2009-12-23

矢野顕子「出前コンサート」ー金沢21世紀美術館 ベーゼンドルファーを弾くvol. 12

ギエムを見た後は、上野駅からついに廃止の決まった「寝台特急北陸」に乗って、金沢へ。
この日は、バレエを一緒に見たお友達が、ホームまでお見送りに来てくれました。
自分の個室に入ってから、車内にいる様子を友達が撮ってくれました。
DSCF4653(変換後)

いつも一人なので、こういう写真は初めて!
廃止も決まってしまったし、いい記念になりました。
(ちなみにこの日は満席。廃止ほんとに残念・・・・っていうか困る。ホントに困る。)


明朝、寝台で金沢着。

そして、その夜、金沢21世紀美術館で行われた『ベーゼンドルファーを弾くvol. 12 矢野顕子「出前コンサート」』へ。

ピアノだけで休憩無しの2時間ぶっ通し。
すっごく楽しかった!

実は、こうして生でじっくりと矢野顕子を聞いたのは初めてでした。

すばらしい!!!!
選ばれる音の一つ一つにすごいセンスを感じます。
うまく使わないと、グシャッと不協和な印象だけが残りそうな和音も、すごくカッコよく響く。
すごい!

声も、ほんとに良い声やなー�G���������͂��Ă�������
表情も、こっちがぽわ~んとなっちゃうほどカワイイ�n�[�g


上にも書いたけれど、ピアノのみ(ドラムもベースも何もナシ。本当にピアノ1台!!)で、2時間休憩無しのぶっ続けって、ものすごく体力もいるし、気持だってずっと保たなくちゃいけないし、ほんとにすごい。

「行って良かった!」と思えるコンサートでした!

そして、柿木畠でご飯でも食べようかと美術館から出て振り返ると、こんなでした。
PC192993(変換後)

あたりは暗いけれど、雪で真っ白な中に、美術館が浮かび上がっていました。
PC192998(変換後)

雪がつもると、本当に静かです。
PC192996(変換後)
スポンサーサイト
2009-12-20

聖なる怪物たち

大好きなバレリーナ、シルヴィ・ギエムとダンスのアクラム・カーンによる「聖なる怪物たち」を観に行きました。

私は、ダンスは本当に不勉強で、アクラム・カーンの名前は今回始めて知りました。
ダンス自体は見るのは好きなんですが、コンテンポラリーのダンスはあまりよく知りません。
コンテンポラリーは勅使河原三郎さんの舞台を見た事があるくらいかも・・・。
(これはこれで、すごい衝撃でした。)

今回もシルヴィ・ギエムを見たくて、カーンの事はよく知らないままに公演チケットを買ったのでした。


・・・・・・・・。

二人ともすごい舞台でした。
何がどうすごいのか、言葉で語るには、私はあまりに舞踊の事を知らない。

でも、人間が自分の肉体の全て(頭の先から足のつま先までというか、もう、全ての関節と、全ての筋肉と・・・・とにかく全て)をここまで自在にあやつりながら、「独自の表現」を追究していることに、心の底から感動しました。

書いていて、イヤになります。
独自の表現とか、心の底から感動とか、こんな陳腐しか表現できない事。

上にリンクをはった「聖なる怪物たち」のページでは、この舞台のほんの一部分を見る事ができます。
また、カーンのホームページではトップページで彼の腕を使った表現を見る事が出来ます。

フライヤーの写真でも使われていた、ギエムがカーンの腰に足を巻き付けて、彼女はまったく床に触れていない状態で二人で踊るシーンは、圧巻でした。


わかってはいたとこですが、バレエもダンスもやはり「芸術」だと、今回あらためて強く思いました。
ダンサーはアスリートのようなストイックさと鍛錬を求められるのでしょう。
でも、やはり、アスリートではなくてアーティストなのだと思います。

また、見たいな・・・・・。
2009-12-17

コンサート無事終了しました。

小串俊寿ハッピーサックスコンサート2009!東京公演、無事に終了いたしました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました!

すごく楽しいコンサートでした!!!
毎年、とても楽しいコンサートですけれど、今年はまた格別に楽しかったです。
会場の雰囲気もとても良くて、ほんと、良いコンサートでした。



私は今回2曲編曲させていただきましたが、1曲目はしっとりと、2曲目はノリノリに楽しく!と思って編曲しました。
1曲目では、すごく難しいパッセージが延々と続くピアノパートを、白石さんが涙が出るほど美しく弾いてくださりちょっと鳥肌が立ちました�A�b�v���[�h�t�@�C��
そして小串さんの「歌心」にもしびれました�T�b�N�X����J

2曲目では、3人のプレイヤーのノリの良さに感動!jumee��SaturdayNightFeverL

ステキな演奏をしていただいて、嬉しかったです。



来年のハッピーサックスコンサートの日程も、すでに決定。
2010年12月17日(金)銀座ブロッサム。

さあ、手帳に書き込みましょう~!


ありがとうございました!
2009-12-13

コンサートのお知らせ/小串俊寿ハッピーサックスコンサート2009!

img086.jpg img091.jpg
(クリックで大きくなります)

今年は、全国5カ所でのツアーとなりました、「小串俊寿ハッピーサックスコンサート2009!」。
いよいよ、最終公演である東京公演が近付いて参りました。

みなさん、ぜひお越し下さいね。
とっても楽しいコンサートです。

これを聞かなきゃ、年を越せない!?

----------------------------------------------------------------------------------
小串俊寿ハッピーサックスコンサート2009!

�T�b�N�X東京公演 �T�b�N�X
 12/16(水)19時開演 銀座ブロッサム
 入場料/一般¥3,000 学生¥2,000
 ゲスト/ルナソワール サクソフォーン カルテット

公演の問い合わせは野中貿易株式会社まで 045-211-2022
�{�^��01出演者�{�^��01
小串俊寿(Sax) 白石光隆(Pf) 横山達治(Perc)

�{�^��01プログラム�{�^��01
サンバ エクスプレス/真島俊夫:作曲
The Course of Life&Cancan /星出尚志:作曲
「バトル」5本のアルトサックスの為に/ 天野正道:作曲
「Happy Funky Sax」5本のサックスの為に/ 天野正道:作曲
大きな古時計/西上和子:編曲
ハッピーサックス「歌」セレクション!/成本理香:編曲
サンバ・フィエスタ2009!/鈴木英史:編曲


公演の問い合わせは野中貿易株式会社まで 045-211-2022

2009-12-06

サンマの桜干し&春菊

実家(和歌山)の母から、野菜とお魚が色々送られて来ました。
その中には私の大好物がいくつか。

大好物なんだけど、和歌山以外で見た事がないもの。

それは、サンマの桜干し。
みりん干しです。

さんま桜干し
(ちょっと冷凍の霜がついてますが・・・・)


和歌山を出てからは、名古屋、東京、金沢と住居を転々として来ましたが、サンマをこうやって桜干しにしているのは、今の所私は和歌山のスーパーでしか見たことがありません。
(もし、売っている所ご存知でしたら、ぜひ教えて下さい!)

甘くて大好きです。


それから、春菊。
春菊はどこでも手に入りますが、私が食べ慣れていたものと葉の形がちょっと違うんです。

私が好きなのは、こういう形↓
20091206121143(変換後)

葉の形は丸いライン、茎も平べったいです。
ギザギザのきつい春菊に比べると、緑色も少し薄いです。
20091206121233(変換後)

これは、金沢のスーパーでもたまに見かけます。


ちなみに、両方ともすでに私の胃の中です�A�b�v���[�h�t�@�C��

あとは、実家から送られて来て嬉しいのは「おネギ」。
あさつきよりは少し太いけれど、ワケギよりは細いくらいのもの。
おうどんなんかに入れる時は、うどんが見えなくなるほど入れるのが好きです。
このおネギも、和歌山以外では見た事がないので、送られて来たら必ず根っこを水栽培して再生します。
普段はあさつきで代用です。

母、いつもありがとー。
2009-12-04

イルミネーション

大学にて。

イルミネーション点灯です。
20091202181431_convert_20091204124249.jpg

5限(最後の授業)まで担当すると、後期になると帰る頃はいつも真っ暗で、寂しい感じがします。
でも、これを見られるのは、5限まで担当しているからこそですね。
2009-12-01

コタローシンガーズ ライブ

さて、大阪で行われた『近衛金管アンサンブル、聖バレンタイン・ブラスアンサンブル、大阪んブラスアンサンブル 創立30周年記念ジョイントコンサート』の次の日の事。
(関連記事はこの記事の下のエントリーにあります。)

大阪は東淀川区にある韓国家庭料理&焼肉専門店「山水野」にて、開店5周年のイベントが行われました。
20091129113405(変換後)

こんな感じです。
PB292865(変換後)

この日は「11月29日」。
そう、「イイニク・・・良い肉の日」です。

何度がご一緒させていただいているコタローシンガーズも出演。
急遽、今回もキーボードで共演させていただく事となりました。

店内はお客様で溢れ返って.....ってのは大げさかな。
でも、本当にぎゅーぎゅー詰めにお客様がいらっしゃいました。

とても良い雰囲気でライブが出来ました。

コタローシンガーズの出番が終わってから、外で記念写真。
PB292866(変換後)

盛装しているのに後ろには信号機。
結構笑える写真ですね。

ちなみに、笑って写ってますが、めちゃくちゃ寒い!!!
だって、肩出てますから。
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)