2011-08-25

誕生日でした。

8月22日月曜日は私の誕生日でした。

みんなが集まれたので、土曜日の夜に集まって誕生日を祝ってくれました。
日曜日に帰国するGrateeのお別れ会と兼ねて。

この数年、私は誕生日を秋吉台で迎えていました。
皆でハッピーバースデーを歌ってくれたり、セミナーの合間に買い物に行ってプレゼントを用意してくれた受講生がいたりと、色々嬉しい思いはしていたわけですが、改まって集まってお祝いしてもらうなんて、一体いつ以来のことだろう。やっぱり、嬉しいですね。

料理上手のPhoebeがパスタを作ってくれて、インドネシア出身でダンスの研究をしているHellyの部屋で盛り上がりました。

この日も話題は、アート、音楽、アジアの文化、そしてアメリカ社会について・・・と多岐に渡り、すっごく面白かったです。

そろそろお開きかなという頃、ふと気付いたらACCスタッフのLingがいない。トイレかな?と思ったら、ロウソクの立ったケーキを持って、ゆっくり部屋に戻って来た。

聞いてなかったし!!!
(当たり前だけど)

そしてみんなでHappy Birthdayを歌ってくれました。

NYで、色んな国の友人達が祝ってくれた誕生日。
忘れられない日になります。
P8200489_s.jpg



誕生日当日はあるイベントで知り合ったRちゃんと、彼女の同僚と共に私のお気に入りの場所、(le) Poisson Rougeに、NY在住の日本人ピアニストTaka Kigawaさんのリサイタルを聴きに行きました。
LPRではRちゃんのルームメイト、かつてのクラスメイト、Rちゃんの同僚の友人・・・と、更に人が増えて、とても楽しい時を過ごしました。
ところで、TakaさんのリサイタルではStockhausenのKlavierdtuck Xがプログラミングされていました。そしてアンコールの何曲目かにはDebbusyの花火。
実はこの二人の作曲家と私の誕生日は一緒なのです。

自分の誕生日に、同じ誕生日の二人の作曲家の作品をコンサートで聴くなんてのは、これまでは勿論、これからもなかなか体験できないでしょう。

コンサートの後はRちゃん、彼女のルームメイト、クラスメイト、私の4人でサクッと飲みに行きました。
またみんなで誕生日の乾杯をしてくれて嬉しかったです。
P8220500_s.jpg
(ニューヨークに来てまでこのアングルの写真を撮っているワタクシ・・・)

ここでも色んな話をしました。
ひょんなことからRちゃんのかつてのクラスメイトの会社の同期が私の小中高時代の友人だということがわかり、これまたお約束の「世界は狭いですねー」。

P8220504_s2.jpg

マンハッタンで夜遊び、めっちゃ久しぶり!
楽しい夜でした。





明けて翌日。

実はAngelaは8月20日が誕生日。
この前のGranteeの集まりには来られなかったので、親しい友人だけでお祝いしようということになり、いつものようにPhoebeの部屋に集まりました。
Somが現在、製作のため日本滞在中なので、残念ながらこの日はPhoebeとAngelaと私の3人だけ。
誕生日というだけでなく、Phoebeは今度の日曜日に帰国するので、できる限り会っておきたいし。

この日の会話は、私が今作曲中の作品のアイデアとリアリゼーションについて話すところからスタート。
二人共興味津々という感じで聞いてくれていたし、質問も色々飛んで来て、なかなか楽しい。
それからは、いつも通りアートや音楽、経済やら政治などの話。

そして、ディナーはテラスで。
P8230512_s.jpg
Phoebeが作ってくれたメキシコ料理と、Angelaがデリで買って来てくれた野菜のお料理いろいろ。

そして・・・・。
Phoebeがケーキを用意してくれてました。
「本当は、ホールケーキとロウソクを探したんだけど、行ったケーキ屋さんにはなかった。だから、こんなロウソクでごめんーーー!」と言ってAngelaと私の分、2つのロウソクにを用意していてくれた。かわいらしいケーキ3つと共に。
P8230521_s.jpg

せーので火を吹き消し、この3つの小さなケーキをそれぞれ三等分して、みんなで全種類食べました。
ははは。

この夜もよく喋ったなあ。
気付いたら日付が変わる時間になっていた・・・・。


40歳になる手前数年間、
「“四十にして惑わず”って言うけどさ、もうすぐ40歳になるけど未だに惑ってばかりだよ!」と思っていました。
そして本当に40歳になった時に、
「やっぱり惑いまくりだよ!ああ、もうわかったよ!こうやって、ああでもないこうでもない、どうしようどうしようって惑いながら進むのが私のスタイルじゃ!『惑うこと』に関してもう惑わないよ!腹くくって惑いまくるでーーー!」
と、少々ヤケクソ、少々屁理屈なところに落ち着いたのでした。

そして、その時思ったように、ああでもないこうでもない、どうしようどうしよう、これで良かったんか、悪かったんか・・・・と、元来の優柔不断な性格も手伝って、相変わらず、1から10まで惑ってばかりだけれど、それでもその時その時に選び取って来た、作り出して来た、その延長線上に、New Yorkで迎えた誕生日があるのだと思うと、「うん、惑いまくりも悪くない」と思いました。

誕生日を祝ってくれた友人たち、本当にありがとう。

それから日本を始め、世界各国の友人たちからお祝いのメッセージを頂きました。
ありがとうございます。

いよいよNew York滞在も残り少なくなって来ました。
JFK空港を飛び立つその時まで、残りの日々を全力で駆け抜けたいと思います。
スポンサーサイト

tag : 2011アメリカ/生活・街 2011アメリカ/ひと

comment

管理者にだけメッセージを送る

おめでとう!
マンハッタンで夜遊び~あこがれだわ♪

あ、すごいハリケーンが近づいてるんだって!?気をつけて~(^o^)/~~

minaちゃん

ありがとう!
マンハッタンでの夜遊び付きの誕生日、忘れられない日になりました。

ハリケーンは、私のアパート周辺は大丈夫でした。
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)