2011-06-10

AYMC New Composition Project II

すでにNYに帰って来ましたが、San Diegoの続き。
駆け足であったことをメモして行きます。

San Diegoから北上して、San Bernardinoへ。


ここでは、"AYMC New Composition Project II"というコンサート。
AYMC(Asian Young Musicians' Connection)という名前の通り、この日演奏された作品の作曲者は、それぞれTaiwan、Austria、Malaysia、Thailand、Japan、USA、Cambodiaから。
ChinaryはAYMCのSenior Advisorです。
このコンサートはかなり私には重要な経験となりました。
日本の伝統音楽からマテリアルを取り出して自分の作品に取り込む試みを続けている私にとって、それぞれの作曲家が自国の文化をどう反映するのか、しないのか、するならどういう方法でするのか・・・。一挙に数人の作品を聞けた訳で、かなり面白かったです。
かなり深く自国の音楽と関わる作品、深く関わってはいるが巧みに自分の語法に昇華させている作品、そういう背景をまったく感じさせない作品(そこにはまったく関心がない作品)など、それぞれの距離感を感じられたのが面白かった。

このコンサートでは、人手が足らなかったようで、私も急遽譜めくりでお手伝いする事に。
最初、頼まれた時「でも、私ジーンズしか持ってませんが・・」と言うと、「全然問題ない。ここカリフォルニアだから」と言われました。
その後、数人に同じ話をしても、全員が「大丈夫。ここカリフォルニアだから」という答えで、笑っちゃいました。
そういうわけで、アメリカで譜めくりしたのも初めてなら、ジーンズで本番の舞台にあがるという初体験もしてしまいました。

リハーサル中です。
250653_10150209234949471_584439470_7382345_2965767_n.jpg


本番後、このコンサートで知り合った日本人作曲家ユミコさんが面白い事を言っていました。
譜めくりをした曲の演奏が終わり、演奏者がおじぎしたり作曲家を紹介したりとしている間は、私はいつものように、少しピアノの陰にすっと入って目立たないようにしていました。そうしたら、その様子を見て、Chinaryが「Rica is really Japanese!」と言っていたらしい。おもしろいですね。

ユミコさんとは今回が初対面ですが、共通の友人がいっぱいいる事が分かり、お約束ですが「世界って狭いねー」と話したのでした。

演奏会終了後、全員集合の写真です。
248427_10150197162882968_783307967_7141236_7780298_n.jpg


そして、うちあげ。
250060_671734531809_35804735_35652051_4163966_n.jpg

この日はChinaryの次女の誕生日でもあったので、お祝いも。
夜更けまで楽しいひとときでした。
スポンサーサイト

tag : 2011アメリカ/コンサート 2011アメリカ/California

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)