2016-02-23

学生は本当に良く見ている。

先日、教え子の結婚式に出席した話しを書きました。
「教え子の結婚式とスーツ」

披露宴でのこと。
新婦の、中学・高校時代の恩師が主賓のスピーチをされました。
その中で、新婦は絵が得意で、最後の学級通信にクラス全員の似顔絵を書いたというエピソードが紹介されてました。

「そういえば、この子は私の似顔絵も書いてたなあ。写真に撮ったはず」と思い、帰宅後探してみました。

発見!!!

12687996_1132102496800059_4609892015603835498_n.jpg

全部怒ってる顔でした。

「やかましい!」っていうセリフも、笑えます。

私の授業では私語はまず無いんですが、たまに休憩時間からの続きで出席取ろうとしてもざわざわしている時があります。
そういうとき、確かに私は「静かにしなさい」とか「うるさいですよ」とか言わず、一言

「やかましいっ!!」

と言って、シーンとした瞬間に出席をとってました。

よく観察してるもんだね。でも、そんなにいつもいつも怒ってないつもりなんだけども・・・・(笑)

そして、この似顔絵をとあるSNSにアップロードしたら、大好評。
しかも、この絵を描いた新婦が

「なんと懐かしい!
まだ保存して下さっていたなんて感激です。
約10年振りに描いてみました。」

と反応あり、久しぶりに新しい似顔絵を書いてました。
それが、こちら。

タイトル
「学生の課題の出来が全体的に良くてベタ褒めするも前日に阪神が負けた苛立ちを隠しきれない5限目の成本先生」

942854_1133050263371949_1849113962816622008_n.jpg


「めっちゃ褒めてんけど今」もよく言います。言われてみれば。


そして、つい先日別の大学での授業中のこと。

ハッと気付いたら私の姿勢は、教卓に右腕ついてもたれかかり、左腕は腰に。
まったくこの似顔絵通りの姿勢で講義してました。
笑える。


それにしても、学生はよく見てます。
私はピアスはたいていぶら下がってるものをつけて、ピアスとネックレスを揃えることが多いのですが、新しい方の似顔絵、ちゃんとそうなってるのも、すごいです。

スポンサーサイト
2016-02-12

コンサートのお知らせ「High Strings - Deep Voice」

ウクライナでの初演以降、再度ウクライナ、カナダ、日本で演奏された私の作品《The Sound of Water from Basho's Haiku》が、オーストリアのバーデン・バイ・ウィーンにて再演されます。
近くにおられる方はぜひ聴いてください。
また、この辺りにお友達がいらっしゃる方、お知らせ頂けると幸いです。
詳しいインフォメーションは下にあります。
12744512_10207089763577368_4785507078965833649_n.jpg

この作品の初演で初めてウクライナに行きました。
その後、ウクライナのドネツクでも再演されましたが、この街の名前を、きな臭いニュースで聞くことが多くなり、何となく心がざわざわしてました。
ウクライナへはトルコ航空で。イスタンブール乗り継ぎ。
帰りの乗り継ぎ時間が13時間もあったので、トルコに入国してイスタンブール観光。
まさに、私が観光していたブルーモスクの近くで、1月には自爆テロがありました。
こういうニュースがなくなるように、いつも祈っています。

2012年の初演時にウクライナを訪れた様子は、こちらにあります。
<2012年ウクライナ&トルコ>



【High Strings Deep Voice 】
-A chamber music project for bass-baritone, violin and piano-
: : February 23th 2016, 7:30pm
: : Bühne Baden, Max Reinhardt Foyer
: : Katharina Radlberger(vn),Rupert Bergmann(bass-baritone),Christoph Traxler(pf)
: : Joseph Haydn, Richard Wagner, Franz Schubert, Hugo Wolf, Norbert Sprongl und Rica Narimoto

www.rupert-bergmann.at/highstrings.html(English)
http://www.buehnebaden.at (theater)
https://www.buehnebaden.at/spielplan-und-karten/113-high-string-deep-voice (German)
https://www.facebook.com/events/977073445691770/ (Facebook page)
2016-02-02

台湾からの贈り物

台湾から国際郵便。
fc2blog_20160202185602f89.jpg


封を切ると出て来たのは・・・・
fc2blog_20160202185629557.jpg



ノート?



手紙も入っている。
差出人は、アメリカ在住の台湾出身の作曲家、Chen-Hui Jen。
彼女とは、私がACCグランティとして2011年にアメリカに住んでいた時知り合った。
UCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校)教授である作曲家、チナリー・ウンに会うため、ニューヨークからサンディエゴに行った時のこと。
空港から大学までどうやって行けば良いのか、チナリーとメールをやりとりしているとき、「僕の生徒に迎えに行かせるから、安心して」と返事をくれた。
その時、空港まで迎えに来てくれたのが当時博士課程の学生だったChen-Huiと同じくチナリーの生徒でChen-HuiのパートナーであるJacobの二人だった。
二人は、私を一旦ホテルまで連れて行ってくれて、1人でチェックインするのを不安がる私の為に、一緒にフロントまで来てくれてチェックインを手伝ってくれた(この頃はアメリカ生活まだ2ヶ月というころで、いまひとつ英語に自信がなかった)。
その後、UCSDにも連れて行ってくれ、私がサンディエゴに滞在している間、色々と二人で助けてくれた。

そんなChen-Huiはアメリカに住んでいるのだが、だんなさんのJacobとともに昨年から1年間だけ台湾にいる。

私が日本に帰国してからは、Facebookでお互いの近況を知ることになる。
ある日、彼女が日本のサイトで、気に入ったものを見つけたけど、アメリカからは注文できなさそうだという記事をアップした。
だから、私が代わりに購入して送ろうか?と言ったんだけど、アメリカまでの送料も結構高くて、断念。

昨年、たまたま同じものを日本の雑貨屋さんで見つけ、そういえば、Chen-Huiは今台湾にいるんだったなと思ったので、初めて会ったときもとても良くしてくれたし、お礼も込めて送ろうって思い立って、台湾にいるChen-Huiにプレゼントした。

すごく気に入ってくれたようで、私も良かったーと思っていたら、今回は、彼女からギフトが。

手紙には、私からのプレゼントをとても気に入ったことと、近い将来、Chen-HuiとパートナーのJacobと私の3人で会おうね!と書かれていた。
そして、台湾の楽譜屋さんでつくられたメモのノートをプレゼントするね!と書かれていた。
しかも、このノートはChen-Huiがデザインしたものだって!!

ノートの中をあけると・・・・。

fc2blog_20160202185652210.jpg

Chen-Huiは、私の作曲のメモの仕方や五線の好み等は、知らないのだけど、このノート、五線の幅が私の好みストライク。そして、色々なアイデアやメモは方眼のノートに書くことが多い。

開くとこんな感じ。
fc2blog_20160202185707870.jpg

早速使おう!!

日本に帰って来てからも、アメリカで知り合った友人たちとこうやってずっとやりとりできるのって、本当に嬉しい。

Chen-Hui達がアメリカに帰る前、台湾にいる間に会えたら良いんだけどなあ。
でもまたアメリカででも会えるかな。

当時のブログには、彼女の名前は出て来ないんだけど、ここに一緒に写ってる写真がありました。
再掲。
前列一番右の女性が、Chen-Hui。
一番後ろの列の細くて背の高い男性がJacob。(チナリーとスーザンの間から顔を出してる男性)
ちなみに、前から2列目一番左に写ってるのが私。
248427_10150197162882968_783307967_7141236_7780298_n.jpg
(2011年6月 Recital Hall at CSUSB)
2016-02-02

教え子の結婚式とスーツ

気付けば、お正月に記事を書いて以来、1月は更新してませんでした。
ちょっと、集中している仕事があるため、なかなか気持ちに余裕ができません・・・。

そんな中、教え子の結婚式がありました。

さて。
何を着ようか。

「恩師」として出席するわけだから、新婦友人が着るようなフォーマルドレスじゃないよなあ・・・・。
でも、私は、派手な花柄とか和柄とか真っ赤とか、そういうワンピースかカットソーならいっぱいあるし、フォーマルドレスも真っ赤のものはあるんだけど、今回はちょっと違うよねえ。。。。。。

やっぱり、フォーマルのスーツ?

そう思って、色々探したんですが、40代が着るフォーマルのスーツって探すと、黒とグレーとか、紺、ベージュなどが多くて、私のカラー、赤がなかなかない。
(そもそもベージュは絶望的なほどに合わない)

一度なんて、グーグルで「スーツ 赤」というキーワードで検索したら、こんなだった↓ ビックリ
12112393_1077520398924936_7850200324233261268_n.jpg


この後、さらに「レディース」と、キーワードを足したら、こうなりましたが。
11049580_1077563108920665_2760006539259238756_n.jpg

それでも、イメージとはだいぶ違う。


でも、まあ、どうにかこうにか、お気に入りのスーツを見つけました。
これ↓
12654691_1128555253821450_2558660857322456982_n.jpg

そして、当日はこんな感じで↓
12674420_10204270658567044_1575478053_nK.jpeg

結婚式の後、新婦からのメールをもらいましたが、そこには
(私のスーツが)「赤いので、入場するときにすぐ見つけられました。今日も素敵でした〜♪
やっぱり先生はりかちゃんカラーのお洋服が一番よくお似合いです♡
私が初めて先生にお会いした大学一年生の時も、ワインレッドのシャツを着ていらしたのですよ。」
と書かれてました。
そうだったのか。私は覚えてないけど、まあ、たいてい赤着てるから、そうだろうなあ・・・・。


とにかく、教え子が、本当に幸せそうで、私もとても幸せな気持ちになった一日でした。
プロフィール

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学、金城学院大学(名古屋)、名古屋芸術大学、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。金沢在住(関東、関西、東海、北陸の4つの地方を年中飛び回っている)。
2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)