--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-24

秋吉台の夏2009

今年もこの季節がやってまいりました。

現代音楽セミナー&フェスティバル「秋吉台の夏2009」
8月18(火)-8月23日(日)

(昨年参加した時のエントリーはこちら

今年のテーマは
「テクノロジーと現代音楽」


ここ数年受講生として参加していますが、
もしもこのセミナーがなかったら今の私は無いと断言できます。
本当に密度の濃い1週間を毎年過ごして来ました。


今年は
大著『日本の電子音楽』の著者でもある川崎弘二さん、
この人無くしては現代音楽シーンのエレクトロニクスについては語れない有馬純寿さん
を、お招きしてのセミナーです。
作曲講師陣は、メインコンポーザーの湯浅譲二先生に加え、
引き続き若林千春さん、田中吉史さん、
今回はケルン在住でヨーロッパを中心に世界各地で作品を発表している
日本人作曲家・川上法子さんも加わります。

私が受講していて感じることは、この「湯浅・若林・田中」という体制が
大変バランスが良いということです。
作風もまったく違う三人ですし、多角的で、的確なアドバイスをいただけます。

また、レッスンで気になったり、その時間内に自分なりに消化できなかったことを、
空き時間なり、食事時間なり、寝る前など...講師をつかまえて、
自分が理解できるまで質問できるのも、こういうセミナーの良い所だと思います。
なんせ、芸術村に缶詰状態ですから・・・。
先生方、いやがらずに、こちらが納得するまでとことんお話ししてくださいますよ。

そして、今年はここに新たに川上法子さんが加わって下さるとのことで、
どんなレッスンになるのか、今からワクワクしています。

また、私はここのところ受講生では最年長(汗)ですが、
大学生から、留学より帰って来たという人まで、
様々なキャリアや年齢の方が受講されています。
これも、このセミナーの良い所でしょう。


マスタークラスの募集は、作曲、トロンボーン、クラリネット。
特別レッスンの募集はヴァイオリン、チェロ、金管楽器。

また、聴講は全てのクラスで可能です。

申し込み、お問い合わせコチラ↓
■お問い合せ(事務局連絡先):
〒690-8504 松江市西川津町1060
島根大学 教育学部 音楽教育専攻 内
「秋吉台の夏2009」事務局
河添達也
Tel. & Fax. 0852-32-6317
E-mail kawasoi@edu.shimane-u.ac.jp



申し込み方法、詳しいスケジュール、講師プロフィール等は、以下のリンク先をご覧下さい。
現代音楽セミナー&フェスティバル 秋吉台の夏2009
http://www.aiav.jp/programs/2009/contemporary2009/


秋吉台で、沢山の芸術家に出会えることを、楽しみにしています!

続きに一応、概要と募集要項を載せておきます。
詳しいことは、上のリンクで確かめて下さいね。
現代音楽セミナー&フェスティバル 秋吉台の夏2009 テクノロジーと現代音楽

 新しい音楽を考え学ぶ場そして芸術家同士の交流の場でもある「秋吉台の夏」、今回のテーマは「テクノロジーと現代音楽」です。
 それは、エレクトロニクスを用いた作品というダイレクトな創作法を探るというよりはむしろ、テクノロジーの発達にともなって初めて可能になった創作の可能性・拡大について湯浅譲二さんの軌跡を軸に考え合うというものです。そのために数多くのエレクトロニクスを用いた作品の上演に関わっておられるスペシャリストの有馬純寿さんと、歯学博士でありながら「日本の電子音楽」について研究され、大著を今年の3月に増補版を出版された川崎弘二さんもお招きします。また作曲家では、若林千春さん、田中吉史さんの他、今回はケルン在住でヨーロッパを中心に世界各地で作品を発表している日本人作曲家・川上法子さんが初参加となります。そして作曲マスター・クラスでは、新しい音楽創造に携わろうとする若者へ向けて、未来への更なるイマジネーションの拡大を投げかけます。
 演奏の講師陣では、フランス国立ロレーヌ交響楽団の主席トロンボーン奏者で活躍しながら、作曲家としても刺激的な作品を発表し続けているドミニク・ドゥ・ラオシュさんが初来日します。そして、ベルギーを本拠とし世界最高レベルの現代音楽アンサンブル「イクトゥス」のヴァイオリン奏者・ジョージ・ヴァン・ダムさん、同じく「イクトゥス」で活躍し現在NHK交響楽団のクラリネット奏者・山根孝司さん、永年パリで活躍し、驚異的超越技巧と意欲的な活動で注目されるテューバ奏者・橋本晋哉さん、NHK交響楽団の若手チェロ奏者・宮坂拡志さんで、マスタークラス、特別レッスンの他、レクチャー・デモストレーションやトーク&コンサートが行われます。特に世界一線級で活躍する演奏講師陣によるお話あり、演奏ありの自由な発想で企画する「トーク&コンサート」は、きっと豊かな創造の果実を伝えてくれることでしょう。
 以上の講師陣の他、ピアニストとしては、本セミナーではおなじみのケルン音楽大学講師の中山敬子さん、アンサンブル・ピアニストとして活躍中の藤田朗子さん、抜群の切れ味と跳躍感で共演者に寄り添う石田美智恵さんに加えて、今回はベルギー在住でソリスト、アンサンブル、伴奏、オーケストラ奏者として世界各地で意欲的に活躍しておられる大宅裕さんが加わります。また現在フランスで活躍中のフルーティスト・村上景子さんには演奏の他、通訳もお願いしています。

 深い自然に囲まれた秋吉台国際芸術村で、音楽的イマジネーションを拡げ、豊かな芸術創造の時間をともに過ごしませんか?
 多くのみなさんの参加をお待ちしています。

(秋吉台現代音楽研究会 代表 田中 照通)


実施内容
〔コンサート〕
・ 「クロージング・コンサート」 8/22 18:30~21:00 
・ 「受講生コンサート」 8/22 16:45~18:00 マスターコース修了生による
・ 「トーク&コンサート」(橋本晋哉,D.ドゥラオシュ,山根孝司の企画による)
① 8/18 19:30~21:00 (橋本晋哉 プロデュース)
② 8/20 19:30~21:00 (D.ドゥラオシュ プロデュース)
③ 8/21 19:30~21:00 (山根孝司 プロデュース)
〔マスターコース〕
・ 作曲(湯浅譲二マスタークラス) 定員15名程度
・ トロンボーン(D.ドゥラオシュ マスタークラス) 定員3名程度
・ クラリネット(山根孝司 マスタークラス)定員5名程度

〔特別レッスンクラス〕
・ 金管(橋本晋哉 特別レッスンクラス)定員若干名
・ ヴァイオリン(ダム 特別レッスンクラス)定員若干名
・ チェロ(宮坂拡志 特別レッスンクラス)定員若干名

〔招聘講師・演奏者〕
湯浅譲二・田中吉史・若林千春・川上法子(作曲)、有馬純寿、川崎弘二(電子音楽)
ドミニク・ドゥ・ラオシュ(Dominique Delahoche /トロンボーン)、         
ジョージ・ファン・ダム(George Alexander van Dam / ヴァイオリン)、
山根孝司(クラリネット)、橋本晋哉(チューバ21日まで)、宮坂拡志(チェロ)
村上景子(フルート・通訳)、大宅 裕、中山敬子、石田美智恵(ピアノ)、
藤田朗子(ピアノ21日まで)
〔参加料(食費・宿泊費も含んでいます!)〕
全日程参加/一般:42,000円、学生:37,000円
全日程聴講/一般:37,000円、学生32,000円
    上記はいずれも下記の費用を含んでいます。
《セミナー受講料・コンサート入場料・宿泊費・食費・レセプション費用》
宿泊は会場内の宿泊施設で、数名の相部屋となります。

部分参加
 レクチャー・レッスン・トークコンサート=1コマにつき1,000円
 レセプション4,000円
 宿泊料=1泊3,000円(会場内宿泊施設・数名の相部屋です)
 食費=朝食600円・昼食1,000円・夕食1,200円
 

〔コンサート入場料〕
  クロージング・コンサート(8月22日)
     大人=2,000円(美祢市民1,000円)
     高校生以下=無料

  受講生コンサート(8月22日)
     入場無料

  トーク・コンサート(8/18,8/20,8/21)
     大人=各1,000円(美祢市民500円)
     高校生以下=無料


参加申込・問合わせ先:秋吉台現代音楽研究会TEL&FAX 0852-32-6317(事務局長:河添達也)
           kawasoi@edu.shimane-u.ac.jp

申込締切り:7月27日(月)までに所定の申込書またはメール・FAXにて
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。