FC2ブログ


2017-11-14

クラスコンサートを行いました

11月13日に、初めてのクラスコンサート「RICAMON vol.1 〜成本理香門下作品演奏会〜」を大学内にて行いました。
私にとっては、初めてのクラスコンサート。
とは言え、上級生は去年までに体験しているし、私もこれまでに、いくつかのクラスのコンサートを聴きに行ったりはしていたので、まあ、何とかなるでしょう〜と思いつつも、実は、コンサート当日が近づくに連れて、「うまくいくのかな
」「やり残したことはないかな・・・・」と心配になってきたりしました。
コンサート前半はアコースティック(楽器)、後半はエレクトロニクスという構成でしたが、途中の休憩でさっとエレクトロニクスの準備できるだろうかとか、もう、次から次へと心配がおしよせてました。

さて、当日ふたをあけてみると、ほぼ満席で、沢山の方に聴いていただけました。
私のクラスは、今年度一番人数の少ないクラスなのですが、残念なことに1人が急病で出演できなくなったので、さらに少ない人数の学生で、ステマネ、舞台係、照明その他、すべてをやりました。

また、学内でコンサートをやるからには、今のうちに、チラシ、プログラム、プログラムノート、コンサートの進行からお辞儀(!)まで。コンサートにまつわる作曲以外のことも学んで欲しいという私の方針で、準備段階からかなり口うるさくあれこれ指導しました。
鬱陶しかったかなとも思いますが、それでも学生達、よく頑張ってくれました。

開演前にみんなで。
(終演後は片付けでバタバタするので撮っておいた)
S__69280012.jpg

教員である私の曲は別に演奏しなくてもいいかなと思っていたのですが、希望者がいたため、私のトイピアノ4台のための作品を、学生3人と私の4人で演奏しました。
自分の作曲の生徒が、自分の作品を演奏する、しかも、そこで自分も一緒に演奏するというのは、生まれて初めての経験で、とても楽しかったです。
(ゲネプロ中)
ファイル 2017-11-14 20 52 42 のコピー 2


以下に、プログラムの私のご挨拶分を転載します。
まあこれも、今年度限りで、来年度からはもう学生だけにしようかなと思っています。

ところで、「RICAMON」は私のクラスのコンサートのタイトルです。
「成本理香門下」の、下線太字の部分をとって「RICAMON」です。


プログラムの表紙です↓
その下に、ごあいさつを転載してあります。
RICAMON Vol1表紙 のコピー


ごあいさつ
 本日はお忙しい中、RICAMON vol.1~成本理香門下作品演奏会~にお越しいただきありがとうございます。成本門下は本年4月にスタートしたばかりの新しいクラスです。学生たちの関心はあっちへこっちへと、みな違った方を向いています。本日演奏される作品は、アコースティックのためのものからエレクトロニクスまで、ついでに教員の作品はトイピアノ。てんでバラバラ。でも、だからこそ、私は毎日のレッスンがとても楽しいです。皆様にも本日の演奏会をお楽しみいただければ嬉しく思います。
成本理香

コンサート最後
23518969_10214728030819650_8079661519727603523_n.jpg

今回、ご来場下さった皆様、応援して下さった皆様、そして協力してくれた演奏家の学生さん達、ありがとうございました。
また、来年も開催出来たらなと思います。


ーー準備の様子などーー
プログラム折ってます。
ファイル 2017-11-14 20 40 54

終演後の片付け中。
ファイル 2017-11-14 20 42 08

前半の後、第二部のエレクトロニクス準備中
23519192_10214728027419565_3644537123587367525_n.jpg


スポンサーサイト



2017-11-12

出版されました!

11月11日、雲井雅人サックス四重奏団第15回定期演奏会。
この日は、雲井先生の還暦の記念コンサートでもありました。
そして、その会場では、私がこのカルテットのために編曲したバッハのパルティータ第4番 BWV828の楽譜、先行発売されました!

この作品、2000年に雲井雅人サックス四重奏団第一回演奏会にて初演、その後雲井雅人サックス四重奏団(以下雲カル)の1枚目のCDに収録されました。
そのあと、これまでに数多くの楽譜の問い合わせをいただきました。外国からの問い合わせもありました。
当初「すいません、出版してません。予定もありません」とお答えしていたのですが、あまりに問い合わせが多いので、ある時からは、雲カルが管理していました。
そして、ついに、アカデミアから出版されることになり、この日の雲カルのコンサートで先行発売となりました。

初演から実に17年。途切れずに問い合わせが続き、ついに出版に至ったこと、とても嬉しいです。
そして、会場での先行発売は、完売してしまいました。
ありがたいことです。
これを機に、沢山のカルテットがこの作品を演奏してくれたら嬉しいです。
23435131_1736257636384539_9162005723373830744_n.jpg


今回は先行発売でしたので、正式な発売日はアカデミアにお問い合わせくださいませ。また、私の方でもアナウンスさせていただきます。

アカデミアミュージックhttp://www.academia-music.com/

雲井先生と記念撮影。
23472435_1736288329714803_1554045638904563621_n.jpg

2017-11-05

こちらも後任に!

4月に着任した愛知県立芸術大学での仕事は、寺井尚行先生の定年退職の後任でした。

そして、こちらも、寺井先生の後任になりました。

何かって?


愛知県立芸術大学音楽学部同窓会副会長

です。

いきなり副会長とか。
つとまるのか、自分......

同窓会総会にて。
新旧副会長そろって記念撮影です。

ファイル 2017-11-04 23 41 06
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)