--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-07

和歌山での年越し その1

まだもうちょっとお正月ネタ(和歌山ネタ)。

大晦日から実家の和歌山に帰りました。

金沢からは特急サンダーバードで新大阪まで行って、新大阪で特急くろしお(又はオーシャンアロー)に乗り換えて和歌山までというルートです。
乗り換えが1回だけなので、楽チンです。

お昼過ぎに金沢を出たのですが、お天気は荒れ模様。
20091231153101(変換後)

20091231160231(変換後)

走行中のサンダーバード車内から携帯のカメラで写しました。

途中駅に止まると、車体の底の雪を点検しますというアナウンスが入って、その度に遅れます。

金沢に来るまでは、電車の遅れってほんの2-3分でもイライラすることがありましたが、こっちに来てからは、
「雪で電車が遅れるくらい別にかまへんよ~、無事に着けばいいんだも~ん」
って激的に変化いたしました。ははは。
(もともと、この日のお天気が荒れるという予報だったので、新大阪での乗り継ぎを余裕のある電車にしてあったのでした。)

ところで、お昼ご飯を食べてから家を出たのですが、金沢駅で見かけて、どうしても食べたくなり、
「これは、ごはんじゃない!おやつだ、おやつだ!!!」
と言い聞かせて(ごまかして・・とも言う)食べたのが、こうばこガニちらし。
20091231150712k(変換後)

こうばこガニは季節がかなり限定されちゃうので、見かけるとどうしても食べたくなっちゃいます。
大変美味でございました。



さて、新大阪に着いて、特急くろしおの入線を待っていました。
南紀(和歌山県の南部のことです)から新大阪に来た特急くろしおが折り返し運転します。

定刻より少し遅れて入って来た特急くろしお。

入って来た特急くろしおを、ぼ~っと見ていた次の瞬間、目の中に飛び込んで来た『モノ』にびっくりして、思わず走って、その車両を追いかけちゃいました。

ところで、和歌山県の白浜町に「アドベンチャーワールド」というテーマパークがあります。
私も子供の頃、家族旅行で何回か行きました。

めっちゃくちゃ楽しいテーマパークです。
そう言えば小学生の時、ここで象の背中に乗ったなあ・・・。

話がそれました。

それで、このアドベンチャーワールドには、実はパンダがいるのです。
しかも7頭も!
中国以外では世界で一番の大家族なのだそうです。

(パンダと言えば、上野動物園が真っ先に頭に浮かぶ私・・・・・)

そして特急くろしおはその名の通り、新大阪(または京都)と南紀を結ぶ電車です。

説明が随分長くなりました・・・・。
そういうわけで、くろしおの車体には、パンダの絵が書いていて「パンダ列車」の文字も。
20091231180133(変換後) 20091231180224(変換後)

そして、ぼ~っとしていた私が、思わず写真を撮りに走ったもの。
それは、これ

↓↓↓


20091231180115(変換後)


座席がパンダ・・・・・。


車内ではこんな感じ。
20091231180207(変換後)


子供は喜ぶかもね~。

でも、出張のために特急くろしおに乗ったおじさんが、たまたまこの座席で、しかも横がいなくて一人だったりしたら、恥ずかしいかも・・・・・。

と思いつつ車内へ。
自分の席に座ると、前の座席にくっついているテーブルには、こんなステッカー。
20091231180846(変換後)


ちょっと疲れてウトウトしている内に特急くろしおは無事和歌山駅に到着。

金沢に比べれば暖かいかと思っていたら、雪こそ無いものの、風がとても冷たくて、結局また寒い思いをしました。


えっと・・・。

また、無駄に長くなって来た。
こんな風だから、旅行記もなかなか進まない訳ですねえ。

和歌山での年越しネタ、和歌山に到着した所で、一旦休憩。
続きます・・・・・。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

パンダ

明けましておめでとうございます。
パンダ、いいですねえ。
アドベンチャーワールドは、パンダといい、ホッキョクグマといい、ツボを押さえまくっている感じです。
一度行ってみたーい!
パンダのシートにも座ってみたい…かも(笑)

takemucho さん

あけましておめでとうございます。

アドベンチャーワールドは楽しいですよ。↑に書いたみたいに、金沢からだと新大阪で1回乗り換えるだけなので、結構楽に行けます(とは言え、和歌山市よりさらに南なので結構時間はかかると思いますけれど)。
サファリも面白いし、イルカもかわいいし・・・。

パンダ列車、お子さん喜ぶかもしれませんね!
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。