2011-04-21

菜箸ラブ

少しずつ、生活の話なども書いていこう。

アメリカに来る前に、このブログに度々登場する、昔の教え子で現在はコロラド州在住のバスーン奏者ウノに、生活面での色々を聞いておいたのだけど、来てみて初めて「あ、しまったな」と思う事も色々あります。

今回の滞在は、アパート(住むところ)は用意されており、食器や調理道具、リネン等様々な生活用品も用意されているという大変恵まれた環境です。
炊飯器まで置いてくれているんです。

料理関係では日本からは、塗りのお箸を1膳だけもって来ました。

さて。
アパートに入居して、すぐ近所にある24時間営業のスーパーであれこれ買い物して自炊生活開始です。


そして、台所の引き出しを開けて気付く。



菜箸が無い!!!


手元にあるのは塗りのお箸のみ。
その日は恐る恐る塗りのお箸で調理。
不便だし、そもそもこのお箸でフライパンぐるぐるしたくない!

ここは、大都会ニューヨーク!
菜箸くらいその辺に売ってるだろう・・・


と思ったら甘かった!

マンハッタンに出かける度に、そういうものが売っていそうなところを物色するも、見当たらない。
せめて割り箸でも・・・と思うんだけど、それもない。

菜箸はいずこ?

ギブミーさいばーーーーーーーーーーーーし!!!!!!!



こりゃあ話に聞いていた、ニュージャージーにある大型の日系のスーパーまで行かなくちゃダメか?
と思い始めていたのだけど、インターネットで色々検索して、マンハッタンに日系のスーパーを発見。
ようやく菜箸をゲット。

ああ、なんてお料理しやすいんでしょう。

菜箸が手に入りにくいとは、盲点でした。

実際はもっと手に入りやすいのかもしれないのですが、着いてすぐの話なので、菜箸にたどり着くまで随分時間がかかっちゃいました。

逆のパターンも。
私はかなり乾燥肌で、多少皮膚疾患も抱えているので、保湿はしっかりしなくちゃと、日本で普段使っている馬油をもって来ました。普段は並行してワセリン入りのジェルも使っています。
これはアメリカのものなので、日本でアメリカ行きの用意をしている時に「わざわざ持って行く必要も無いかな」とも思ったのですが、「でも、もしすぐに手に入らなかったりしたら困るかな」と思って、持って来ました。

そして、アパート入居初日、つまり入国してから約20時間後。
アパートから徒歩3分ほどのところにある99¢ショップに山積みになって売っているのを発見しました(価格は99¢ではありませんでしたが)。

こういう細かい事が、ちょこまかとあります。
来てみて初めて解る事とか気付く事って結構あるんですねえ・・・。
スポンサーサイト

tag : 2011アメリカ/生活・街

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

色々と想定外(最近良く聞くワード)のことがあって大変ですね~

こちらで料理する時はトングがあると便利だと思うけど、菜箸があることが前提なので、実際ないのは困るよね。。

でも、なんかそういう諸々がアメリカを楽しんでいるなぁって感じますよ。

abu71_nomin さん

abuさん、コメントありがとー。
日本にいる時より、何倍もなんだか嬉しいのは、少々寂しくなってきているのか・・・。

で、菜箸です。
ほんと、想定外。まさかこんなところで不便を感じるとは思いませんでした。
あって当たり前すぎて、思いつかなかったよー。

私の場合は、期間限定なので、こういうネタも楽しんでますe-440
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)