2011-05-06

珍事件?

"Two Bamboo Flutes"というライブを聴きに出かけました。
Bansuri(Indian Banboo Flute)と尺八がメインです。

場所は、これまでに何度か行っているところだったので、心配無し。
少し早めに出かけて、ライブハウス近くのオーガニックのお店で買い物。
そして、有名な「KATZ's Delicatessen」で晩ご飯。

気付いたら、開演ギリギリ。
ちょっと、早足でライブハウスに向かう。

ここのライブハウスでは、HPで時間が「8:00PM」って書かれてるからと思って30分前に着くようにいったら、まだまだ誰もいないとか、それどころか「遅くなっちゃった!!」と思って、早足で歩いて汗だくで8時2分前に着いたら、お客さんまだ誰も来てないとか、毎回そんな感じ。

だから今回も開演ギリギリと行っても、8時に着けば多分大丈夫だろうと思っていました。

それでも、何となく早足で向かい、ライブハウスが見えて来た。
交差点の角の建物で、その角の部分に扉があります。

近づくと、何人も人が立っている。

おや、まだリハ中とかで中に入れてくれないのかなあと思いながら、更に歩いて行くと。

その人たちの中に、今日の出演者、Ralphを見つける。
ん?どうした?
リハが終わって、外に喋りに出て来たのかしら??

それにしてももう8時なのになあ・・・・と思い、ライブハウスの扉を見ると・・・・・





シャッターが閉まってる!!!


え?どういうこと?


Ralphに訪ねる。
会場の人が来なくて開けられない。
そして、連絡もつかない。
(小さな会場なので、会場の人っていつもお兄さん1人)

この日は、結構寒かった。
数日前まではもうコートがいらなくくらいになっていたのに、冬に戻ったかのような気温で、みんなコートにマフラーという格好。
その寒空の下、出演者もお客さんも談笑しながらひたすら立っている。

8時20分くらいになった時かな。

「会場を提供するよ」と言ってくれた男性が出て来て、急遽場所を変えて、ライブをすることになった。
そのやりとりをちゃんと聞いていなかったんだけれど、移動先の住所を聞いている時「○○大学の・・・・」という言葉が聞こえて来たので、「ああ、誰かが大学の先生で大学のその人の部屋とか、教室とか使えるのかな」と思っていた。

そうしたら・・・・・。

提供された会場というのは、その方のマンションだった!!!!!


マンションの中で急に20-30人が行って、そこに入って、そしてライブができるってどういうこと?
想像できないーーー。

タクシーで移動。
いやー、確かに高級マンションですわ。
すっごいマンションでした。

そして、急遽リビングに椅子を並べ、ライブ開始。

P5040560_s.jpg


Teiji Ito 'Watermill' と、Henry Cowell "The Universal Flute"という2曲が演奏されました。

心地よい緊張感に包まれて、穏やかな時間を過ごしました。



なかなか面白い体験でした!
スポンサーサイト

tag : 2011アメリカ/コンサート

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)