--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-23

ライブのチラシできました

*****追記(7/27)****
お料理がバイキング形式に変更になりました。
料金は¥5,000で変更なし!







以前にも書いた8月2日のライブ
「コタローシンガーズ ライヴ@ドゥー・エ・ドゥー」


チラシが出来たので載せちゃいます。




img20080722_p.jpg




Ko'TARO Singersは、大阪のア・カペラ室内混声合唱団The TARO Singers
メンバーである廣澤敦子さん率いる若手4人の声楽アンサンブルです。



予約受付中です!
ぜひぜひお越し下さいね!




8�������i��߁�߁jx2Beamed-01�FSbBlue�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-02�FGrape�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-03�FLitePurple�F�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-04�FCandyPink�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-05�FPowderPink�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-06�FCherry�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-07�FCrimson�i�F�t-����w�i�p�j詳細8�������i��߁�߁jx2Beamed-01�FSbBlue�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-02�FGrape�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-03�FLitePurple�F�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-04�FCandyPink�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-05�FPowderPink�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-06�FCherry�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-07�FCrimson�i�F�t-����w�i�p�j
日時  8月2日土曜日 
            6時30分開場  6時58分開演

入場料 お一人様 ¥5000(税込)
    1ドリンク&1おつまみ付き
    (お料理&ドリンクの別メニューも御用意してあります)
バイキング形式のお料理

会場  BISTRO DEUX et DEUX 小松市沖町 

予約受付 電話0761-25-1515(完全予約制)


出演

Ko'TARO Singers
廣澤敦子
和田真祐子
Brandon Wright
時宗務
嶋本晃

Keyboard
Bryan Wright
成本理香


予定曲目
ライオンは寝ている
In the Mood
赤とんぼ

SummerTime



当日は駐車場が限りがありますのでお越しの際はお乗り合わせの上
お越しいただければありがたいと思います。

スポンサーサイト
2008-07-20

「101年目からの松平頼則 I」

先週東京にて「101年目からの松平頼則 I」と「アンサンブル・コンテンポラリーα 鈴木生子クラリネットリサイタル 」の2つのコンサートを聴いてきました。

まずは「101年目からの松平頼則 I」。
(以下敬称略)

まずまずのお客さんの入り。
演奏順は作曲された順に並んでおり、大まかながら松平の音楽的な変化なども体感できる。また、プログラムが、松平頼則のプロフィールに挟み込む形で演奏される各作品の解説が挟み込まれる形式で、各作品が松平の生涯のうちどのような時期にどういう関心を持っている頃に書かれたのがわかりやすく、興味深い。
(こちらで読めます→http://d.hatena.ne.jp/Y-T_Matsudaira/

それぞれの作品を興味深く聞いたが、私には特に「ピアノ・トリオ」と「蘇莫者」が面白かった。

「蘇莫者」は以前にも聞いた事があったが、「ピアノ・トリオ」は初めて聞いた。

こんな作品が、埋もれていたなんて!

再演を強く望む作品である。

演奏については、ベテラン勢と若手という演奏者であったが、ベテラン勢はさすがの丁寧な仕事であったし、若手もよく健闘していたと思う。

この演奏会のプロデューサーで友人でもある石塚潤一によると、まだまだ眠っている作品があるとのことで、このシリーズは続けて行きたいとのこと。
彼がこの企画を立ち上げなければ、「ピアノ・トリオ」や「呂旋法によるピアノのための3つの調子」(第2、3曲が当夜が独奏版の世界初演だった)などは、おそらく私にはあまり聞く機会のなかったものであろう。

これだけの企画を立ち上げ、コンサートを成功させた石塚に感謝するとともに、彼の情熱に敬意を表し、今後の企画にも期待する。


な~んて、固い文体で書きましたが、ほんといいコンサートでした。

石塚さん、これからも期待しています!




第24回<東京の夏>音楽祭2008 参加公演
「101年目からの松平頼則 I」
日本音楽史上の奇蹟:松平頼則を聴く ~新古典作品から前衛作品まで~
2008年7月16日 開場:18:45 開演:19:15
杉並公会堂 小ホール

演奏曲目(全曲松平頼則作品):
●「フリュートとピアノのためのソナチネ」(1936)
木ノ脇道元(fl)、井上郷子(pf)
●「ピアノ・トリオ」(1948)
阪中美幸(vn)、 多井智紀(vc)、 萩森英明(pf)
●「蘇莫者」(1961)
木ノ脇道元(fl)
●「呂旋法によるピアノのための3つの調子」(1987/91 第2.3曲は独奏版世界初演)
井上郷子(pf)
●「音取、品玄、入調」(1987)
木ノ脇道元(fl)、神田佳子(perc)
2008-07-12

「お昼のミニコンサート」vol.2 と 携帯電話

以前1度書いた、大学のキリスト教センターでの「お昼のミニコンサート vol.1」
先日vol.2が開かれました。

今回の出演者は4年生の声楽の学生。ピアノ伴奏も同じ4年生の学生です。

彼女の歌、一度聞いてみたいと思っていたので、この日のコンサートをとても楽しみにしていました。

曲目は

スカルラッティ:私は心に感じる
スカルラッティ:恋する蝶のように
ベッリーニ:私の偶像よ
ベッリーニ:お行き、幸せなバラよ
プッチーニ:大地と海
プッチーニ:太陽と愛
プッチーニ:そして小鳥は
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」より「私の名はミミ」
プッチーニ:歌劇「妖精ヴィルリ」より「もしも私が小さい花ならば」

アンコール
成田為三:浜辺の歌


とても良い声をしているというのが第一印象。
丸くて柔らかい、だけど太さもあるとでも言うのでしょうか・・・。

私はソプラノの高い方をキンキンと歌われるのが少々苦手。
(ソプラノの高い音が苦手・・とういうわけではありませんよ。念のため。)

彼女は、かなり高い音域になってもキンキンした声にならず、中音域と同じ柔らかさを持っており、良い響きがしていました。

また、レガートが非常に美しく歌えていて感心しました。
途中にひっかかりがないというか、本当にきれいなスラーがかかっており、心地よく聞けました。


全体としてはとても良いできだったと思います。
これからに期待!!です。


本番後、舞台袖に行き、たった今歌っていた彼女とも会って来ました。
4年生は私の授業がないので、会うのは久しぶりでした。
もう次の授業が始まる時間だったので、あまり話せませんでしたが、会えて良かった。


この日は卒業生も何人か聞きに来ており、懐かしい顔にも会いましたが、そのうちの一人が

「先生、○○音楽院に留学が決まりました!行ってきます!」

と、嬉しい報告をしてくれました。

体に気をつけて、頑張って来て欲しいですね。



さて。
少し、気になる事。

コンサートの最中に、客席で携帯電話の音が・・・・。

と言っても、派手な着信音が鳴り響いた訳ではありません。
マナーモードにしていたようですが、振動音がかなり大きな音で聞こえました。

マナーモードにしていても、コンサートのように皆が耳を澄まして聞く事に集中している場所では、振動音はかなり大きな音で聞こえます。

その携帯の持ち主がものすごく焦っているのが私の斜め前に見えました。
まさか、バイブの音がこんなに響くとは思っていなかったのか、切り忘れか・・・。

電話を切ろうとして、鞄の中の携帯電話を出す為に、鞄をガサゴソと探るのですが、更にそのガサゴソという音が響きます。

コンサートでは、携帯電話はマナーモードじゃなく電源オフ!!
電源を入れておく必要があるのなら、着信音を鳴らないようにするだけでなく、バイブ機能は切っておく方が良いでしょう。


この日の授業で、「さっきのコンサートで携帯のバイブの音聞こえた人?」と学生達に聞いてみたら、ほとんど全員「聞こえた」との答え。
かなり、遠くに座っていたけど、聞こえたと言う学生もいました。

演奏者にも、他のお客さんにも迷惑ですね。
また、携帯電話の持ち主自身も、コンサートを楽しめなくなりますよね。


ちょっと、これが残念なできごとでした。

2008-07-10

ライブ(レ・アールバール@ドゥー・エ・ドゥー)のお知らせ(詳細追加)

今日は、私が出演するライブのお知らせです。

石川県小松市にある「デリカテッセン レ・アール」

こちらで月に一度ひらかれる「レ・アール バール」。

次回8月の「レ・アール バール」はレ・アールから車で10分程のところにある「ビストロ ドゥー・エ・ドゥー」での開催となりました。

そして、この8月のバールは・・・・。

「コタローシンガーズ ライヴ@ドゥー・エ・ドゥー」


大阪から「ko'TARO SINGERS」を迎え、行われるライブでございますが、なんと今回、
ワタクシがキーボードで参加させていただく事と相成りました。



りか♪と言えば、揚げ物食い�G�r�t���Cの大食い���ɂ���で逆ギレ���bするだけのヤツだとお思いのアナタ。

そう、そこの ア・ナ・タ!!!


いつもと違ったワタクシが見られるかも??????



ぜひお誘い合わせの上、お越し下さい!
詳細は下に↓↓↓

*「ko'TARO SINGERS」は、大阪のアカペラ合唱団 TARO SINGERSの精鋭達で編成されたアカペラのアンサンブルです。

*「ko'TARO SINGERS」メンバーで、私の大学時代の先輩あつこさんのブログです。
「音楽家の日常」
http://yaplog.jp/mezzoatsuko/


8�������i��߁�߁jx2Beamed-01�FSbBlue�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-02�FGrape�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-03�FLitePurple�F�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-04�FCandyPink�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-05�FPowderPink�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-06�FCherry�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-07�FCrimson�i�F�t-����w�i�p�j詳細8�������i��߁�߁jx2Beamed-01�FSbBlue�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-02�FGrape�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-03�FLitePurple�F�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-04�FCandyPink�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-05�FPowderPink�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-06�FCherry�i�F�t-����w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-07�FCrimson�i�F�t-����w�i�p�j

日時  8月2日土曜日 
            6時30分開場  6時58分開演

入場料 お一人様 ¥5000(税込)
    1ドリンク&1おつまみ付き
    (お料理&ドリンクの別メニューも御用意してあります)

会場  BISTRO DEUX et DEUX 小松市沖町 

予約受付 電話0761-25-1515(完全予約制)


出演

Ko'TARO Singers
廣澤敦子
和田真祐子
Brandon Wright
時宗務
嶋本晃

Keyboard
成本理香


予定曲目
ライオンは寝ている
In the Mood
赤とんぼ

SummerTime



当日は駐車場が限りがありますのでお越しの際はお乗り合わせの上
お越しいただければありがたいと思います。
2008-07-06

飲み会でした

前期の授業も佳境に入って来ました。
先日の授業後、3年生の学生達と飲み会をしました。

今年の3年生は、カリキュラムの変わり目に入学して来た学生達です。

新カリキュラムでは、私の担当授業が増え、そのほとんどが音楽専攻生の必修、または資格取得に必修の授業となりました。
そういうわけで、音楽専攻生のほとんどが、1年生の前期から、つまり入学してすぐから3年生の前期までの2年半、5期に渡ってず~~っと私の授業があるという時間割です(資格を取らない学生は3~4期の子もいますが少数)。

入学してから2年半、ゼミの先生もでも担任の先生でもないのに、毎週毎週毎週毎週、私と顔を合わせるのです。

そして、今の3年生はそのカリキュラムの最初の学生。

3年生の前期もあと1週で終わりです。
毎週、イヤでも顔を合わせていた日々が終わります。

卒業まではあと1年半あるわけですが、非常勤の私は、授業の時しか大学に行かない為、授業を履修していない学生と顔を合わせることは、極端に少ない。

私は卒業式にも出席しないので、会うこと自体もうない子もいるかもしれない。


じゃあ、ここは盛大にぱ~っと飲みましょう~~!!!�ްټޮ��
という飲み会でした。


ものすごい盛り上がりでした。
私も、声がかれるほど笑いました。
笑いすぎて、ほっぺが痛い。
(この夜、友人より電話がかかってきたのですが、「どうしたん?風邪?声ガラガラやで」と言われました)


さて。
門限があるので、先に帰る子がいるって時になって、ある学生が、

「先生!!!渡したい物があります!!」

と、私が座っている方にやってきました。


そうして、差し出された物は白い・・・・本?ノート????





皆がカードを書いてくれて、それを貼付けたアルバム!!!




「今学期の授業とって無い子達にも書いてもらってますよ。
入学以降、先生の授業を受けた事ある子、全員分です!!!」



おお~~~。
ありがとう~~~。

感激しました���邤��

表紙をめくって1ページ目。
成本失生とも読めるが(笑)


中はこんな感じで全員分。
20080705002649.jpg


アルバムの最後のページにこんな文字を発見。
20080705231943.jpg


成本組って・・・�q�q�q

こうして、いつも学生達から元気をもらっています。
(これまでの卒業生達からももちろんいつも元気をもらっていましたよ。)


3年生の皆さん、アルバムありがとう。
期末の作品提出、期待しています。

F(不可)がついて、来年の授業で顔を合わせる事のないように祈ります(笑)

あ、これは2年生にも言える事だな~。
2年生も作品提出だからね。

1年生の皆さんは、試験頑張りましょ~~!
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。