2009-02-27

シルヴィ・ギエムのボレロ

前のエントリーに続いて、またもや、時系列めちゃくちゃです。

2月7日、東京は五反田のゆうぽうとホールでシルヴィ・ギエムのボレロを見ました。
(正確には、東京バレエ団創立45周年記念公演II/モーリス・ベジャール追悼特別公演シリーズV「ベジャール・ガラ」)


ギエム・・・・。

素晴らしかったです。

ギエムのボレロは有名ですが、これを生でを見たのは初めてなのです。
以前ギエムのバレエを見た時は、別の作品でした。


私はバレエやダンスに詳しい訳ではないので、あまりよく解っていない部分も沢山あると思います。

だけど、ギエムは、そんな不案内な私が見ても(どこがどうと具体的に説明できないですが)とにかく舞台の彼女から目が離せなくなり、鳥肌が立ちます。

今回のボレロも、曲がだんだんと終わりに向かうにつれて、舞台の上の緊張感もどんどん増して来て、曲がもうすぐ終わる・・・という時には、



「いやだ~~~~!!!

まだまだ終わらないで~~~~~~!!!!!

もっと見ていたい~~~~!!!!!!」



と心の中で叫んでおりました。


もっともっとずっとずっと見ていたかったです。



頭の先から手足の指の先まで、あれほど神経を行き渡らせ、コントロールするなんてことが、人間にできるなんて!



それにしても、ギエムを始め第一線で活躍しているバレリーナやダンサーの方と言うのは、どれほどストイックな毎日を送っているのでしょうか。


最近は、観劇する度に「舞台人ってほんとにすごい!!」と思い、自分のぐうたらな生活を振り返っては反省モードに入る・・・というパターンを繰り返していますが、この日もやはりそうでした。
最近で一番そう思ったかも・・・・。


ギエムのボレロを見た以外にも嬉しい事がありました。
この日、ペトルーシュカを見られたことにより、ついにストラヴィンスキーの三大バレエを3つ共見た事です。

そういえば、3つ共、ベジャールです。

私はストラヴィンスキーが大好きで、この三大バレエの曲(「火の鳥」「ペトルーシュカ」「春の祭典」)は3曲とも大好きです。

特にペトルーシュカはこの数年スコアを読み返しているところです。
学生の頃、一度友人とアナリーゼしたことがあったのですが、最近再びスコアを読んでみて、学生の頃気付かなかった発見などあり、面白いです。

今回の公演では、私が見たのとは違う日には、こちらも私の大好きな作曲家バルトークの「中国の不思議な役人」も上演されました。

とにかく、ギエムが踊るというのでチケットは入手困難、私が行った公演も追加公演があったので、ようやくチケットを手に入れた(それでも希望の席はとれず)という状態でしたので、バルトークの日は見られなかったのです。

今度は、中国の不思議な役人も見てみたいな~。





ギエムはボレロを踊る事を2005年に封印しました。
しかし、今回はその封印したボレロをベジャールの特別追悼公演で特別に踊りました。

おそらく、この日は私にとって最初で最後のギエムのボレロとなるでしょう。
あの空間を体験できて、本当に良かった。

今、これを書いているだけでも、少し鳥肌が立ってきて、涙ぐみます。
素晴らしい踊りでした。

スポンサーサイト
2009-02-20

狂言初体験

またもや、時系列めちゃくちゃです。


2月11日、習い事仲間が出演するので、狂言を観に行って来ました。


『狂言を楽しむ会』/主催:萬狂言金沢


私は狂言初体験。

狂言に関する予備知識まったくナシで行きました。

場所は兼六園からほど近い石川県立能楽堂



舞台は、予備知識無しでも楽しめました。

最近、普段自分が接しているクラシックや現代音楽以外の芸術に触れる時、
舞台や音楽の場合はその時間構造に、また美術作品などの場合は作品の構造や構成に
注目して見たり聞いたりしていまいます。
これは、一中節にハマってしまって以来クセになっちゃってるみたいです。

この日も、狂言の内容を楽しみながら、
自分があまりこれまで接して来なかった作品の構造に関しても
とても興味深く観劇しました。

笑ってしまう場面が沢山あって、面白かった~。

もうちょっと狂言の事を知りたいと思い、帰って来てから入門書を購入。
少し狂言を勉強してみようと思います。



当日の新聞記事を見つけました。
「狂言 伝統の笑い 富山の愛好家ら 金沢で楽しむ会」
2009-02-16

「コンサートのお知らせ」と作品の事/雲井雅人サックス四重奏団 第7回定期演奏会(4/11)

詳細が決まり次第お知らせさせていただきますが、まずは日時のお知らせ。

私の編曲作品が演奏されます!
この編曲は、CDでもリリースされている作品です。

----------------------------------------------------------
【雲井雅人サックス四重奏団 第7回定期演奏会】

【日 時】 2009年4月11日(土)開場:14:00 開演:14:30
【会 場】 浜離宮朝日ホール (東京)【入場料】 4000円
【曲 目】
J. S. バッハ/arr. 成本理香:パルティータ第4番 ニ長調 BWV828
グレゴリー・ワナメーカー:サクソフォーン四重奏曲(日本初演)
ジャニーヌ・リュエフ:四重奏のコンセール
アルフレッド・デザンクロ:サクソフォーン四重奏曲
フィル・ウッズ:3つの即興曲(2001年改訂版)
---------------------------------------------------------

私が編曲させていただいたこのパルティータは、
2000年12月「雲井雅人サックス四重奏団」 の記念すべき第1回演奏会で演奏されました。
そして、この雲井雅人サックス四重奏団、通称「雲カル」の
1枚目のCD「マウンテン・ロード」にも収録していただきました。

私に編曲のお話を下さって、雲井先生と打ち合わせした時の事を懐かしく思い出します。

この作品は、ニ長調です。
そして編曲はサックスのアンサンブルです。
私は先生に

「調性どうしますか?移調します??」

と相談したら、さらっと

「え?。原調。」(つまりニ長調のまま)

っておっしゃられて、「ひゃ~~!!すごい!!!」と思ったのでした。


そしてもう一つ今でも覚えていること。

この編曲は一旦仕上げた後、書き直しをして欲しいと言われたのです。
あまりに休み無く吹き続けることになると、
プレイヤーは疲れるかもしれない・・・という気遣いをして、
各パート休める所も少しずつ作っていたのです。

その話しをした私に雲井先生は

「そんな気遣いはいらないよ。
良いものならばずっと吹き続けていても何も苦にはならない。」


と、おっしゃられたのです。

一流のプレイヤーってほんとにすごいっ!

そして、再度仕上げたものを、1回目の演奏会でとりあげていただき、
その後も雲井先生のもう一つのカルテット「コレジオ・サックス」でも
とりあげてくださっています。

この雲カルは、ほんとに美しいハーモニーが聞けます。
月並みな言い方ですが、ほんとに美しいんです。

このCDをドイツ人のあるプレイヤーにプレゼントしたところ
「なんてゴージャスな響きのカルテットだ!!」
と感動していました。

みなさま、ぜひ、この美しくゴージャスな響きを聞きに、浜離宮朝日ホールまでお越し下さい!

自分の編曲作品について長々と語りましたが、
他の曲も、なかなか魅力的なプログラムが組まれています。

チケット発売等、詳しい事が解り次第またお知らせさせていただきます。
皆様、浜離宮朝日ホールでお会いいたしましょう!


7th.jpg


2009-02-14

バレンタインデー

本日バレンタインでした。


今年、パートナーにプレゼントしたチョコはこれ。



↓↓↓

P2140484(変換後)



かわいいラッピングでしょ??
金沢の雑貨屋『紗麻』さんでゲットしたチョコレートです。
こういうラッピングに、店主のミカさんのセンスが光りますね。


中身は・・・・・・。


P2140486(変換後)




フェアトレードチョコレートです。


一昨年、ちょっとしたきっかけでフェアトレードに興味を持ち始めました。
そういうわけで、今年はフェアトレードチョコをプレゼントすることにしたのです。
(昨年は、小松市のデリカテッセン「レ アール」のトリュフをプレゼント)



さて、プレゼントしたと言いつつ、私も食べました。



お、お、お、おいし~~!!


このチョコレートは「フェアトレードの商品だから」ではなく、
「おいしいから」食べたいと思える品質ですね!

実は、私は甘いものが苦手なのですが、ひとかけら、美味しくいただきました。



このチョコレートはここの製品です。
↓↓↓
People Tree



おまけ
先日いただいたスイセン、更に花が咲いてこうなりました。
かわいいです。
20090214140322.jpg

2009-02-13

おいしかった!

久々にグルメの記録です。


お正月に和倉温泉に行きました。
和倉パークホテル十番館
夕食
和倉温泉夕食

朝食
和倉温泉朝

能登食祭市場(七尾フィッシャーマンズ・ワーフ)
加賀屋
20090102134315.jpg



写真が多いので続きはこちらから

続きを読む...

2009-02-11

ちょっと早いけど、卒業おめでとう。

10日の火曜日、学生達と飲み会でした。


例年ならば、大学の卒業式の後の卒業パーティには出席させていただき、
学生達と最後のお別れをして卒業をお祝いするのですが、
今年度のパーティの日は私がアメリカに行っている日なので出席できません。
私は非常勤ながら、音楽専攻の基礎科目、免許や資格取得の為の必修科目を
担当させていただいているので、
音楽専攻の学生は1年生の時からほぼ全員私の授業を続けて受ける事になるのです。

今年は、パーティでの最後のお別れをすることができないので、
卒業前に、みんなで集まって飲み会しよう~~!!ということになったのです。


とても、楽しいひと時でした。


この学年も、これまでの卒業生に同じく
「君はそんなに私の事が好きなのか?」
と聞きたくなるほど、ずっと私の授業に来る事になった学生が結構いました。
(まあそれは、私が不可をつけるからなんですが・・・。)

同じ授業を3回とることになった子、
必修の授業を4年になってから取りに来た子・・・・・。

こっちが、ハラハラさせられましたよ。ほんとに。

でも、結局真面目にがんばって、単位とったね。
もちろん最初から頑張っていたんだけど、ちょっと苦手な授業だったんだね。
辛抱強く勉強して、少しずつ力をつけてきて、
私はまったくオマケする事も下駄を履かせる事も無く、単位を取ったのです。




みんなとは久しぶりに会ったので、
近況を聞いたり4月からの話しなどをしました。

更に進学して勉強を続ける子、幼稚園の先生になる子、
中学校の先生になる子、高校の先生になる子、
音楽教室の先生やその他専門職、会社員・・・・。

会社員をしながら、勉強も続けたいと熱く語ってくれる子もいたし、
最終的に自分がやりたいことや夢について色々語ってくれる子も。


みんな、頑張ってね。
君たちは、きっと何だってできるよ。
応援しているからね。


思いがけずプレゼントをもらいました。



プレゼントの中身は・・・・。



P2110475(変換後)
アルバム。


中を開くと・・・・

P2110476(変換後)

さらに、ページをめくると・・・・。
P2110477(変換後)(変換後)P2110478(変換後)(変換後)



音楽専攻生全員のメッセージと写真!!!!
もちろん、飲み会に来られなかった学生の分も、とにかく、全員分です。


うるうるっと来たのですが、こういう時は絶対に泣かないと決めている私なので、
ニコニコ「ありがとう!」と言いました。


また会えるかな。
きっと、会えるね。

それまで、元気で。
とにかく、体は大事に。

卒業式に行けなくてごめんね。

ちょっと早いけど、みんな、卒業おめでとう!
それから、ありがとう!!
P2100466(変換後)(変換後)


2009-02-09

ギャラリ カタカタ

先週の金曜日、東京は経堂にある「ギャラリ・カタカタ」に、芸術学を勉強中の友人と行ってきました。


オーナーの長谷川淳先生は、私の母校のデザイン科の先生でした。

私の学部時代の作曲の先生と長谷川先生が仲が良かったので、私も長谷川先生と知り合いました。

この日は、先生の個展中でした。

どれもこれもステキな作品で、中に一つすご~~く強く惹かれた作品があり、買おうか・・・・と思ったのですが、結局あきらめちゃいました(先生、ごめん!)

とても優しい雰囲気の空間で、このギャラリーが私は大好きです。

この日一緒に行った友人と、将来ここで何か一緒やれたら良いなあ・・・と夢を抱いています。私の勝手な夢ですが・・・・


先生の個展は8日まででしたが、この後も色々な展示がありますから、ぜひ一度足を運んでみて下さい。




さて。
この次の日の土曜日は、お昼に五反田のゆうぽうとホールでシルヴィ・ギエムのボレロを見て(正確には、東京バレエ団創立45周年記念公演II/モーリス・ベジャール追悼特別公演シリーズV「ベジャール・ガラ」)、すぐに初台の新国立劇場に移動し、リゲティのオペラ「ル・グラン・マカーブル」を見ました。

この2つを一日で体験すると言うのは、ちょっとヘビーかなと思ったのですが、地方在住の身としては、見られる時に見られるだけ見ておきたい!

こちらについては、後日書きたいと思っています。
ギエムのボレロ、ほんとにすごくて、鳥肌が立ち、涙もちょっと出ました。
この日はボレロの他にストラヴィンスキーのペトルーシュカも観たので、ついにストラヴィンスキーの3大バレエを全部観る事が出来ました!
2009-02-06

電話&インターネットでミーティング

先日仕上がって、第1稿を演奏者に送ったバスーンの曲。

重音などの事項は、演奏者と話して決める事にしています。


とは言え、演奏者はアメリカ。


私がアメリカに行くのはコンサート本番の3日前なので、到底その時期の打ち合わせでは間に合いません。


メールのやりとりで解決する疑問点は、メールでやりとりしています。

しかし、直接話した方が早かったり間違いなく伝えたいことは、やはり直接話したい。


というわけで、電話でミーティングをする事にしました。

でも、電話であれやこれやと細かく話すのも効率が悪い。
(私がskype入れてればもっと、話しは早かったかと思うんですが、入れてないんです。)


というわけで、まずプレイヤーがいくつもサンプルの重音やアルタネートフィンがリングをを録音してweb上にアップ。
それを私が事前に聞いて選んでおいたり、もっと別のイメージをリクエストしたりできるよう決めておく。


という方法をとりました。

もしも電話口で吹いてもらって、これとこれとこれならどう??といくつかのサンプルが示されたとしても、私すぐには決断しにくいのです。
何度も聞いてみたい事もあるし。


事前にサンプルを作っておいてくれたおかげで、何度も聞き返してじっくりと考える事が出来てました。
(彼女には、大変な手間をかけることになったかと思いますが。)

あ、ちなみに、このweb上の音源は私達しかアクセスできません。

さて。
さきほど、電話でのミーティングが終わりました�d�b


メールのやりとりよりも、具体的にイメージをお互いに話せて、とても良かったです。
口三味線やら歌やら擬音やら駆使して。
誰か、この電話を盗聴していたら、面白かったと思いますよ。


よく分からない歌らしきものが聞こえたり、「もっと、ビロビロっっていう感じだよ」とか「がああああああ!!!って音かなあ・・・」なんて会話が延々と続くのですから。




そして、作品についての話しがあらかた終わった頃、彼女から恐ろしい提案が・・・・・・・。






「コンサートのとき、英語で作品についてスピーチしません????」




・・・・・・・・・・・���[��




無理です。


飛行機の乗り換えですら、今から「どうしようどうしよう」とあたふたしているのに。


日本語ですら、スピーチ苦手なのに・・・・・。




でも、せっかくの機会だし・・・・・。




最終的には、通訳つけても良いよと言ってくれたけど・・・・。

ちょっと、英会話の先生に相談してみようっと。
2009-02-02

すいせん

先日、買物から帰って来て玄関をあけたら、ふわっと良い香りがした。


ん???


あ!!咲いてる!!


P1310437(変換後)


数日前、習い事仲間がお教室にスイセンを沢山持って来てくれて、みんなにおすそ分けしてくれたのでした。


いただいた時には一つしか咲いてなかったんだけど、気付いたら全部で3つ咲いてる!!

可愛いでしょ??


なんだか、嬉しいですね~。


それにしても、こういうおすそ分け、私なら「お菓子」くらいしか思いつかないんだけど、すごくステキですね。

食べ物の事ばっかり考えてないで、ちょっとは見習いたい・・・・。




おまけ。


デジカメの調子が悪くて、一枚だけ、こんな写真が撮れました。
P1310436(変換後)

プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)