--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-20

「お昼のミニコンサート」vol.1

先日、大学のお昼休みの時間を利用して「お昼のミニコンサート」という演奏会が開かれました。

出演したのは2年生の学生で、ピアノソロで約30分のコンサート。

普段は穏やかにニコニコしている学生ですが、舞台に登場した時はちょっと表情が硬く、う~ん、緊張しているのかなと私の方がドキドキして来ました。

自分のコンサートで緊張した事など、ほとんどない私ですが、自分が普段教えている学生のコンサートってのは、なんだか緊張してしまいました。


プログラムは以下の通り。

ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番「熱情」より第1楽章
リスト:超絶技巧練習曲より 第5番「鬼火」、第10番
ラヴェル:クープランの墓 より トッカータ
ショパン:練習曲Op.10より 第1番



彼女は、今年の1月に第9回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 大学生部門において銀賞を受賞したのだそうです。


ベートーヴェンの滑り出しは、なんとなく硬い感じがしましたが、段々と緊張もほぐれてきたのか、途中からは安心して聞ける演奏。

リスト以降は、自分の表現もちらほらと見えて来て、最後のショパンはとても良い演奏だったと思います。


まだ大学2年生。
緊張していても自分らしい演奏が出来るようになるには、結局こうやって本番の経験を積んで行くのが大事なのでしょう。


学生の為にもとてもいい経験ができる企画だと思いました。
主催は学科じゃなくて、大学のキリスト教センター。
これからもずっと続けて行って欲しい企画です。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

さすが専門のかたは違いますね

うちの娘(中三)が今度ピアノの発表会で
アレグロ パッショナート(サン・サーンス)を弾く予定です。

だいぶ前から練習してますが、1曲だけでもたいへんなのに
4曲一度に演奏するとは余裕たっぷりですね!

その道を目指すかたは違うね^^

kim-nagamachiさん

おお~~、お嬢さんピアノを習ってるんですね!
発表会、楽しんで弾けますようにお祈りしています。

今回は約30分のプログラムでしたが、それこそソロリサイタルやるなんてことになったら、1時間半~2時間弱のプログラムを組む訳です。
そうなれば、ピアノの技術だけじゃなくて、体力も精神力もいりますよね~。大変(^_^;)

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。