2013-06-20

claviarea 11 のリハーサル

先日、ピアニストの中村和枝さんとclaviarea 11 のリハーサルでした。

今回の再演にあたり、自分でも自分の曲を勉強し直してみて、5年前の自分にビックリしました。
一体このエネルギーとテンションの高さは何でしょう。
勿論、最近は手を抜いているなんてことは全くないですが。
思い返せば、確かに取り憑かれたように作曲していたな、そういえば。
あの楽譜が送られて来たら、びっくりするよ、ホントに。

今回の演奏、中村和枝さんはとてもスマートに仕上げて行ってくださっていて、スッキリいい感じです。

23日、30日と2回も聴けるのが益々楽しみです。
5年前にこの曲を書く機会をくれた、中村さんと山本裕之さんには、ただただ感謝です。

みなさま、ぜひコンサートにお越し下さいね!

#尚、claviarea 11 東京公演は前売り券完売だそうです。
若干の当日券を販売予定です。
そのため、受付の混雑が予想されますので、お早めにご来場いただければ幸いです。
名古屋公演につきましては引き続き前売り券を発売中です。
どうぞよろしくお願い致します。


リハーサルにて。撮影:中村和枝さん
1001318_506272899453210_256892270_n.jpg

楽譜を少しだけ。冒頭部分です。
TRACE_II-2003冒頭
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)