--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-27

David Loeb

このままだと、アメリカに菜箸探しに来たみたいなので、さっさと更新しよう。

もちろん、毎日毎日菜箸を探して過ごしていた訳ではないのだ。

前回のコンサートのエントリー以降も、ほぼ毎晩コンサートやライブに出かけては、せっせと情報収集をしています。

そして、先日は、アメリカ滞在のいくつかの目的のうちの1つ、作曲家へのインタビュー第1弾を行いました。

今回、お話を聞いたのは、作曲家・東洋音楽研究家のDavid Loebさん。
Mannes College of Musicの教授でもあります。

彼のことは、私の後輩で、このMannesを卒業し、そのままニューヨークで活躍しているバスーン奏者モリショウ君に教えてもらいました。

ACCを通じて、インタビューを申し込んだところ、すぐにお返事をくださり、
「では、Ms.Narimotoに、私に電話で連絡をくれるようお伝え下さい。」
とのメールが転送されてきました。


電話・・・・。

電話、苦手なんだよ・・・・。

と思ったら、その次の文には「日本語で話しますから」


!!!!!!

そういえば、モリショウ君も、Loeb先生は日本語すごくうまいと言っていたな。

というわけで、無事に電話でお話しし、先日ご自宅まで伺ってきました。


色々と面白いお話が聞けました。
Loebさんが、日本の楽器の為に作曲したり、日本の楽器、アジアの楽器、音楽に興味を持ち始めた一番最初のきっかけは、「委嘱」だったのだそうです。
1960年代、当時コロンビア大学にいた唯是震一さんが、日本の楽器の為に作曲してほしいとアメリカ人の作曲家何人かに呼びかけ、これに応えたのは、Loebさんだけだったのです。
その後、日本の楽器や日本の音楽の事は日本で色々勉強しようと、約2-3年おきに日本に数ヶ月滞在しながら、すでに帰国していた唯是震一さんから色々教えを受けた。だから、日本語が喋れるのですね。

その後、色々と作曲そのものの話や作品のお話を伺いました。
ここが、一番肝心ですが、また、これはちゃんとまとめてレポートにしようと思っています。

話の流れで、私がお箏の作品を書こうとしても、じつはある事でつまずいてなかなか先に進めず、未だに書いた事がないのだという話をしたら、まったく逆の発想をするとうまく行きますよと言って、具体的な方法論でアドバイスをしていただきました。
なるほどー。目から鱗!
これも、またまとめる・・・いや、せっかくだから、近いうちに箏の事を書いてみるのがいいかな。

最後には、私の帰国までの間のLoebさんのスケジュールを教えて下さり、またいらっしゃいと行っていただきました。
CDと楽譜もいただきました。

実は奥様が有名なキルト作家で、CDの表紙は奥様の作品でした。

Loebさんのコレクションの前で記念撮影です。
P4260341_s.jpg

Loebさん、ありがとうございました!




スポンサーサイト

tag : 2011アメリカ/ひと

2011-04-26

菜箸ラブ2

しつこいけれど、菜箸。

ACCのスタッフが、実は私のアパートメントのすぐ近くに、アジア系のスーパーがあると教えてくれた。

え???
マンハッタンまで出かけてたよーーーー。

駅を挟んでアパートとは反対側だったので、全然気付かなかったのでした。


早速行ってみた。
韓国、中国、日本という感じ。
ハングル、漢字、ひらがな、カタカナ。


いろんな文字が踊っている。

IMG_0186.jpg

ひらがなが微妙に間違っているなんてのは、まあお約束。

出前一丁海鮮味。
IMG_0189.jpg
(出前一丁に限らず、マルチャンとか日清とかのインスタントラーメンをどのスーパーでも必ず見かける。アジア系じゃなくてもね。人気があるのかな。)



そして、ここで、見つけてしまった。



菜箸を!!!!!!



あんなに、探し回ったのに、アパートからたった5分のところに・・・・。


と思ったが、よく見たら・・・・・


45cm


と書いてある。

手に取ってみる。


長過ぎ!!!!


やっぱ、菜箸は苦労して手に入れた今のものが使いやすい。
45cmってかなり長いよね。

tag : 2011アメリカ/生活・街

2011-04-21

菜箸ラブ

少しずつ、生活の話なども書いていこう。

アメリカに来る前に、このブログに度々登場する、昔の教え子で現在はコロラド州在住のバスーン奏者ウノに、生活面での色々を聞いておいたのだけど、来てみて初めて「あ、しまったな」と思う事も色々あります。

今回の滞在は、アパート(住むところ)は用意されており、食器や調理道具、リネン等様々な生活用品も用意されているという大変恵まれた環境です。
炊飯器まで置いてくれているんです。

料理関係では日本からは、塗りのお箸を1膳だけもって来ました。

さて。
アパートに入居して、すぐ近所にある24時間営業のスーパーであれこれ買い物して自炊生活開始です。


そして、台所の引き出しを開けて気付く。



菜箸が無い!!!


手元にあるのは塗りのお箸のみ。
その日は恐る恐る塗りのお箸で調理。
不便だし、そもそもこのお箸でフライパンぐるぐるしたくない!

ここは、大都会ニューヨーク!
菜箸くらいその辺に売ってるだろう・・・


と思ったら甘かった!

マンハッタンに出かける度に、そういうものが売っていそうなところを物色するも、見当たらない。
せめて割り箸でも・・・と思うんだけど、それもない。

菜箸はいずこ?

ギブミーさいばーーーーーーーーーーーーし!!!!!!!



こりゃあ話に聞いていた、ニュージャージーにある大型の日系のスーパーまで行かなくちゃダメか?
と思い始めていたのだけど、インターネットで色々検索して、マンハッタンに日系のスーパーを発見。
ようやく菜箸をゲット。

ああ、なんてお料理しやすいんでしょう。

菜箸が手に入りにくいとは、盲点でした。

実際はもっと手に入りやすいのかもしれないのですが、着いてすぐの話なので、菜箸にたどり着くまで随分時間がかかっちゃいました。

逆のパターンも。
私はかなり乾燥肌で、多少皮膚疾患も抱えているので、保湿はしっかりしなくちゃと、日本で普段使っている馬油をもって来ました。普段は並行してワセリン入りのジェルも使っています。
これはアメリカのものなので、日本でアメリカ行きの用意をしている時に「わざわざ持って行く必要も無いかな」とも思ったのですが、「でも、もしすぐに手に入らなかったりしたら困るかな」と思って、持って来ました。

そして、アパート入居初日、つまり入国してから約20時間後。
アパートから徒歩3分ほどのところにある99¢ショップに山積みになって売っているのを発見しました(価格は99¢ではありませんでしたが)。

こういう細かい事が、ちょこまかとあります。
来てみて初めて解る事とか気付く事って結構あるんですねえ・・・。

tag : 2011アメリカ/生活・街

2011-04-20

Pauline Oliveros!!

アメリカに来て、最も会いたい人のうちの1人、作曲家のPauline Oliverosさん。
早々に、彼女の主催のイベントがあったので、行ってきました。
この日は、コンサートを聞くだけで、また今度、ゆっくり面会を申し込むつもりでした。

場所は、ニューヨークから高速バスで2時間ほどの町、キングストン。
日本では、回数券を買って高速バスに乗りまくる私ですが、アメリカで高速バス・・・・緊張。
ほんと、いちいちが「初めてのおつかい」状態で、何をするにも緊張します。
高速バスも、キングストンが終点なら安心なのですが、途中で降りないといけないので、すごく不安。
そして、地図で調べたら、バスが止まるのは確かにバスターミナルなんだけど、電車の駅とは違うので、TAXIが拾えるのかどうかもとっても不安・・・・。
でもまあ、最悪ちんたらちんたら歩いて行こう!と思い、いざキングストンへ。

キングストンへのだいたいの到着時刻が事前にわかっていたのもあって無事にバスを下車。
P4170201(変換後)

さて。
下車してみたもののTAXIいない。
TAXI乗り場はあるんだけど。
そして、電話でTAXIを呼ぶ自信はない・・・・。
バスターミナルのお姉さんに、歩いてどのくらいか聞いてみる事にした。
そうしたら、すぐに乗り合いのTAXIを呼んでくれた!!
値段も聞いてくれて、助かった!
ありがとー。お姉さん。
ちなみに、お姉さんがTAXIの運転手さんと話している内容は
「バスターミナルからコーネルストリート77まで行ってほしいんだけど。女性1人で、英語があんまり喋れない。いくら?5ドル?OK。何分くらいで来る?10分?OK」
でした。
英語が喋れないです。はい。笑っちゃいました。


無事に、TAXIが来て、乗り込む。
「コーネルストリート77に行くってことは、君はアーチストかい?」
と聞かれた。

目指す「The Shirt Factory」は芸術家が集まる場所らしい。

10分ほどして到着。
P4170204(変換後)
「帰り、また必要ならここに電話しなよ!」と言って、電話番号をくれた。
お兄さん、ありがとう。

おおー。
なんだか、ステキな建物ではないか。
P4170205(変換後)

中に入ると、廊下の右左に、大小の部屋が。
ほとんど、扉がしまっているのだけど、扉が開いている部屋を覗くと、美術家が使っているらしき部屋がちらほらと。
面白い場所だねー。
そして、目指す部屋「Deep Listening Institute」を発見。
P4170206(変換後)

しかし。
実は、ちょうど良いバスの時間がなくて、この時点で開演2時間前。
早すぎるよな・・・。
と躊躇していたら、中からちょうど人が出て来て、「あら、どうぞどうぞ」と招き入れてくれた。
「コンサートに来たんだけど、早く着いちゃって・・・」と話すと、「中で待ってると良いよ!」と中で待たせてもらえる事に。

そうこうしているうちに、OliverosさんとIoenさんが入って来た。
Ioenさんが声をかけてくださいって、Oliverosさんにも自己紹介。
そうしたら、「リカ、今日は帰り時間があるなら、コンサートの後ご飯食べに行くから、一緒に行こう!」と言って下さった!!!

さて。
イベントの始まり。
この日のイベントは、昨年亡くなったコラムニスト、エッセイストで作家であるJill Johnstonのためのイベント。
出演者は沢山!!!面白いイベントだった。

この日は、朗読、打楽器、歌、ハーモニカ、鐘、記録フィルムとのコラボレーションなどなど。
朗読は悲しいかな、私の英語力では全てを理解できず、みんなが笑っても私1人キョトンとしているような場面が多々あったけれど・・・。
でも、何人か朗読(という言い方でいいのかどうか、ちょっと自信ないんだけど)したけれど、それぞれ、テキストの内容や喋り方が違っていて、面白い。
この日はOliverosさんも詩の朗読をした。

表現するって、本当に色んな方法がある。

約3時間半のイベントはあっという間に終了。

Oliverosさんが紹介してくれて、ニューヨーク大学に留学中のスペイン人の作曲の学生Soniaとも知り合った。
Soniaが、来月あるNYUの作曲科のコンサートの事を教えてくれて、ぜひおいでよ!と言ってくれた。
「行く行く!!!」と返事。
Oliverosさんは「リカ、こういうコネクションを大切にしなさい」と。

人と知り合って、そこからまた、別の人と知り合って行く。
当たり前の事だけれど、ステキ。

そして、何人かでキングストンにある中国人が経営している日本料理店「KYOTO」へ。
こういうお店などのおもしろ話は、また改めて。

ここで、Oliverosさんと沢山お話した。
彼女は、金沢公演を数年前にしていて、私はそれを聞きに行った。
その時の話も色々した。

でも、やはりまだまだ私の英語力が追いつかない。
はがゆい!


来週、NYのブルックリンでコンサートあるよと教えて下さったので、また行こう。

憧れのポーリーンと、音楽の話をしながら、並んで焼きそばを食べた。
夢のような一日でした。
P4170207(変換後)
私が手に持っているのは、Oliverosさんの著書。
サインしてもらいました。

次回のコンサートも楽しみ!!!!


帰りは、このイベントに来ていた、Merce Cunningham Dance Companyで仕事していたJean Riggさんが「ニューヨークなら、乗って行くといいよ」とおっしゃって、車に乗せていただいて帰ってきました。

tag : 2011アメリカ/コンサート

2011-04-15

1週間

アメリカに到着して、はや一週間が経ちました。

到着した次の日、早速ミーティングがありましたが、それは結構簡単なもの。
「今日は、時差ぼけもあって疲れているだろうから、明日のお昼、もう一度ミーティングしましょう。」
ということになり、到着した3日目にこれからのプログラムについてのミーティングがありました。

私がアメリカでしたいこと、興味のある事を話して、それを実現するために、またはリサーチするために行くべきところ、会うべき人その他沢山のサジェスチョンを次々と提示してくれます。

驚くのは、担当のスタッフの知識の多さとカバーしているジャンルの広さ!

次から次へと、すごい量の情報が出てきます。

それだけでなく、私が、こういう人に会いたいんだけどという希望を伝えると、さっとコンタクトをとってくれます。
彼女が直接知らない人でも、うまくセッティングしてくれます。

うーん。すごいね。

そうして、ほぼ毎晩コンサートやライブにでかけています。

すっごく面白かったのは、"(le) poisson rouge"というライブハウスであった、"DJ Spooky presents : Contemporary Asian/American"と、"The STONE"であった、"Miya Masaoka and Vinny Golia"。
P4100133(変換後)
(写真は、(le) poisson rouge)

"(le) poisson rouge"ではの、最後にDJ Spooky本人も出て来て、Blue Pipa奏者のMin Xiao-Fenさんとセッション。
これがもうめっちゃくちゃ面白かった!!
P4100132(変換後)
(DJ Spooky)

Miya Masaokaさんは、ライブ後少しお話しさせていただいて、今度ゆっくりまたお話を伺う事になりました。
箏、作曲、サウンドインスタレーションという活動をされている方です。
ライブ、本当に面白かった!!


あとは、昨日、一昨日と2日続けてリンカーンセンターへ。
初日は、メトロポリタンオペラ、2日目はニューヨークフィルを聞きに。

メトロポリタンオペラでは「ヴォツェック」を鑑賞。
P4130182(変換後)

指揮は、ジェームス・レヴァイン。
すばらしかったー。
舞台セットが、黒一色のシンプルなもので、この話の暗さをさらに強調するかのよう。
しかし、マリーが殺されるところと、ヴォツェックが死ぬところでは、背景が真っ赤のライティングになって、非常に印象的。
べた塗りの真っ赤ではなく、まるで血のように、濃淡のある赤でした。
もちろん、演奏もすばらしい。

それにしても、最初にレヴァインが登場しただけで、アイドルが出て来たかのような歓声でした。
今年、レヴァインがメトロポリタンに来て40周年なんですね。

ニューヨークフィルは、
Liszt:Les Préludes
Gubaidulina:Two Paths
Brahms:Symphony No. 1
というブロプラム。
指揮は、リストとブラームスが、クルト・マズア、グバイドゥーリナがDaniel Boico。
P4120155(変換後)

ブラームスの交響曲第1番、大好きなのでうれしかったー。
あいかわらずうまく言葉にできないのですが、聞いた事無いような弦の響きが聞こえて来てびっくりしました。
ものすごく簡単に言えば、美しい響きだったのですけれど、他のオーケストラでも美しい弦の響きは沢山聞いて来ているはずで、何かどう違っていたのか、ちょっとこの辺は、自分の中でじっくりと思考したいところです。


さて、こんな感じで、ほぼ毎晩出かけて、情報収集と鑑賞にあたっています。
朝起きて、リサーチや情報収集。
昼から、図書館でのリサーチやミーティングなどの種々の用事の為に出かける。
夜は、コンサートかライブ。
という感じです。
びっくりするほど、規則正しいな・・・・。


そろそろ、いろんな芸術家に会って、インタビューも開始です。



この1週間、生活面ではあれこれとドタバタもありましたが、それはまた別の機会に。

tag : 2011アメリカ/コンサート

2011-04-08

初日のあれこれ

さて、アメリカ滞在記の始まりです。
ただ、これまでの旅行記みたいにちんたらちんたら書いていたら、今回は半年もあるので、絶対に全部書けない!!
なので、多少素っ気ない感じになりますが、あったことをできるだけ記録して行きたいなあと思っています。
このプログラム終了後には、英語でレポートも提出しないといけませんしね。
自分の記録のためにも。

4/6
小松空港を出発して仁川空港へ。
P4060008(変換後)

ここで乗り継いでニューヨークはJFK空港に。
空港には、ACCが手配してくれた、迎えの車が。
面倒見が良いプログラムだとは聞いていたけれど、本当にそうですね。
車は、一路、ホテルへ。
この日は雨が降っていて、雨の日の車が苦手な私は、長時間のフライトの疲れも手伝って、少々車酔い。
仁川空港に飛んだという事は、東に行くのに、一旦西に飛んだ訳で、フライトが長くなるんですね。
大韓航空を使いましたが、事前に何人かの知り合いに聞いた通り、とっても良かった!
小松空港からなら、仁川空港で乗り換えってすごく良いかも。
機内食もおすすめです。

あ、食べたものは、いつものようにグルメ編で。

さて、ホテルは、The Pod Hotel。
かわいらしいホテルでした。
狭かったけれど、清潔で良かった。

お部屋はこんな感じ。
P4070040(変換後)

かわいいです。

4/7
朝、随分早く目覚めました。
時差ぼけですね。
と言っても、6時過ぎですが。
もう一寝入りしてしまうと、きっと時差ぼけがさらにひどくなるので、
起きる事に。

それにしても、お腹がすいた。
ホテルの近所を散策して、スタバに。
結局は、知っているお店に入るというヘタレっぷり。
まだ、ちょっと英語に自信がなくて、店員さんと喋るのイヤだったんだもん・・・。
初日からヘタレ全開。
IMG_0094(変換後)

その後ホテルをチェックアウトして、いよいよACC本部へ。
最初のミーティングです。
ロックフェラーセンターの近くにあります。
IMG_0098(変換後)
(写真はロックフェラー)


極度の緊張で、もう息が出来ないかもと思うほどでしたが、実際にACCのスタッフに会ったら、緊張もほぐれました。心配していた英語も、もちろん、何度か「Pardon?」と言いましたが、無事に打ち合わせができました。

その後は、別のスタッフと銀行口座を開きに行って、そしてアパートへ。
Queensという地域です。
Manhattanに住んでみたかった気もしたのですが、実際にアパートを案内していただいて、その後、近所も案内していただいて、すっごく気に入りました。
アパートから歩いてすぐのところに、ありとあらゆる店舗があってすごく便利。
そして、町の雰囲気が、落ち着いていてとても良いです。
お部屋は
P4080047(変換後)
P4080050(変換後)
こんな感じです。

さて。
ACCのスタッフと別れて部屋に1人になり、最初にしたことは、床の拭き掃除!
床を雑巾がけしたなんて小学校以来くらいかも?
ここで、日本のクイックルワイパーの優秀さを実感。

なぜ、いきなり雑巾がけかというと、やはり、靴を脱いで生活したい!

そういうわけで、念入りにゴシゴシと床を拭いて、日本から持って来た
機内用兼用のスリッパを出して、靴脱ぎ生活の始まりです。

近所の店で、あれこれと必要な者を買いそろえて、
さて、生活の始まりです。

tag : 2011アメリカ/生活・街

2011-04-07

到着!

4月6日、小松空港を出発。
韓国の仁川空港で乗り継いで、同日の夜、ニューヨークに無事到着しました。

今日は、これからの半年間のプログラムについて、ACCのスタッフとミーティングです。
ACCのニューヨークのスタッフとは、これまで書面やメールでのやりとりだけだったので、今日が初対面です。ドキドキ。
充実した半年になるように頑張ります。

tag : 2011アメリカ/生活・街

2011-04-07

04/06のツイートまとめ

_r_i_c_a_

そして、ここに来てもポテチ。 http://t.co/woVLb9y
04-06 18:57

いよいよです。ちゃんと写ってないけど。 http://t.co/6RQf4Sl
04-06 18:56

インチョン国際空港なう。すごく綺麗で大きい。ここの乗り継ぎ気に入ったかも。これはiPodでWiFi接続して書いてる。空港にフリースポット。円も米ドルも使える。次のフライトまで後4時間半。空港内を探検しよう。
04-06 14:41

激励のメール、メッセージを沢山いただきました。ありがとうございました。準備でバタバタしていてお返事できてませんが、ニューヨークに落ち着いたらゆっくり返事します!行ってきまーす!
04-06 11:36

小松空港晴れ。もうすぐ搭乗。一旦インチョン空港に向かい、乗り継ぎ。不安と緊張MAX。グランティーに決定してから約10ヶ月。もっともっと準備出来ることがあったはずだといきなり反省モード。でも、I'll try my best!
04-06 11:27

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。