2008-08-13

ご報告とお知らせ

私事ではありますが、この度、第29回入野賞を受賞いたしました

ここ数年間興味を持って取り組んで来た事が一つの評価をいただけたということ、とても嬉しいです。

日本人の受賞は9年ぶりだとのことです。

受賞作品は、12月4日(木)第24回東京シンフォニエッタ定期演奏会「室内オーケストラの領域」(於トッパンホール)にて世界初演されます。この演奏会では、湯浅譲二さんの新作と昨年急逝された江村哲二さんの旧作も演奏されます。

ぜひお運びいただき、ご講評いただければ幸いです。



この数年は、興味を持って取り組んで来た事があるとは言え、色々と迷いや悩みがあり、かなり苦しい時間を過ごしました。

なので、今回の受賞により自分の作品が初演される機会を持てた事を本当に嬉しく思っています。



今回の受賞作品について少しだけ書きますと、江戸浄瑠璃三味線音楽である一中節の数ある作品の内、三味線と笛と浄瑠璃で演奏される「小町少将道行」という作品の構成からインスピレーションを得て書いた物です(ヒントを得たのは構成のみなので、邦楽らしい響きや音型はまったく出てきません)。

十二世都一中先生との幸福な出会いがなければ、絶対に生まれなかった作品です。
都一中先生には心から感謝しています。

また、すぐに弱音をはく「ヘタレ」な私を何かと励ましてくれる友人達やパートナーの支えがあってここまで来ました。
本当に感謝しています。



現在は11月末に東京で初演される予定のピアノ曲の作曲に取りかかっています。
こちらも、近くなったらまたお知らせいたしますので、お越しいただければ幸いです。

今回の事を一つのステップとして、さらに良い作品が書けるよう、頑張りたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。







ーー予告ーー
第24回東京シンフォニエッタ定期演奏会「室内オーケストラの領域」
2008年12月4日(木)午後7時開演 トッパンホール(東京都)
http://www.toppanhall.com/concert/detail/200812041900.html

出演:板倉康明(指揮)、木村茉莉(ハープ)、東京シンフォニエッタ

プログラム
湯浅譲二/新作 委嘱作品(世界初演)
江村哲二/ハープ協奏曲2(2001)
成本理香/「痕跡:小町少将道行」~室内オーケストラの為の(2008)(世界初演)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)