2015-02-13

村田四郎フルートリサイタル「村田四郎と仲間たち」

2月22日の村田四郎フルートリサイタル「村田四郎と仲間たち」詳細です。


フルート奏者・村田四郎先生のリサイタルです!
村田先生は今年度をもって愛知県立芸術大学を退職されます。退職記念のコンサートです。
前半は新作初演を含む村田先生の演奏、後半は村田先生の指揮によるアンサンブルです。
このコンサートのために、同僚や愛知県立芸術大学卒業生=「仲間たち」が集結しました。
多くの方のご来場をお待ちしております。
(チケット下記のチケットご予約専用アドレスまで)
ーーーーーーーーーーーー
「村田四郎と仲間たち」
■2015 年 2 月 22 日(日) 13:30開演
■会場:名古屋市/しらかわホール
■入場料:一般 3,000円/学生(2階席のみ) 1,500円
■プログラム
E . ヴァレーズ:比重21.5
廣瀬量平:持続音をともなうアルトフルート独奏のための《パーラミター(波羅蜜多)》 
成本理香:《対話・摩擦》~ 2本のアルトフルートのための【世界初演】
C. グノー:小交響曲
J. フランセ:ピアノと10管楽器のための《友パパゲーノへのオマージュ》
R. シュトラウス:13管楽器のための《組曲》作品4

■出演
フルート・指揮:村田四郎
フルート:丹下聡子、山村歩、妹尾寛子
オーボエ:宮澤香、新田祐子、熊澤杏実、佐藤愛希、中村友香
クラリネット:原野千代子、北野美幸、岡林和歌、鈴木亜美、西峰里美
バスーン:青谷良明、北川陽子、桑原真知子、野村和代、佐藤真世、服部洋樹
ホルン:安藤奈緒美、池田智美、三宅由花、毛利祐佳里
ピアノ:内本久美
作曲:成本理香

■チケットのご予約は
『村田四郎と仲間たち実行委員会』専用アドレス
muratasensei222@gmail.com

(↓クリックで大きくなります)
222チラシ表  222チラシ裏




チラシ裏面の、コンサートの紹介文をここに転載いたします。

----------------
村田四郎と仲間たち
 このコンサートは、フルート奏者・村田四郎の愛知県立芸術大学退職記念コンサートであり、その名の通り、村田とその仲間たちによるものである。
 コンサートの前半プログラムは、村田によるフルート演奏である。廣瀬量平によるアルトフルートと持続音のための《パーラミター》について村田は「一番自分の思いが表現できる作品」と言う。そして持続音をどのように実現するのかは当日明かされる。成本理香による委嘱作品は、2本のアルトフルートのための作品である。村田は、愛知県立芸術大学に専任の教員として赴任する8年前から同大学の非常勤講師として作曲専攻生のための楽器研究の授業を受け持ち、それ以来作曲の学生を育てることにも力を注いできた。成本は、非常勤講師時代の最後の教え子であり、また、村田が高く評価している作曲家の一人でもある。プログラム前半最後の曲は、村田と現役の愛知県芸大生によるアンサンブルである。たとえ相手が学生でも、一切の妥協を許さない厳しいリハーサルの様子が目に浮かぶ。プログラム後半は村田の指揮による室内楽演奏。ここで演奏される2曲は村田が以前より指揮したいと思っていた作品だ。演奏には、愛知県立芸術大学の卒業生、同僚、名フィル時代の同僚が集まった。
 このコンサートの企画が持ち上がった時、多数の卒業生(フルートに限らない!)が何らかの形でぜひ参加したいと手を挙げた。現在の同僚もかつての同僚も、表で、裏で動いている。まさに「村田四郎と仲間たち」がここに集まったのである。誰もが村田の退職に思いを馳せ、村田の下に集まる。それは、厳しさと誠実さとを持って真正面から教育を行ってきた結果だ。彼の退職により管打楽器コース開設時の専任教員はいなくなる。村田が愛知県芸大に残してきたものは何だったのか。その答えは、このコンサートで明らかになる。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)