2014-08-16

現代音楽セミナー&フェスティバル「秋吉台の夏2014」コンサートプログラム

現代音楽セミナー&フェスティバル「秋吉台の夏2014」コンサートプログラム

全てのコンサートは、秋吉台国際芸術村内のホールで行われます。

8月20日(水)午後7時半開演
秋吉台の夏2014「オープニング・ガラ・コンサート」
湯浅譲二《二つのパストラール》(1952)
北爪裕道《グラデーション》(2012)
サルヴァトーレ・シャリーノ《6つの奇想曲》よりI,II,VI(1975-76)
杉山洋一《間奏曲 II》(2000)
ジェルジュ・クルターク《しるし 作品5》(1961)
田中照通《唄(BAI)》(1990)
杉山洋一《ファンファーレ》(2011)
武満徹《雨の樹素描 II》 (1992)
ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ《ブレントンへ》(1993)


8月21日(木)午後7時半開演
秋吉台の夏2014「トーク&コンサート1」
湯浅譲二《プロジェクション・トポロジク》(1959)
徳永崇《鎧の着け方》(2005)
徳永崇《音戸の舟歌》(2009)
田中吉史《ヴィオラとピアノの通訳によるL.B.へのインタビュー》(2006)
成本理香《トレース 0 : デュオ》(2007)
成本理香《トレース II : 3つの曲線》(2008)
徳永崇《御祝方式》(2014) WP
田中吉史《指と息の遊び》(2010)
田中吉史《チャーリーズ・メロディ》(2013)


8月22日(金)午後7時半開演
秋吉台の夏2014「トーク&コンサート2」
鈴木治行《句読点I》(1992)
杉山洋一《舟歌I ヴィオラと任意の3本のリムのための》(2000)
鈴木治行《二重の鍵》(1994)
鈴木治行《透明な白》(2001)
杉山洋一《バガテルI》(2012) JP
杉山洋一《間奏曲VIII “スーパー・アダージェット”》(2013)
湯浅譲二《チューバ・ローカス》(2014) WP


8月23日(土)午後6時20分開演(開始時間が他の日と異なります。ご注意ください。)
秋吉台の夏2014「クロージング・コンサート」

河添 達也《弦楽三重奏曲》(1997)
ジョージ・ベンジャミン《ヴィオラ、ヴィオラ》(1997)
湯浅譲二《チェロとピアノのプロジェクション》(1967)
田中吉史《ブルーノのアウラ、あるいはチューバとピアノの通訳によるインタヴュー》(2008)
パオロ・アラッラ《J. H. のためのリチェルカーレ》(2013) JP
湯浅譲二《ソリテュード・イン・メモリアム T. T.》(1997)

出演:杉山洋一(Cond.)、松岡麻衣子(Violin)、笠川恵(Viola)、山澤慧(Cello)、村上景子(Flute)、橋本晋哉(Tuba)、黒田亜樹(Piano)、中山敬子(Piano)、藤田朗子(Piano)、河添達也 (Cond.)、李亘(スアン・リー)(Viola)


---------------------------------------------------------
チケット:
各公演ごと:一般 1,000円(フレンズネット会員800円)
高校生以下無料

お問い合わせ:
秋吉台国際芸術村
http://aiav.jp/ email:info@aiav.jp
TEL:0837-63-0020 FAX:0837-63-0021
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)