--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-26

現代音楽セミナー&フェスティバル「秋吉台の夏2008」

「秋吉台の夏2008」の作曲マスタークラスを受講して来ました。


山口県美祢市秋芳町にある秋吉台国際芸術村にて毎夏行われている現代音楽セミナー&フェスティバルです。

現在の体制になってから、3回目の参加です。
昨年は、受講生では最年長。とは言え同じ最年長がもう一人いらっしゃったのですが、今年は単独で最年長でした(汗)。

コンサート、レクチャー、レッスンと充実した1週間です。

レクチャーの様子
P8200204-small2.jpg



ここでのレッスンは公開レッスンです。
形式としては、受講生が自分の作品の録音をかけて、その作品について受講生自身が説明し、その後、講師陣がコメントをするという形式で一人約45分。
大きな四角に机を並べて受講生、聴講生全員が聞いています。
受講生、聴講生から質問や意見が出る事もあります。

講師は、メインゲストコンポーザーの湯浅譲二氏に、若林千春、田中吉史、徳永崇の三氏を加えた4人体制。

受講生は大学生や大学院生からある程度キャリアのある人まで様々です。

講師陣からのコメントは、やはり若い人には具体的なアドバイスなど、キャリアのある人には更に上を目指すべくかなり厳しい言葉が並んでいたように思います。



ここで、若い学生からキャリアのある人まで一緒に勉強する事によりお互いに得られる事も多いです。

また、何よりも湯浅譲二先生と夜が更けるまで毎夜作曲や音楽の話を直接話せると言うのも得難い体験です。



作曲の講師陣もなかなかに豪華ですが、演奏の講師陣もかなり豪華。
現代音楽シーンにはなくてはならない存在の方々の名前がずらりと並んでいます。
(マリオ・カローリ(Fl)、山根孝司(Cl)、橋本晋哉(Tub)、佐藤佳子(Va)、藤田朗子(Pf)、中山敬子(Pf)、石田美智恵(Pf)、ジョージ・ヴァン・ダム(Vn))

そして、コンサートは、この講師陣による演奏ですからレベルの高い演奏が次々と繰り広げられます。

昨年までは、初日に「オープニングコンサート」と最終夜「クロージングコンサート」の2つのメインコンサートがありましたが、今年はセミナーの中日に「ガラ・コンサート」が一夜開かれました。

ということは、コンサートが減ったのかと思いきや、とんでもない。
毎夜、演奏の講師により「タッチングコンサート」というミニコンサート(90分くらい)がひらかれたので、結局毎晩何かしらコンサートがあるということになりました。


今年は、少し驚いた事に私の母校の後輩達が5人も来ていました。

こういう講習会やセミナーに出かけて、同じ大学の後輩に出会うと言う事がこれまでほとんどなかったので、うれしくなりました。



今回はスケジュールに余裕があったのか、スタッフの方々が、作曲の受講生、聴講生を鍾乳洞&カルスト台地をちょっとだけ見に連れて行ってくれました。
P8210208-small2.jpg

洞窟入り口
P8210209-small2.jpg

急いで洞窟内を往復して外に出る。まぶし~。
P8210219-samll2.jpg



思いがけず観光付きのセミナーとなりました。




充実した1週間を過ごして来ました。
色々刺激を受けて帰って来ました。

さあ、今日からまたガンバロウッと。



湯浅先生と記念撮影
P8210228-samll2.jpg

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

充実したレクチャーだったようですね!

お疲れさまでした!
1週間の泊り込み講座とはすごいですね。

サラリーマンはせいぜい2泊3日。しかもガチガチの研修施設。

秋吉台国際芸術村?
金沢にも芸術村あるけど(笑)

一度は行ってみたいところです、秋吉台。

kim-nagamachiさん

音楽系は1週間ほど泊まりで朝から晩までお勉強というようなセミナー、よくありますよ。

今もお隣の福井県で武生国際音楽祭というのが始まっていて、その中には作曲のワークショップもあります。こちらも1週間ほどだったかな。

秋吉台の国際芸術村は、磯崎新の設計で、芸術家が長期滞在して創作活動を行うように出来ています。
コンサートホールもちゃんとあるんですよ。

秋吉台、観光にもおすすめです!
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。