--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-30

創立30周年記念ジョイントコンサート無事終了~!

大阪で行われた『近衛金管アンサンブル、聖バレンタイン・ブラスアンサンブル、大阪んブラスアンサンブル 創立30周年記念ジョイントコンサート』、無事に終了いたしました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

私の作品「9つのファンファーレのようなもの」は、合同演奏にて演奏されました。
9曲の小品でしたので、各団体に振り分けて演奏したものと、3団体同時に演奏したものがあります。

会場は、「ムラマツリサイタルホール新大阪」。
大きなホールではありません。

最初から30人のアンサンブルの為に書かれた曲ならば、舞台上で前後に演奏者が重なっても問題はないのですが、これはもともとは10人のアンサンブルの為に書かれた作品です。
そして、今回、全員で演奏するのであれば、やはり、演奏者が重なる事は問題ないのでしょうが、各団体が数曲ずつ担当して演奏するので、演奏者が前後に重なるのは避けたい・・・。

舞台もそう大きい訳ではありませんので、最初、全員が舞台に乗ると、こんな感じに・・・。
PB282855(変換後)2
混み合っています。

これでは、隣の人とぶつかって演奏できません。

というわけで・・・・・。


PB282857(変換後4)客席から向って左側に、近衛金管アンサンブル。



PB282859(変換後)向って右に、聖バレンタインブラスアンサンブル。


PB282863(変換後)そして、客席後ろに大阪んブラスアンサンブル。


と、客席をぐるっと囲むように配置することになりました。

9曲あるうち、最後の9曲目は全員同時に演奏しました。
もともと、華やかな作品ですので、音量的にちょっと心配しました。
でもまあ、確かに少しこのホールで聞くには音量は大きめでしたが、ハーモニーを美しく響かせてくれたので、結構大丈夫だったかな。

それにしても、聖バレンタインブラスアンサンブルの30周年もすごいもんだなーと感心しましたが、同じように30周年を迎えるアマチュアのブラスアンサンブルが他にもあるというのは、オドロキでした。
だって、30年ですよ。
もちろんメンバーの入れ替わりもあるとのことですが、それでも、コンスタントに活動を続けながらの30年。
素晴らしいです。

いつも、聖バレンタインブラスアンサンブルの皆さんとはお話ししていてとても楽しいんです。
今回、初めてお会いする方が多かった近衛金管アンサンブル、大阪んブラスアンサンブルの皆さんともお話ししていて本当に楽しかったです!

私の作品は、指揮付きで演奏されました。
指揮は近衛金管アンサンブルのトランペットの方が担当されました。
本番後、色々話していたら、なんと同じ高校出身だという事が判明!
こんな風に、演奏会でご一緒した方が同じ高校の先輩にあたる方だったなんて、とても嬉しかったです。

私の高校時代の先輩のお友達という方もいらっしゃって、アマチュアとかプロとか関係なく、音楽をやっているといろんな所でいろんな人に繋がって行きますね。

この3つのアンサンブルが、これからも益々活発な活動を続けて行かれますよう、陰ながら応援しております。

音楽を楽しんでいる方達と新たに出会えたこと、とても嬉しいです。
また、ご一緒させてください!

そして、私の作品を節目の演奏会で取り上げて下さった事、心から感謝します。
ありがとうございました!
スポンサーサイト
2009-11-26

一番早い忘年会/4軒目

さてさて、一番早い忘年会。怒濤の連続アップです。
1軒目2軒目3軒目に続いて4軒目です。

3軒目と同じく片町にある「CAFE & BAR モンステラ」

北陸初の生ワインが飲めるお店とのこと。

以前夜中ここに来た時はちょうど閉店の時間だったので、私は今回が初体験。

お昼1時に1軒目に集合したのは、総勢17名でした。
この4軒目に来た時には7名に減ってました��

生ワインとやらを初体験。
氷を入れた「かち割りワイン」を飲みました。

「かち割り」と聞くと、即座に甲子園が思い浮かぶトラキチの私ですが、この時思い出したのは、10月のドイツで飲んだ「ノイエ・ワイン」や「ワインの水割り」でした。


あ、ドイツ旅行記もオランダ旅行記も途中でほったらかしたままだな・・・・・。


など思いを巡らせながらいただいた「かち割りワイン」。
私みたいにあまりお酒に強くない人にも良いかも!

すっきりおいしかったです。


このお店は、ワインだけじゃなくてフードもとても美味しかった!
モンステラ


で、気付けば、ワインの写真はありません。

パスタも他に写真があったのだけど、驚くほどにボケボケです。
さすがに、疲れていたのでしょうか・・・・。

そうして、お昼1時にスタートした「ちょっと早い忘年会」は午後10時におひらきとなりました。

楽しかった~~~~。


みなさん、来年もよろしくお願いします!
また、おいしいものを食べに行きましょうね~!


それにしても、よく食べた・・・・・・・。
2009-11-26

一番早い忘年会/3軒目

さてさて、一番早い忘年会。
1軒目2軒目に続いて3軒目です。

今度は、タクシーや車に分乗して片町に移動。

お目当てのお店は、こちら。
PB232838(変換後)
『笑酎道楽』
その名の通り、焼酎のお店です。

店内には焼酎がた~~~くさんっ!
PB232837(変換後)
続きは以下に↓

続きを読む...

2009-11-26

一番早い忘年会/2軒目

前回のつづき。

揚げ物たっぷりで大満足の揚げ物クイーン。
歩いて、2軒目のお店へ移動です。

2軒目は溶岩焼肉なんば亭。

揚げ物の次に焼肉。

こってり好きにはたまらない取り合わせですね!(ヲイヲイ)

お店の入口には溶岩が。
PB232807(変換後)

そして、焼き網の下には溶岩。
PB232808(変換後)
(網にピントが合っちゃってるけど�劾

さてさて、このお店でもガンガン行くよ~。

続きは以下に↓

続きを読む...

2009-11-25

一番早い忘年会/1軒目

昨年は、仕事が重なり参加できず悔しい思いをした「ちょっと早めの忘年会」。
今年も仕事が重なりそうだな~と心配していたら、見事にはずれた!!!

というわけで、無事に「割烹勝一」ノリさん主催の忘年会に参加。


ここのところ、真面目な記事が多かったので、今回は珍しくリアルタイムにイベント話。
いや、これも真面目な話です。はい。



今回は、お昼1時スタートです。

1軒目は『上る下る油小路』

揚げ物クイーンの異名を持つ私。
情報誌でこのお店の事を知ってからすごく気になっていたので、
遠足を待つ子供のように、指折り数えてこの日を待っておりました。


続きは以下に↓

続きを読む...

2009-11-22

アニキ還暦

日本の吹奏楽界を代表する作曲家、真島俊夫さんが今年還暦をお迎えになり、
お祝いのパーティが開かれ、私も参加して来ました。

私と真島さんには兼田敏先生の教え子だという共通点があります。

ある時から真島さんが、どなたかに私を紹介して下さる時に
「僕の、妹弟子と言ったらいいのかな。作曲家の成本理香さんです」
と言うようになりました。
私はこの「妹弟子」というフレーズがいたく気に入り、
それ以降、私も真島さんを、兄弟子と呼ばせていただいています。

パーティはもうすごかったです。
パーティというか、お祝いライブって言う方がいいのかな。

クラシックやらジャズやら、とにかく一流のプレイヤーが勢揃い。
もちろん、日本を代表するバンドディレクターや作曲家も勢揃い。

次々すんごい演奏が繰り広げられ、たまに、真島さんも一緒に演奏して、
大盛り上がりでした。

真島さんのバンドディレクターズ養成講座時代の同級生の方々も
あちこちの地方からお祝いに駆けつけていらっしゃいました。

その内、兼田敏先生の音楽葬実行委員を一緒に務めた方には
葬儀以来の再会で、嬉しかった!


とにかく、これだけのメンバーがお祝いに駆けつけるというのは、
ひとえに真島さんの成して来た仕事の素晴らしさと、
真島さんご自身のお人柄によるものでしょう。

パーティは、真島さんの人柄を表すかのような、本当に良い雰囲気でした。
そして、みんなが心から真島さんを慕ってお祝いする気持があちこちで溢れていました。
私も、とても幸せな気持になって、帰りました。



真島さんが還暦なんて、ちょっと不思議な気もします。
いつも若々しく、今回案内をいただいた時には

「ええ~!!還暦!!!??」

と、思わず声をあげたほとでしたから。


これからも、ステキな作品が生み出されて行く事でしょう。
楽しみにしています!

アニキ、還暦おめでとうございます!!!


2009-11-20

コンサートのお知らせ/創立30周年記念ジョイントコンサート

聖バレンタインブラスアンサンブルの創立30周年の記念コンサートのために委嘱されて作曲、7月に初演された作品「9つのファンファーレのようなもの」が再演されます。

すでに聖バレンタインブラスアンサンブルの皆さんで、9月に山形で再演してくださっています。
今回は、聖バレンタインブラスアンサンブル、近衛金管アンサンブル、大阪んブラスアンサンブル(*)という3つのアンサンブルのジョイントコンサートということで、合同演奏(振り分けかな?)で再演される事となりました。
(* タイプミスではないですよ~。本当に大阪「ん」ブラスアンサンブルという名前です。)

こんなに何回も演奏していただけるのは、本当に嬉しいです。

大阪んブラスのメンバーのうちのお一人は、結構昔からの知り合いですが、こういう風にコンサートでご一緒するのは初めてで、これも嬉しいことです。

これまでは、関東、東北・・・と演奏されて来て、今回は関西。

関西の皆さん、お時間がございましたら、ぜひお越し下さいね!
2009-11-13

「Boulez in Kyoto」&「新incubation」展

20091112134832(変換後)(変換後)

京都賞記念ワークショップ「Boulez in Kyoto」に行ってきました。
面白かったー。

野平一郎さんが聞き手となって行われたインタビューでは、最近私が興味を持っていた事にとても近い話があり、すごく参考になりました。
行って良かった!

関西在住の知り合いにも沢山会いました。
それから、東京や名古屋から来ている人も沢山いました。
そういう私も、金沢から行った訳ですが。

ワークショップの後、友人と『新incubation1-ベテランと若手作家が出会う Real Life Sensibility―物とイメージの往還から』に行きました。
京都芸術センター

こちらも、自分の創作のヒントになりそうなものが見つかり、面白かったです。
2009-11-08

初めての体験ー講演

11月7日の土曜日、生まれて初めての経験をしてきました。

石川県白山市にある、白山市立鶴来中学校が創立60年を迎えました。
その記念行事の一環として、これまではピアノ伴奏しかなかった校歌の吹奏楽伴奏の編曲を縁あって私が担当させていただきました。

これだけで、私のお仕事が終わるかと思っていたら、校長先生より

「創立60周年記念式典の一環で、生徒達に向けて講演をしてもらえないだろうか」

という依頼をいただきました。
昨年のことでした。

普段授業等で人前で喋っているとは言え、自分の専門をそのまま専門の言葉を使って、大学生相手に喋るのと、演台でマイクをもって中学生相手に喋るのとでは、勝手が違います(私にとっては)。

最初は、お断りしようと思っていたのですが、校長先生が

「いずれ、初めて経験する時が来るかもしれないのだから、それならばぜひうちの中学校で初めての講演の体験をしてほしい」

と、熱心に言って下さいました。
その間、私の友人達もすごく励ましてくれ、悩みに悩んだ末結局お引き受けする事にしました。

そして、この前の土曜日ついにその講演の日を迎えたのです。

式典は厳粛な雰囲気の中行われました。
その中で、生徒代表で喋った生徒さん、あまりの話の上手さに度肝を抜かれました。
本当に、すごく上手かった。
言葉もすべてはっきりしており、話の内容に併せた声の強弱の変化と抑揚。
今すぐにプロのアナウンサーになれるんじゃないかと思うくらい、本当に上手かったです。

その後、吹奏楽部の演奏で私の編曲した校歌が披露されました。

鶴来中学校でも、新型インフルエンザによる学級閉鎖等があり、充分な練習がまったくできなかったとのことでしたが、みんなとても一生懸命演奏してくれて、とても嬉しかったです。


さて。
いよいよ、講演。


私はピアノを弾くのに舞台上で緊張したりあがったりという経験が子供の頃から一度もないのですが、この日は本当に緊張しました。

緊張していてもしょうがないんだけど、あまりにも緊張しすぎてしまったので、講演の最初に「こういう講演は初めての事で、とても緊張しています」と一言言ってから、お話を始めました。

話自体は、私と音楽の出会いや、作曲家を志してから作曲家になるまでの事を中心に話させていただきました。
特に何と言うドラマがあるような話ではありません。
でも、夢を持ってそれに向って行って欲しいという気持が伝われば良いなと思いながら、お話ししました。
講演の後半では、少し自分の専門の話をしようと思い、「固定観念を打ち破って現代音楽を聴いてみよう」というような感じで、ピアノを弾きながら色々お話をしました。

嬉しかったのは、生徒さん達がみんな静かにじ~っと聞いていてくれた事。
そして驚いた事に、同窓会の役員の方や教職員の方々など大人のみなさんもすごく熱心に面白そうに聞いていてくださったことでした。

最後に即興演奏をしたのですが、その前に舞台から降りて生徒さん達の間に入って行ってマイクを向けた時も、みんな答えてくれて嬉しかったー。

講演が終わって控え室にいると、校長先生が満面の笑みで入って来られて「良かったですよー!」と言って下さり、本当に嬉しかったです。

50分の講演でした。
初めての事で、お話も分かりにくい所もあったかもしれません。
今思い返すと、ちょっと早口だった気もします。
でも、なかなか貴重な体験でした。面白かったです。

鶴来中学のみなさんが、元気に夢に向ってチャレンジしていってくれることを心から願っています。

お花をいただきました。ありがとうございました。
PB082738(変換後)

2009-11-06

名古屋公演終了

小串俊寿ハッピーサックスコンサート2009!名古屋公演、無事に終了しました。
聞きに来て下さった皆様、ありがとうございました。

本番後に、私のアレンジした曲について

「楽譜、出版されてないのですか?」

と聞いてくださったお客様がいらっしゃいました。
そんなに気に入って下さったのだなあと、とても嬉しくなりました!

小串さんによれば、前の秋田公演では、私のアレンジした作品について

「この曲のCDはないんですか?」

と聞かれたとこのこと。
これもとても嬉しいことです。

残り、大分公演と東京公演です。
お近くにお住まいの皆様、ぜひお出かけくださいね!

この日のコンサートでは、久々に教え子達にも会いました。
久しぶりに会えて、嬉しかったー。
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学、金城学院大学(名古屋)、名古屋芸術大学、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。金沢在住(関東、関西、東海、北陸の4つの地方を年中飛び回っている)。
2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。