2010-05-23

雲井雅人サクソフォーンリサイタル終了

数日過ぎてしまいましたが・・・・。
20日の雲井雅人サクソフォーンリサイタル、終了しました。

舞台上で音楽やサックスへの愛が溢れた生き生きとした雲井先生の演奏。
ほぼ満席に近い客席もとても良い雰囲気。
本当に素晴らしいコンサートでした。

↑ちょっとクサい書き方ですけれど、それ以外に何て書いていいのかわからないです。
ほんとに、素晴らしかったです。

私が編曲させていただいた、ラーションのコンチェルトについて、終演後何人もの方から「ラーション、とても良かった」と声をかけていただきました。
ありがとうございます。

原曲は弦楽オーケストラが伴奏なのですが、今回はピアノ五重奏での伴奏。
ただ移し替えるのではなく、きちんとピアノ五重奏のアンサンブルとして成立するような音楽作りを心がけました。
それが聴衆に伝わったのならば、本当に嬉しいです。

「ラーションのコンチェルトってあまり好きじゃなかったけど、こんなにいい曲だったんだと、成本さんの編曲で聞いて始めて知りました」と言って下さった方もいて、これも嬉しかったです。

バッハのパルティータに続いて、今回再び私に編曲の機会をくださった雲井先生には大感謝です。
また、楽しいお仕事が一緒に出来ればいいなあと思います。

そして、一聴衆として「雲井雅人は次はどんなことをやってくれるんだろう??」と、次のコンサートを心から楽しみにしています。

うちあげにて。雲井先生と。
foodpic351091(変換後)2


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)