2011-10-13

Som

友人シリーズで、Somのこと。
彼女と私は、1日違いでニューヨーク入りした。
初めて会ったのはACCのオフィスだった。
銀行のトラブルで、私達の口座が勝手に閉じられてしまい、別の銀行に新しい口座を申請に行かなければならなったので、オフィスに呼び出された時だ。
スラリと背の高い彼女と互いに自己紹介した時、彼女は「Somって呼んでね。私の名前はすごく長いから」と言った。紙に名前を書いてもらったら、本当にすごく長くて、私は今も彼女の正式な名前を発音できない。
彼女はタイから来たVisual Artistで、人懐っこくて、いつもニコニコしていた。
銀行での手続きが終わって帰ろうかなと思った時、突然Somが「今からフラッシングに行こう!」と言い出した。
「今から???」
フラッシングとは、クイーンズ地区の北の方にある町で、ここにもチャイナタウンがある。
たった今、銀行でフラッシングのチャイナタウンも面白いよと教えてもらったばかり。

今以上に英語がまずく、自分が発する言葉すべてに自信を持てず、元来の人見知りもあって、共通言語が英語しか無い初対面の人と遊びに行くなんて考えられない事だったが、Somは全然気にする風でもなく、「リカん家の沿線だって言ってたよね。じゃ、地下鉄分かるよね!私着いて行くから!」と、もうフラッシングに行く事は決定していた。
私は、自分の英語のまずさにより、会話が続かなかったり気まずい沈黙が流れたりする事を恐れていた。

でも、数分して、全然そんなことは心配する必要の無い事だったとわかった。
「私、英語に自信無いんだけど・・・」と言うと、彼女は「大丈夫!私、アジア人の英語は慣れてるから!それにさっきからリカと私はちゃんとコミュニケートできてるじゃん!」と、からっと言う。

そうして、フラッシングに向うまで、お互いの専門の事、日本の事、タイの事など話題は途切れる事無く楽しいおしゃべりが続いた。
フラッシングの町をぶらぶらして、中華料理屋さんに入り夕食。
スーパーマーケットが色々と安かったので、買物をして、帰途についた。

彼女は美術系のイベントの情報をよく流してくれて、一緒に出かけた。
そして、彼女は人脈を広げたりイベントのオーガナイズする能力に長けていた。
面白そうなイベントや場所、おいしそうなレストランを見つけては、「今度○○に行こう!」とメールが来て、よく出かけた。

一度、彼女のアパートメントでパーティした時には、「どうやってたった数週間でACC以外にこんなに知り合いが出来たの?」って言うほど人が集まった。
そして、彼女の紹介でACC以外で日本人のアーティストと知り合う事もできた。

彼女の作品を2回見るチャンスがあったが、一つはドキュメントフィルムで、東南アジアのヌードル文化を取材したものですごく面白かった。
このフィルムがきっかけで、ACCで結構大きなヌードルパーティが開かれた。


私は彼女と知り合わなかったら、ニューヨーク生活の充実度は今感じているものよりももっと低かっただろう。
ちょっとイヤな事が会った時、落ち込んでいる時、どうしても前向きになれない時・・・・彼女の笑顔は何度も私を助けてくれた。
いつもいつも、明るい気持にさせてくれた。
彼女と一緒に笑っていると、どんないやな事も全然たいしたことじゃないような気がしてきた。

彼女は本当にいつも笑っていて、たまに自分の言った事に自分でウケて、うけすぎて涙を流して笑う事もあった。
彼女は、周りにいる人すべての人をいつもハッピーにしてくれた。

おだやかで、いつもニコニコしている彼女だったが、自分の仕事には非常にプライドを持って取り組んでいて、シリアスではない仕事は決して許さない厳しさも持っていた。


NYで最後に会ったのは、私のアメリカ出国数日前にギリシャ料理を食べに行った時だった。
このレストランも、Somが情報を仕入れて来たレストランだった。
別れ際、二人はそんなに感傷的にならなかった。
なぜなら、彼女は展覧会のため、来年2月に日本に来る事が決まっている。
それまでの、しばしのお別れだからだ。

彼女は、私がアメリカを出国した次の日から、初の個展をニューヨークで開催した。
それを見る事ができず、すごく残念だ。
だから、2月の彼女の日本での展覧会をすごく楽しみにしている。

ここでも、やっぱり課題になるのは、2月の再会まで、英語力をキープすることですね・・・。
がんばろ。

Som,
Your smile always makes me happy!!!
with rica_s
初めて会った日。
フラッシングの中華料理屋さんで。

P6290288_s.jpg
ヌードルのフィルム上映前に、作品について説明しているSom。

L1010244_s.jpg
彼女の部屋でパーティ。
彼女は一番左端で笑っている。
この後も、続々と人がやってきた。

003-1.jpg
私のアパートで。
撮影はAngela。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)