2011-05-27

Jin Hi Kimに会う

もう3週間ほど前の話になりますが、Komungo奏者で作曲家のJin Him Kimさんのスタジオにinterviewにお邪魔ました。

場所は、ニューヨークからMetro-North Railroad(特急)で1時間ほど海沿いを走ったところにあるコネチカット州のBridgeport。
出発のグランドセントラル駅。
P5090592_s.jpg

鉄道での長距離移動は、アメリカに来てから初めてだったので、この日も緊張しました。
ま、1時間半ほどでしたけどね。
最初、指定席なんだか、自由席なんだかよくわからなくて、電車にのってから、近くのおじさんに聞いたら、「どこでも座って良いんだよ。どこに行くの?」と聞かれました。
「Bridgeportです。」と答え、適当に座る。

そして、無事Bridgeport駅。
P5090612_s.jpg

駅が近づいたら、さっきのおじさんが「Bridgeportだよ」と教えてくれた。
私も、路線図を握りしめて、停車駅を確認していたけれど、これで確実。
おじさん、ありがとう!!

駅ホームからの眺め。
P5090613_s.jpg

無事に、駅でJin Hiさんと会う。
この日が初対面。

そして、この日は、韓国から来ていた若い音楽家二人も一緒でした。
P5090615_s.jpg
左はDaegeum(韓国の伝統楽器、横笛)奏者のSeungmin Chaさん。
右はPiri(韓国の伝統楽器、日本の篳篥のような楽器)奏者のGamin H. Kangさん。
(相変わらず、湿度の高いところでは残念な事になっている私の前髪)

色々話していると、Seungminが、
「私は、リカを見かけた事があると思うんだけど・・・」と言い出した。
え?どこで??
そして、判明したのが、少し前に書いた「コンサート会場が閉まったままで高級アパートメントで急遽ライブ開催となった珍事件」の日!
あの日、Seungminもいたんだって!気付かなかったなあ。

そして、話の流れで、先日初めてコンサートで韓国のパンソリを聞いたと言うと、今度はGaminが「コリアンタウンで先月末にあったコンサート?」と言う。
「そうそう!Ye Jinのコンサートだよ」と答えると
「私もいたよ!!」

というわけで、二人とは知らないうちに同じ空間で過ごしていた事が判明。

ちなみに、この二人は韓国政府の奨学金で3ヶ月ニューヨークに滞在。
あと1週間で韓国に帰国するとのことでした。

さて、JinHiさんが、「せっかくだから海を見ましょう」と言って下さってドライブ。
上の3人で写っている写真はその時に撮ったもの。
こんな感じ。
P5090614_s.jpg

アメリカに来てから、ずーっと都会にいるので、これはテンションがあがりました。
海とか山を見たらテンションがあがる、ああ、私はやはり和歌山人。

さて。
Jim-Hiさんのスタジオにて。
この日は、とにかく色々な事を一緒に話しましょうということになりました。
そして、なんと、私は話を伺うだけのつもりでいたのですが、Jim-Hiさんが
「せっかくだから、リカも自分の作品と、あなたが使っている一中節についてレクチャーして!」と・・・。
Jim-Hiさんにお渡しするつもりで、自分の作品の音源は持って行ってあったので大丈夫なのですが、一中節に関する資料等は、アパートに置いて来ちゃったよ。
ってか、英語だよね・・・・.

でもまあ、頑張りました。
自分の作品に着いては、英語で書いた作品解説を思い出しつつ。

私が話して行く中で、Jim-Hiさんからは「自国の伝統音楽を自分の表現に取り入れた創作をする場合、自国の演奏者、観客相手の時には何も問題が無くても、外国人相手だと、なかなか簡単にいかないことが沢山ある」との発言。
そして、その後「作品の説明も勿論、その音楽のニュアンスとか、時間や空間など。例えば、私はこうしているよ」と言って、彼女のオーケストラ作品を、スコアを見ながら聞かせてもらいました。
記譜のあちこちに、いろんな工夫がされていて、とても興味深く楽譜を読みました。

その次は、私以外の3人でセッション。
私は、演奏する物がないので、完全にお客さんになって、楽しみました。
おもしろーい!と思って、楽しんでいると、Jim-Hiさんから
「リカも参加して。リカの意見通りにやってみるから、何か意見をちょうだい」と突然の指名。

「もっと、3人の音程が近づいたらどうかな?
2度とか、もっと近くとか・・・」

即座に、これまでよりも、ずっと近づいた音程でセッションが始まる。
おもしろーい。
Jim-Hiさんも「これいいね!」と言って下さる。

楽しいなあ。
ちなみに、これがKomungo
P5090616_s.jpg
これは、Electronic Komungoです。

Piri
P5090618_s.jpg

Daegeumの写真は撮るのを忘れてしまいました・・・。

その後、Jim-Hiさんの舞台作品「DONG DONG TOUCHING THE MOONS」のDVDを見ながら、解説していただきました。
この作品がすごく面白かった!
そして、何より私が一番聞きたかった「その作品で一番核になっている”音楽以外のアイデア”をどうリアリゼーションして行くのか」ということを、すごく詳しく具体的に説明して下さり、感激!

すごく濃い一日を過ごさせていただきました。
Jin-Hi さんと記念写真。
P5090620_s.jpg


Jin-Hi KimさんのHPはコチラ↓
http://www.jinhikim.com/index.html
スポンサーサイト

tag : 2011アメリカ/ひと

2011-05-24

グルメ記事

「おいしいものの話はまだ?」


と、友人に聞かれた。


そうそう、「理香さんのブログって食べる物の話ばっかりですよね」と言われてしまうほど(実際はそうでもないのだが)、おいしいもの食べたら書いていたんだった。


ちゃんと記事に書く時間はないので、こちらにアップして行っています。
よろしかったらどうぞ。
もぐもぐ日記

実際は、ほとんど1人で行動している為、チップのいるようなレストランに入る事はたまにしかない。
お昼は大抵家で作って食べる。
夜はコンサートやライブがだいたい午後8時からなので、会場近くでサンドイッチなどちょっと食べておく。
または、深夜帰宅してから作りおきのものを食べる。
または、深夜帰宅途中にスーパーでお寿司みたいなもの買って帰って食べる。

というのが、大抵のパターンなので、簡単な物ばかりです。

現実問題、Grantも無限にあるわけではありませんから、食事より、自分の研究の方にガンガン使いたいというのが一番かな。


とりあえず一枚だけ。
P4200241_s.jpg
↑アパート近くの24時間営業のお店にて、ランチ。

tag : 2011アメリカ/生活・街

2011-05-21

大きいし高いし多いし。

アメリカに来ると、大抵何もかもが大きい。

レストランに入れば、一つ一つのお料理が笑っちゃうほど多い。
一人でご飯を食べに入って、お料理一つ頼んでも「これは、二人分ですか?」と思わず聞きたくなる量で出てくるのはデフォルト。
でもこれは、実はあんまり困らない。どうしてかと言うと、食べ切れなかったらお持ち帰りできるからだ。
大食いのはずのわたしが、持ち帰ることがあるんだから、本当に多いのだ。

大きさ故に困っているものは、色々ある。

例えばキッチン。
大きさと言うよりも高さだが、シンクの高さが日本より高い。
食材を切る時も、火を使う時も、洗い物する時も、すごく使いにくい。

そして、これは高さというよりも、置く場所の問題なのだけど、困っているのが電子レンジ。冷蔵庫の上に置いてある。確かに私の部屋のキッチンでは、冷蔵庫の上くらいしか電子レンジを置く場所がない。

しかーし。


冷蔵庫の高さは私の身長よりも高いのだ!!

チーンと鳴る。
背伸びをして扉を開ける。
ぴょんぴょん飛び上がって中を見る。
ターンテーブルの上の食器が、手前に来ていたら、ラッキー。
精一杯背伸びすれば届く。
(ただし片手が届く程度)

しかし、すごーく熱くなっている液体、スープとかリゾットとかは、いくら手前にきていても、背伸びして片手で届くだけだから両手を使えないとこぼしてしまうか、熱くて持てない。

そして、食器が奥の位置でターンテーブルが、止まっていると、アンラッキー。
高さのないお皿なんかだと、ぴょんぴょん飛び跳ねても、その姿すら見えない。

こうなるともう観念して椅子を持ってくる。

飛んだり跳ねたり運んだり乗ったりして、やっと食事にありつける。


ふー。
食事の前に一人で運動会。

バスルームの扉についている、バスタオルをかけるフック。
これもまた、えらく高い。
毎回、体を拭いた後には、ぴょんと飛びあがっててタオルを投げるようにして、かけている。
1回でうまく行けばいいけど、失敗して何回もぴょんぴょん飛び跳ねる事もある。



他には、椅子の高さが若干日本より高いので、いつも踵が着かない状態になることが多い。
地下鉄とか、レストランとか、コンサートホールとか。
いつも爪先立ち。

ちなみに、今もこれをパソコンで書きながら、足はつま先立ち。



そして、もう1つ困っているもの。
それは・・・・・・。



外出先のトイレ!!!!!!!

アパートのトイレでは、困っていないのだが、外出先、デパートとかホールとか図書館とか、トイレの高さが高いのだ!!

(これ以下、お下品な話になります故、たたみます。気になる方は、続きからどうぞ。)
↓↓↓

続きを読む...

tag : 2011アメリカ/生活・街

2011-05-14

Boston日帰り(Chaya Czwernowin & Steven Takasugi & ハーバード大学)

作曲家のChaya CzwernowinとSteven Takasugiに会うため、ボストンへ向かいました。彼女たちはボストン近郊の街に住んでいて、自宅にお邪魔してきました。
彼らと私のパートナーは古い知り合いです。この二人の名前は、ACCの審査の為に一番最初に提出した計画書に既に名前を書いていたくらい、アメリカで絶対に会いたい二人でした。

Stevenとはこの日が初対面。Chayaとは先月コロンビア大学で行われた「Composer Portraits - Miller Theatre at Columbia University - Chaya Czwernowin」というコンサートで初めて会いました。
この時は挨拶だけして「またメールで詳しい日を決めましょう」と約束して終わりました。

そして訪問当日。
楽しくランチしながらご自宅で色んな話を聞きました。
音楽の話は勿論、彼女たちと私のパートナーが出会った頃の話まで、会話が弾みました。
勿論楽しいお喋りだけではありません。
先月の"Composer Portraits"で感じた事や疑問に思った事、彼女の作曲について知りたいと思った事など質問させていただきました。
今回も自分にも役立ちそうな興味深いヒントを得る事ができました。
Chayaからは、質問がバシバシ返ってきます。
「それについて、理香はどう思うの?」とか、全く新しい話題の質問とか。
これは、私自身がしっかり自分の考えがあるのか、問題意識を持っているのか、自分に突きつけられるわけで、短時間ではあったけれど、すごく大事な経験でした。
おまけに全部英語だから、すごく要点を絞り込まないと私にはしゃべる事がまだまだ難しいので、自分の考えを短時間で整理するという経験もできて、良かったー。

そして、持って行った私の作品の録音から、3月に初演した2本のクラリネットの為の作品を二人に聞いてもらってコメントをもらいました。

限られた時間だったけど、濃厚な時間を過ごせました。

さて、その後。
この日は、前後の予定の都合で、ボストン日帰りというスケジュールでした。

「理香はこの後、帰りの時間までどうするの?観光して行くの?」と聞かれたので、前日から決めていたお願いをしてみました。

「二人が今から大学に行くなら一緒に連れて行って欲しい。適当な所で降ろしてくれたら、一人で大学内をブラブラ歩いて回りたい!!」

会う日にちを決める時に、2時半には家を出てハーバード大学に行かなくてはいけないと聞いていたので、それならせっかくだから普通の観光よりも大学を見に行こうかなと思い立ったのです。

「良い考えだね!」と二人が言ってくれて、ハーバード大学まで連れて行ってもらいました。


二人とは、大学に着いた所でお別れ。
忙しい中、時間を作ってくれてありがとう!!

ハーバード大学は、観光客も訪れます。
こんなパンフレットもあります。
P5090621_s001.jpgP5100622_s001.jpg

しかし、このパンフレットを手に入れる前に、既に無計画に歩き回っており、出発の時間も近付いて来ているし、どうしようかな~と思ったのですが、せっかくだから超早足でこのガイド通り歩く事にしました。


説明を読みながら写真を撮りながら早足で歩き回りました。

全長80Kmに及ぶ本棚に350万冊の蔵書を誇るワイドナー図書館。
P5020524_s.jpg


Memorial Hall Sanders Theatre
南北戦争中、北軍のために戦って戦死した、ハーバードの学生を称え建てられたもの。
P5020533_s.jpg


Science Center
P5020537_s.jpg


Memorial Church
教会内部のプレートや壁には、第一次、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争で戦死した卒業生の名前が刻まれているそうです。
P5020539_s.jpg


そして最後はハーバードさんと記念撮影。
P5020540_s.jpg


普段は警戒して、シャッターを頼まないのですが、この時は中国人のご夫婦が写真を撮り合いしていたのでお願いしてみました。

ボストン日帰りの巻でした。

おまけ
ちょうど、本拠地を通る電車に乗っていたのでこういうものを目にしました。
P5020500_s.jpg

tag : 2011アメリカ/ひと

2011-05-06

珍事件?

"Two Bamboo Flutes"というライブを聴きに出かけました。
Bansuri(Indian Banboo Flute)と尺八がメインです。

場所は、これまでに何度か行っているところだったので、心配無し。
少し早めに出かけて、ライブハウス近くのオーガニックのお店で買い物。
そして、有名な「KATZ's Delicatessen」で晩ご飯。

気付いたら、開演ギリギリ。
ちょっと、早足でライブハウスに向かう。

ここのライブハウスでは、HPで時間が「8:00PM」って書かれてるからと思って30分前に着くようにいったら、まだまだ誰もいないとか、それどころか「遅くなっちゃった!!」と思って、早足で歩いて汗だくで8時2分前に着いたら、お客さんまだ誰も来てないとか、毎回そんな感じ。

だから今回も開演ギリギリと行っても、8時に着けば多分大丈夫だろうと思っていました。

それでも、何となく早足で向かい、ライブハウスが見えて来た。
交差点の角の建物で、その角の部分に扉があります。

近づくと、何人も人が立っている。

おや、まだリハ中とかで中に入れてくれないのかなあと思いながら、更に歩いて行くと。

その人たちの中に、今日の出演者、Ralphを見つける。
ん?どうした?
リハが終わって、外に喋りに出て来たのかしら??

それにしてももう8時なのになあ・・・・と思い、ライブハウスの扉を見ると・・・・・





シャッターが閉まってる!!!


え?どういうこと?


Ralphに訪ねる。
会場の人が来なくて開けられない。
そして、連絡もつかない。
(小さな会場なので、会場の人っていつもお兄さん1人)

この日は、結構寒かった。
数日前まではもうコートがいらなくくらいになっていたのに、冬に戻ったかのような気温で、みんなコートにマフラーという格好。
その寒空の下、出演者もお客さんも談笑しながらひたすら立っている。

8時20分くらいになった時かな。

「会場を提供するよ」と言ってくれた男性が出て来て、急遽場所を変えて、ライブをすることになった。
そのやりとりをちゃんと聞いていなかったんだけれど、移動先の住所を聞いている時「○○大学の・・・・」という言葉が聞こえて来たので、「ああ、誰かが大学の先生で大学のその人の部屋とか、教室とか使えるのかな」と思っていた。

そうしたら・・・・・。

提供された会場というのは、その方のマンションだった!!!!!


マンションの中で急に20-30人が行って、そこに入って、そしてライブができるってどういうこと?
想像できないーーー。

タクシーで移動。
いやー、確かに高級マンションですわ。
すっごいマンションでした。

そして、急遽リビングに椅子を並べ、ライブ開始。

P5040560_s.jpg


Teiji Ito 'Watermill' と、Henry Cowell "The Universal Flute"という2曲が演奏されました。

心地よい緊張感に包まれて、穏やかな時間を過ごしました。



なかなか面白い体験でした!

tag : 2011アメリカ/コンサート

2011-05-04

再会と出会い

日常生活の中でも、新しい出会いや再会ってある。

今回みたいにたった1人で、外国にぽーんと放り込まれた環境だと当然新しい出会いだらけ。
そして、再会ももちろん。

前回のエントリーにちらっと出て来た、母校の後輩で現在ニューヨークで活躍しているバスーン奏者のモリショウ君とは、こちらに着いてすぐに再会した。
さらっと書いたけれど、実に17年ぶりの再会。
要は、卒業以来ということ。
モリショウ君おすすめの、アッパーウェストサイドのベトナム料理屋さんで再会。
懐かしい話に花が咲き、また色々な情報をもらい、お料理のおいしくて、すごく楽しい時間を過ごしました。

そして、もう1人懐かしい再会。
現在、ボストンで活躍中のジャズピアニストのMihokoさん。
彼女とも、多分17-18年ぶりくらいの再会。
彼女がちょうど用があってニューヨークに来ていたので、早速再会。
ジャズのライブを一緒に聞きに行って、その後食事しました。
昔から美しい人だなあと思っていたけれど、昔と変わらず、いや、昔以上にキラキラしていてカッコいい。
再会した瞬間、横断歩道の真ん中で、思わず抱き合っちゃいました。


そして、沢山の出会いです。


P4150194_s.jpg

これは、ACCでのミーティングの時に撮影。
一番左の男性はACCのRalph。
この日は、私のプログラムの為のアドバイスや情報を色々と持って来てくれました。
中身の濃いミーティングができました。
Ralphは、日本語もすごくうまくて、尺八の演奏家でもあります。
私のGrantが決定した後、彼とは東京でお会いしたのですが、今以上に英語がダメダメな私とはずっと日本語で者喋ってくれました(汗)
あ、この日のミーティングは英語でしたよ。

私。
この日は雨模様。
アメリカにドライヤーを持って来なかったのでくせ毛の前髪が残念な事になっているのは、まあ、ご愛嬌。

次の男性は、私と同じくACC GranteeのYan Jun。
北京から来ています。Electronic musicを中心に活動しています。
彼はもうすぐ中国に帰国です。
Grantee全員のプログラムが、いっせいにヨーイドン!と同じ時に始まる訳ではないし、期間も人によって違うので、常にこうして、帰国する人、渡米して来た人と入れ替わりがあります。
Yan Junのホームページ。
http://www.yanjun.org/

その隣の女性は、ACCのCecily。
私のプログラムの担当をしてくれています。
とにかく、彼女は頭が切れるし、守備範囲は広いし、すごいです。
彼女から、重要な情報が次々と出てきます。
アドバイスも的確です。

一番右の女性は、 Tracie Morrisさん。
Poet、Singer、Performer・・・。
言葉を扱った色々な活動をしてらっしゃいます。
彼女はACCのプログラムで日本に滞在した事があるのだそうです。
ACCは、アジアからアメリカへだけでなく、アメリカからアジアへという方向でも支援をしているのです。
彼女のサイト。
http://tracieswebsite.net/

次はGranteeの集まり。
P4120164_s.jpg
もちろん、これで全員ではありません。
これは私が到着してまだ1週間くらいの時のパーティです。
Granteeの1人がお誕生日、そして、前列中央のGranteeが帰国するので、Partyをしました。
それぞれが食べ物を持ち寄って楽しくわいわい。
私の隣の女性は、ACCスタッフです。
私以外は、全員中国系のGranteeだったので、中国語も飛び交ってました。

P4290409k_s.jpg

韓国の伝統芸能である、パンソリのコンサートに行った時の写真です。
色々、面白い発見があったので、本番直後のパンソリ歌手Ye Jin Kimさんに急遽インタビューさせてもらいました。
快く応じて下さり、色々私の疑問に応えてくれました。
「また疑問が出て来たらメール下さい」と言っていただきました。
内容に関しては後々、きちんとまとめたいのです。
一番左は、上海からのGrantee、指揮者のYi Jie。
その右は、Singer、PerformerのJen Shyu。
Jen Shyuはアメリカ人ですが、ルーツがアジアにあるので、ACCのプログラムでGranteeとしてアジアに滞在したことがあるそうです。
生で聞くパンソリは、ものすごい迫力でした。

以前少し話題に出た、Pauline Oriverosのところで出会ったニューヨーク大学の留学生Sonia。
P5010490_s.jpg
彼女の作品のコンサートでした。

タイからのGrantee、Visual Artistの、Som Sutthirat Supaparinyaさん。
with rica_s

Meetingで初めて会ったのですが、何だか気があったので、meeting終了後、観光客はまず行かないディープスポットに遊びに行ってきました。有名なマンハッタンのチャイナタウンよりも、もっとディープなチャイナタウンです。

以下は、独立した記事にしたいのですが、とりあえず記録として。
先日、日帰りでボストンに行き、作曲家のChaya CzernowinとSteven Takasugiに会ってきました。
帰りの記念撮影です。
P5020501_s.jpg
P5020502_s.jpg


出会い編でした。


毎日毎日、記事になりそうなことを、いっぱい体験しています。
ブログを書く時間がとれないほど、充実しています。
もしかしたら、日本にいた時よりも、ずっと忙しいかも???

tag : 2011アメリカ/ひと

プロフィール

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学、金城学院大学(名古屋)、名古屋芸術大学、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。金沢在住(関東、関西、東海、北陸の4つの地方を年中飛び回っている)。
2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)