--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-12-27

手編みのプレゼント

ベストフレンドとも言うべき、フルート奏者の丹下聡子さんから、プレゼントが届きました。

手編みのスヌード!!

すっごくあったかーい。

12316073_1100025146674461_8797763358118386315_n.jpg

さとこ、ありがとー。
スポンサーサイト
2015-12-22

ニキ・ド・サンファル展

東京の国立新美術館で行われていたニキ・ド・サンファル展、終了間際に行ってきました。
(既に終了しています)

ニキ展を見るのって、もう何回目かな。
本当に大好きな美術家です。

既に何度も見た作品も多いですが、今回初めて見る作品もあって、楽しみました。

場内では2カ所だけ写真撮影が出来るところがあったので撮影。

ファイル 2015-12-22 19 48 23
「ブッダ」という作品です。

ここでは、いつも通りの撮影も。
ファイル 2015-12-22 19 48 12

「射撃絵画」「ナナ」「タロット」「さまざまな宗教」
彼女の変遷がとても興味深いです。

夢は、ニキが作ったイタリアのタロットガーデンに行くこと!!
いつか、行けるといいなあ。

美術館のロビーに展示されていた巨大ナナ。
ナナの模様は公募で決まったそうです。
ファイル 2015-12-22 19 47 55
2015-12-20

Sunonとの再会

ACC(アジアン・カルチュラル・カウンシル)のグランティーとして2011年にニューヨークに住んでいたとき、同じアパートに住んでいたタイ人ダンサーのSunon(スノン)。
彼はいつもおだやかで、とてもジェントルマンだった。
同じプログラムでタイから来ていたのだが、彼も主にリサーチが目的だったので、アメリカでは彼のダンスを見る機会はなかった。
それが、日本で公演があるというので、見に行って来た。
(10日ほど前のことなのですが・・・)
小池博史演出:「幻祭前夜ーマハーバーラタより」です。
踊っているSunonを初めて見た。
何これ、めちゃカッコいい!!!
素晴らしかった。
舞台も、内容を予習して行ってあったので、とても楽しめました。
すごく面白かった。
舞台後、スノンと実に4年ぶりの再会!
12342502_1098868440123465_8774101987374881521_n.jpg
そして、近くのカフェでお茶しながら、かなりいろんなことを話しました。
ニューヨークのこと、お互いの帰国後のこと、そして、今のこと、これからしたいこと。
本当に楽しくて、あっという間に時間がすぎました。
次はいつ会えるかな。
ACCのグランティ仲間は、会うとすごく元気をもらえる。
私も、もっと頑張ろうって思える。
Sunon、また会おうね!
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学、金城学院大学(名古屋)、名古屋芸術大学、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。金沢在住(関東、関西、東海、北陸の4つの地方を年中飛び回っている)。
2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。