FC2ブログ


2018-07-15

新しい音楽を創作するための作曲家と演奏家のコラボレーション

 7月2日(月)から7月6日(金)までの5日間、愛知県立芸術大学では、国際交流事業としてカリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)から2名の教授をお招きし、「新しい音楽を創作するための作曲家と演奏家のコラボレーション」と題したイベントを行いました。

 このタイトルは、実際にカリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)において博士後期課程の演奏分野と作曲分野の学生のために開講された授業科目です。
 作曲分野の学生が実験的な短い楽曲を用意し、演奏分野の学生がその楽曲を演奏し、その楽曲について、作曲を担当している教員と演奏を担当している教員がレフリーを務めながら、出席者がディスカッションを行い、Extended Techniqueや新しい作曲技法を開発してゆくというものです。
 今回は、実際にUCSDでこの授業を担当しているスーザン・ナルッキ教授(声楽)およびアレック・カリス教授(ピアノ)を本学に招へいし、作曲と声楽・器楽の学生向けにこの授業を行っていただきました。
 また、期間中に両教授によるコンサートとして、アレック・カリス ピアノリサイタル、スーザン・ナルッキ ソプラノリサイタルを企画しました。

 この前の2月のアメリカ出張でUCSDを訪れた際、少し今回の打ち合わせをし、帰国後は、同僚の小林聡先生が主にメールでUCSDとの細かなやりとりをしてくださり、私はというと、小林先生の用意してくださった書類に次々とサインをしていくだけという、小林先生なくてはきっとできなかった企画です。

 セミナー、レクチャー、リサイタルとすべての予定が無事に終わりました。

 学生たちにも良い意味でのショックがあったようですし、私自身、お二人からは多くのことを学びました。
 カリス先生、ナルッキ先生に本学に来ていただくことができて、本当によかったです。幸せです。

スーザン・ナルッキ先生、アレック・カリス先生と。
IMG_4314.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)