2011-07-10

American Museum of Natural History

予定していたイベントがキャンセルになり、急に時間があいたので、同じイベントに行く予定だったAngelaと共にAmerican Museum of Natural Historyに行きました。

地下鉄の駅です。
P7060512_s.jpg

NYの地下鉄の駅って、タイルでいろんな絵が描かれているのですが、この駅は博物館らしいこういうタイル。
P7060513_s.jpg

結構混雑しています。
正面玄関を入ったところ。
P7060522_s.jpg
めっちゃくちゃ大きい恐竜がお出迎え。

ここは映画「ナイト・ミュージアム」の舞台となった博物館です。
何年か前にヨーロッパに行く時、機内で「ナイト・ミュージアム」「ナイト・ミュージアム2」を立て続けに観てから、一度行ってみたいと思っていた博物館です。

多分、これが映画の中で走り回っていた恐竜だと思うんだけど・・・。
P7060536_s.jpg

この博物館の恐竜の骨は、模型ではなくほとんどが本物なんだそうです。

恐竜のフロアが面白すぎて、時間をかけすぎた。
あとは、駆け足。

民俗系のセクションでは、いくつか楽器が見られて面白かったです。
楽器
アフリカセクションで、Angelaに一生懸命トーキングドラムについて説明してみたんだけど、通じたのだろうか、私の英語・・・・。
興味深い!と言ってくれていたので、ま、通じたと思う事にしましょう。



その他にも、衣装や装飾品なども興味深いです。

動物系も面白かった。

展示


とにかく、すごく大きい博物館なので、じっくり見ようと思うと一日では無理でした。
鉱物系、海洋系、プラネタリウムなどは見られませんでした。
時間があれば、もう一度行ってみたいです。


この日も、Angelaに変顔を激写されたのだけど、さすがにそれは載せられない・・・・・。
スポンサーサイト

tag : 2011アメリカ/博物館

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)