2011-11-11

This is New York!

アメリカ話続きます。

「This is New York!」

これは、仲が良かったGrantee達でよく使ったニューヨーク生活の「スローガン」。

昔よりもすごく安全になったニューヨークだけど、それでも、やはりニューヨークはニューヨーク。

Angelaは一人の女性がひったくりの被害にあったのを目の前で目撃。犯人は若い男3人で逃走。
同じ頃、私は夜の地下鉄の中で、ドラッグで完全にイっちゃってる兄ちゃんに絡まれて怖い思いをした。

その後顔を合わせた時、お互いに怖かった話をして、「ここはニューヨーク!気をつけよう」と二人で話した。


今年のニューヨークの夏は暑かった。
40度を超えて、体感温度は43度と発表された。

私は、日本では絶対にしないような薄着で出かけた。
暑すぎるし、みーんな薄着で歩いているから、平気。

そもそもここには、「腕が太い」という揶揄をする人なんて1人もいない。

ある日、Angelaもノースリーブに短パンという服装だった。
「普段は絶対にこんな格好しないんだけど、ものすごく暑いから」

そして、そういうときは、決まって「This is New York!」と言って笑った。

「旅の恥はかき捨て」的な意味ではない。

上に少し書いたけれど、ここでは誰も他人を規定しようとしない。

そして、他人の目を必要以上に気にしなくて良い。


私が、自分の腕って太いよなと思いながらもノースリーブを着る。
誰もそれを揶揄しない。

食べ過ぎの日が続いて、少し太る。
誰もそれを揶揄しない。

知り合った人が、私が結婚しているとわかると、
「1人で来たの?だんなさんに会いたいでしょう?」
という人はいても、
「へ?結婚しているのに来たの?だんなさんがよく許したね。ってか、だんなさんのお世話はどうするの?」
なんていうふざけたことを言う人は1人もいない。

ちなみに、これは、実際に渡米前に少なからずの人から言われた言葉。


容姿、体型、国籍、人種、属性・・・・すべてにおいて、誰も何も言ってこない。

Because this is New York!

人種の坩堝と言われるニューヨーク、世界中から移民が集まってきているここでは、それは衝突を避ける知恵でもあるのかもしれない。


私とAngelaは本当にこの言葉を良く使った。

理不尽だなと思うことが起こった時。
「しょうがないね。だってここはニューヨークだから」という風にも使った。


危機管理のため。
自由のため。
怒りを飲み込むため。

私たちはいつも「This is New York」と言った。


そして、ある日、私は一冊の絵本を見つけた。

タイトルはずばり

「This is New York」

子供向けのニューヨーク紹介の絵本だ。

ThisIsNewYork.jpg


結構あちこちの本屋さんで見かけた。

最初は、買うつもりはなかったんだけど、帰国直前、気が変わって購入した。

「This is New York」

良いことにも悪いことにも使えた言葉。
そして、自分が自分でいられるという確信の言葉。

私たちには、とても大事な言葉だった。
スポンサーサイト

tag : 2011アメリカ/生活・街

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)