2010-04-25

詩集

先日、私宛にメール便。
差出人を見ると、詩人の三島慶子さん!!!

何度かこのブログで、三島さんの詩の事を書いて来ました。
3月に行われた金城学院グリークラブの定期演奏会では、わざわざコンサートに来て下さって、初対面も果たしました。
知的で本当にステキな方でした。

封筒を開けると、そこには一冊の本が・・・・・。


「中高生とよみたい日本語を楽しむ100の詩」
20100425114410.jpg

水内喜久雄さん編集のアンソロジー詩集で、三島さんの詩も3編掲載されています。

先月発売されたばかりの本です。
新刊が出たので、わざわざ送って下さったのです。

わーい。ありがとうございます。

早速読ませていただきました。
勿論、三島さんのを真っ先に。

いつもながら、読んでいるうちに本当に希望がわいて元気が出てくる詩です。
3編のうちの一つは、大変鋭い視点から書かれているもので、元気が出るだけじゃなく、思わず自分の事を顧みて「言葉」を大切に扱わなければ・・・・と反省してしまいました。

言葉のプロ、尊敬します。


そして、他の詩も一気に読みました。
こちらも、編集の水内さんのセンスの良さに脱帽です。

タイトルには「中高生『が』読みたい」ではなく「中高生『と』読みたい」とあります。
タイトル通り、大人が読んでもとても読み応えのある詩集です。


以前、水内さんの私設図書館にお邪魔した時、詩集をとりまく厳しい状況についてお聞きしました。
現代音楽を取り巻く社会的状況もなかなかに厳しいものがあると思いますが、詩の世界もかなり厳しいそうです。
出版業界自体が厳しい中で、詩集はさらに厳しいのだそうです。
現在大手が出版している以外の詩集は、ほぼ自費出版に近い状況であるとお聞きしました。
三島さんにお会いした時にも、この話になりましたが、同じようにおっしゃっていました。

私は、出版業界の詳しい事はわかりませんが、こんなに「力を持った言葉」を扱う人達の詩が、沢山の人の目に触れる状況を作りにくいというのは、とてももったいないよなあ・・・と思います。

そういう中で、アンソロジーという形で次々と素晴らしい詩集を世に送り出している水内さんの仕事は貴重です。
今回のこの詩集も、一人でも多くの人が手に取って欲しいと思います。

三島さん、新刊を送って下さってありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)