2010-02-01

鶴来中学吹奏楽部

創立60周年の記念に、校歌の吹奏楽伴奏を編曲させていただいて、おまけに、記念式典で講演デビュー(公園デビューではない)までさせていただいた、石川県の白山市立鶴来中学校。
この、記念式典での吹奏楽伴奏のお披露目は、ちょうど新型インフルエンザが学校中で猛威をふるった頃で、部員全員で演奏する事ができませんでした。

あれから数ヶ月経って、録音をして記録を残すのと、卒業式で演奏するとの事で、レッスンに行って来ました。

普段は大学生と高校生だけを相手に授業やレッスンをしています。
講演させていただいた時も、中学生向けのお話だと、どんなのがいいのかなあと随分考えました。
とは言え、講演は私が演台で喋るわけで、生徒達との直接の対話はありません。
即興演奏する時に客席に降りて行って、少し生徒にマイクを向けたりしましたが、コミュニケーションには充分な時間ではありません。

中学生って、どんな感じだろう・・・と、ドキドキしながら中学校に行きました。


鶴来中学に着くと、顧問の先生、部長と副部長(多分)の3人の部員が、玄関で待っていてくれました。

約1時間ほど、色々気付いた事を言わせてもらいましたが、みんな素直ですごくやりやすかったです。
良い子達だな~。

レッスン中、私が何か一言気付いた事を言って、「じゃ、もう一回、吹いてみて」と言った後の演奏が、さっきよりもグンと良くなっていると、すごく嬉しいですね。

録音も、卒業式も、きっとうまく演奏できるでしょう。

顧問の先生&部員のみなさん、ありがとうございました!


そう言えば、校長先生もわざわざ音楽室に顔を出して下さいました。

なんだか、ほんわかといい気分になった日でした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

羨ましいです。

こんばんは。
カテゴリーで、大学/レッスンを拝見させて頂いたのですが、涙・涙(仕事中・・・)。
寄せ書きやアルバムなど、何て言ったら何か本当に素敵なお仕事されてるなーって思いました。
ふぅーっ(ため息)。

yo2bo さん

生徒、学生、みんな可愛いですよv-346
もちろん苦労も多いですが・・・v-356
とは言え生徒や学生達が私の手元を離れる時に、成長している姿を見ると、そういう苦労は吹っ飛びます。
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)