2010-05-04

コンサートのお知らせ/雲井雅人サクソフォーンリサイタル2010

私の編曲した作品が演奏されます!


20100520.jpg
(クリックで大きくなります)

雲井雅人サクソフォーンリサイタル2010
日時 2010年5月20日(木) 19:00開演
会場 津田ホール
全自由席¥4500 大学生以下¥4000

プログラム
(すべて弦楽四重奏+ピアノの編成による演奏 *使用楽器)
J.S.バッハ(arr.大野理津):イタリア協奏曲ヘ長調 BWV971 *Soprano Sax.
グラズノフ(arr.伊藤康英):サクソフォーン協奏曲変ホ長調 op.109 *Alto Sax.
ラーション(arr.成本理香):サクソフォーン協奏曲 op.14 *Alto Sax.
J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第二番 BWV1047 *Sopranino Sax.

出演
ソプラニーノ、ソプラノ、アルト・サクソフォーン
雲井雅人
《クァルテット・グラーツィア》
(ヴァイオリン:相原千興 磯田ひろみ ヴィオラ:富田大輔 チェロ:寺井 創)
ピアノ:藤井亜紀、フルート:菅原 潤、オーボエ:庄司知史

チケット
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
お問合せ・メール予約
(有)レックス info@concertrex.jp




思い返せば、昨年の春も、雲井先生の演奏会で私の編曲作品が演奏されました。
「雲井雅人サックス四重奏団 第7回定期演奏会」

雲井先生のコンサートで2年続けて私の編曲作品を取り上げていただけてとても嬉しいです。
今回のラーションの協奏曲は、このコンサートのために編曲させていただきました。
もともとは、サクソフォン独奏と弦楽オーケストラのための協奏曲ですが、今回はサクソフォン独奏とピアノ五重奏での演奏です。
途中、色々と迷ったのですが、かなり大胆に思い切った編曲をしてみました。
せっかくのピアノ五重奏なので、ピアノ五重奏らしい響きがするように編曲しました。
編曲中は、とても楽しかったです。
今から、コンサート当日が楽しみです。ワクワクしています。

それにしても、一晩でコンチェルトを4曲・・・・・。
やっぱり、すごいです。雲井雅人というプレイヤーは。

みなさん、ぜひお越し下さいね!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)