2011-05-04

再会と出会い

日常生活の中でも、新しい出会いや再会ってある。

今回みたいにたった1人で、外国にぽーんと放り込まれた環境だと当然新しい出会いだらけ。
そして、再会ももちろん。

前回のエントリーにちらっと出て来た、母校の後輩で現在ニューヨークで活躍しているバスーン奏者のモリショウ君とは、こちらに着いてすぐに再会した。
さらっと書いたけれど、実に17年ぶりの再会。
要は、卒業以来ということ。
モリショウ君おすすめの、アッパーウェストサイドのベトナム料理屋さんで再会。
懐かしい話に花が咲き、また色々な情報をもらい、お料理のおいしくて、すごく楽しい時間を過ごしました。

そして、もう1人懐かしい再会。
現在、ボストンで活躍中のジャズピアニストのMihokoさん。
彼女とも、多分17-18年ぶりくらいの再会。
彼女がちょうど用があってニューヨークに来ていたので、早速再会。
ジャズのライブを一緒に聞きに行って、その後食事しました。
昔から美しい人だなあと思っていたけれど、昔と変わらず、いや、昔以上にキラキラしていてカッコいい。
再会した瞬間、横断歩道の真ん中で、思わず抱き合っちゃいました。


そして、沢山の出会いです。


P4150194_s.jpg

これは、ACCでのミーティングの時に撮影。
一番左の男性はACCのRalph。
この日は、私のプログラムの為のアドバイスや情報を色々と持って来てくれました。
中身の濃いミーティングができました。
Ralphは、日本語もすごくうまくて、尺八の演奏家でもあります。
私のGrantが決定した後、彼とは東京でお会いしたのですが、今以上に英語がダメダメな私とはずっと日本語で者喋ってくれました(汗)
あ、この日のミーティングは英語でしたよ。

私。
この日は雨模様。
アメリカにドライヤーを持って来なかったのでくせ毛の前髪が残念な事になっているのは、まあ、ご愛嬌。

次の男性は、私と同じくACC GranteeのYan Jun。
北京から来ています。Electronic musicを中心に活動しています。
彼はもうすぐ中国に帰国です。
Grantee全員のプログラムが、いっせいにヨーイドン!と同じ時に始まる訳ではないし、期間も人によって違うので、常にこうして、帰国する人、渡米して来た人と入れ替わりがあります。
Yan Junのホームページ。
http://www.yanjun.org/

その隣の女性は、ACCのCecily。
私のプログラムの担当をしてくれています。
とにかく、彼女は頭が切れるし、守備範囲は広いし、すごいです。
彼女から、重要な情報が次々と出てきます。
アドバイスも的確です。

一番右の女性は、 Tracie Morrisさん。
Poet、Singer、Performer・・・。
言葉を扱った色々な活動をしてらっしゃいます。
彼女はACCのプログラムで日本に滞在した事があるのだそうです。
ACCは、アジアからアメリカへだけでなく、アメリカからアジアへという方向でも支援をしているのです。
彼女のサイト。
http://tracieswebsite.net/

次はGranteeの集まり。
P4120164_s.jpg
もちろん、これで全員ではありません。
これは私が到着してまだ1週間くらいの時のパーティです。
Granteeの1人がお誕生日、そして、前列中央のGranteeが帰国するので、Partyをしました。
それぞれが食べ物を持ち寄って楽しくわいわい。
私の隣の女性は、ACCスタッフです。
私以外は、全員中国系のGranteeだったので、中国語も飛び交ってました。

P4290409k_s.jpg

韓国の伝統芸能である、パンソリのコンサートに行った時の写真です。
色々、面白い発見があったので、本番直後のパンソリ歌手Ye Jin Kimさんに急遽インタビューさせてもらいました。
快く応じて下さり、色々私の疑問に応えてくれました。
「また疑問が出て来たらメール下さい」と言っていただきました。
内容に関しては後々、きちんとまとめたいのです。
一番左は、上海からのGrantee、指揮者のYi Jie。
その右は、Singer、PerformerのJen Shyu。
Jen Shyuはアメリカ人ですが、ルーツがアジアにあるので、ACCのプログラムでGranteeとしてアジアに滞在したことがあるそうです。
生で聞くパンソリは、ものすごい迫力でした。

以前少し話題に出た、Pauline Oriverosのところで出会ったニューヨーク大学の留学生Sonia。
P5010490_s.jpg
彼女の作品のコンサートでした。

タイからのGrantee、Visual Artistの、Som Sutthirat Supaparinyaさん。
with rica_s

Meetingで初めて会ったのですが、何だか気があったので、meeting終了後、観光客はまず行かないディープスポットに遊びに行ってきました。有名なマンハッタンのチャイナタウンよりも、もっとディープなチャイナタウンです。

以下は、独立した記事にしたいのですが、とりあえず記録として。
先日、日帰りでボストンに行き、作曲家のChaya CzernowinとSteven Takasugiに会ってきました。
帰りの記念撮影です。
P5020501_s.jpg
P5020502_s.jpg


出会い編でした。


毎日毎日、記事になりそうなことを、いっぱい体験しています。
ブログを書く時間がとれないほど、充実しています。
もしかしたら、日本にいた時よりも、ずっと忙しいかも???

スポンサーサイト

tag : 2011アメリカ/ひと

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)