--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-18

合唱曲初演、終わりました

初めての合唱作品、「わたしはまだ」の初演が、無事に終了しました。

この日は、お天気が大変不安定で、すごい勢いで雨が降ったかと思えば止んで・・・小降りになることもあるけど、次の瞬間にはまたすごい雨・・・・。

こんな天候の中、コンサートには沢山の方が聞きに来られていました。


金城学院グリークラブの演奏は、とても良かったです。


当日は、総勢で100名を超える大合唱団となりました。
しかし、雑な所はまったく無く、美しいハーモニーでとても丁寧に誠実に演奏してくれて、作曲者としてとても嬉しかったです。

1週間前のリハーサル、当日の本番直前のリハーサルとおつきあいさせていただいて指揮者である小原先生の指導力には脱帽しました。
先生の詩の解釈と音楽の解釈の、その「深さ」には感動すらしました。

一つの言葉も一つの音も、すべてを丁寧に扱い、直前のリハーサルでさえ一切妥協をせずに本番に向っていく。
その様子を見ていると、どんなに厳しい指導でもきっと生徒達にはきちんとそれが伝わって行くのだろうと思いました。

私も小原先生のように、丁寧で誠実な仕事をしていかなければならないと思いました。


この日は、私の作品が演奏されるということで、金城学院大学の卒業生のみんなや、名古屋のお友達が聞きに来てくれました。
すごく嬉しかった!

コンサートの後は、卒業生のみんなと久しぶりにご飯を食べに行きました。
楽しかった~。



それにしても、今回テキストに使わせていただいた、三島慶子さんの「わたしはまだ」という詩の素晴らしさは、皆さんに知っていただきたいです。

出典:
一編の詩があなたを強く抱きしめる時がある
水内喜久雄編 《ポエムライブラリー「夢ぽけっと」館長》
PHPエディターズグループ


三島さんにテキスト使用の許諾をいただくために、この本の編者である水内喜久雄さんにも大変お世話になりました。

沢山の方のご好意で、生まれた作品なのです。



グリークラブの小原先生からは、3月の定期演奏会にむけて、あと2曲書いてほしいという依頼をいただきました。

また、テキスト探しからです。
ワクワクします。

金城学院グリークラブの皆さん、指導者の小原先生、宮木先生、三島慶子さん、水内喜久雄さん、そして、聞きに来て下さった皆さん、本当にありがとうございました。

グリークラブの若い皆さんが、私の曲を歌う事によって出会った三島慶子さんの詩から、限りない未来への可能性を感じて、希望を持って生きて行って欲しいと、心から願います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。