2008-06-26

編曲作品を聞く

今日も少し授業の事を。

前回も書いた「編曲法」という授業。

この授業では、学生自身が編曲の技術を身につける以外に、もっと色々な編曲作品に触れて、いろんな形の編曲の技法を知ってもらおうと思っています。

そこで、授業も後半に入って来た頃に、あれこれ編曲作品を鑑賞して発見した事などをその場でレポートにして提出してもらいます。


この授業で何を聴くか、あれやこれやと資料や編曲作品を探す作業が、私には実に楽しい�΂��B


ある年のある日取り上げたのは、バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調 BWV1004より「シャコンヌ」。

原曲を聞いた後に、ピアノソロ、オーケストラ(これらは何曲もあるので、それぞれ何種類か聞きます)、クラリネットアンサンブル、声楽アンサンブルなどを聞いてみます。

原曲では単音になっている部分にも、編曲作品では和音がついているわけですが、その和音が編曲者によって実に様々なので、そこに注目して聞いたりしていくわけです。


このバッハのように、原曲のサイズや雰囲気を損なわずに楽器編成を変える編曲以外にも、音楽のジャンル自体にも着目している編曲作品も聞きます。


今週の授業では、ホルストの「惑星」から「木星」を取り上げました。

まずは、原曲(オーケストラ)を聞いて、その後は

・2台ピアノ/編曲:ホルスト
・木星(ポップスタイル)吹奏楽/編曲:山下国俊
・「Jupiter」/歌:平原綾香、作詞:吉元由美、編曲:坂本昌之

の3曲を聴きました。

2台ピアノは、原曲のはじめの方にある 和音の「fp crescs.」がピアノではそのまま演奏するのは不可能なのでどう処理するのかに注目。

吹奏楽のポップスタイルは、リズムと拍子に注目。

「Jupiter」では、原曲からメロディーだけを取り出してそこに歌詞を載せるということに注目。


学生達は、聞きながらレポートを書いていくわけですが、これもなかなか面白いです。

「原曲がすごく好きなので、こんな風に編曲して欲しくない!」という意見があるかと思えば「ポップスタイルになった吹奏楽のがカッコよかった!」という意見があったり・・・。



前期の授業はあと2回。あと2回も色々な作品を聞く予定ですが、その中から学生達が「こんな編曲の方法もあるんだな」と学んでくれたら良いなと思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

面白そうな授業!

>あれこれ編曲作品を鑑賞して発見した事などをその場でレポートにして提出してもらいます

こういう授業って受けたことないなぁ・・・

バッハはよくわかりませんが、ホルストは聴講してみたいです^^

kim-nagamachiさん

前回の授業ネタが意外と何人か方に好評だったので、また書いてみました。

ホルストは、授業でかけたCDは手に入りやすいものばかりなので、ぜひ聞き比べてみて下さい。おもしろいですよ。
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)