さすがにちょっと疲れたな。

自宅に帰って来たら、あたたかくなってました。

というわけで、無事帰国しました。
旅のあれこれ、またおいおい書いていきます。

写真は、サンディエゴで写した太平洋に沈む夕日。
IMG_6799.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)