--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-05-07

別所のタケノコ

金沢にある別所というところは、タケノコが有名です。
この辺りでは、タケノコ料理屋さんが期間限定で4月から5月半ばまでのみ営業します。

昨年行ってとても美味しかったので、今年も行ってきました。
せっかくなので、去年とは違うところへ行ってみました。

S__18317318.jpg

S__18317327.jpg

タケノコ フルコース!

お刺身
S__18317332.jpg
甘い!

煮物。
金沢は、わかめじゃなくてコンブと煮るそうです。
S__18317333.jpg

S__18317331.jpg

S__18317334.jpg

S__18317335.jpg

S__18317336.jpg

S__18317337.jpg

S__18317338.jpg

あまりに美味しかったので、帰りにはタケノコご飯買って帰りました。
S__18317321.jpg

来年も行こう。

スポンサーサイト
2015-08-06

うなぎ再び

二度目の土用の丑の日でした。

ウナギはこの前食べたし、もういいかなと思っていたのですが、タイミング良く実家の母から野菜が届きました。
私は、おネギが大好きなのですが、一番好きなのは和歌山のおネギです。
別にブランドでもないし、超高級おネギというわけじゃないんですが、とにかく、和歌山で普通にスーパーで売ってるおネギが一番好きです。
母は、私のネギ好きをよく知っているので、荷物を送ってくれる時には、必ずおネギが入っています。

もったいないので、ちびちびとちょっとずつ食べるのも良いのですが、ここは、一気にネギまみれになりましょう!

というわけで、前回のエントリーでも紹介した、恩師兼田先生に教わった食べ方で。
おネギの違いがわかるように、この前のウナギも並べてみました。

11825675_1028907967119513_5390518651419746549_n.jpg

ああ、おいしかった!!!
おネギが!!!(笑)

母上、いつもありがとう。
2015-07-25

うなぎ

昨日は、土用の丑の日でした。
我が家では、土用の丑の日は絶対にうなぎを食べる!と決めているわけではないのですが、昨日はたまたま自宅にいられる日だったので、晩ご飯はうなぎにしました。

私は、自宅でうなぎを食べる時は決まった食べ方です。20年くらい続いてます。

それが、こちら。

10986622_1022636674413309_4628569731181940090_n.jpg

うなぎ?

はい。
たっぷりのネギの下に、うなぎがおります。

これは、学生時代に恩師・兼田敏先生に教わったうなぎの食べ方。

有名な名古屋の「櫃まぶし」の二膳目にあたる、薬味をかけて食べる方法をアレンジしたものです。
ネギ好きには、あのネギの量では足らない!!

というわけで、たっぷりネギをかけ、そして、山椒ではなくワサビでいただきます。

ネギ好きの私には最高の食べ方です。
パートナーにもこの食べ方を伝授。

兼田先生には、美味しいもの色々教えていただきました。
大学院生の時は、友人と毎週先生のお宅で夕食をごちそうになっていました。懐かしいなあ。
2010-07-12

第4回 生ガキ食べ放題オフ

今月はじめ、この数年恒例となっている、牡蠣食べ放題オフが、金沢駅前のフォーラス金沢内にあるガンボ&オイスターバーにて開催されました。

参加者は中心メンバー(?)武生商業高校の植田薫先生と、私、私のパートナー、そして今年は初参加のKちゃん。Kちゃんは私の母校(愛知県立芸大)の後輩でフルート奏者です。後輩って言っても、かなり年下なので学生生活は重なっていないんですけどね。
4名での開催となりました。

今年は、いつものメニューに加えて「焼き牡蠣」と「岩牡蠣」も食べ放題です。

牡蠣食べ放題1
(クリックで大きくなります)
左上は真牡蠣。右上は岩牡蠣。
左下が焼き牡蠣、右下が牡蠣フライ。

焼き牡蠣、火の通り具合とか絶妙で予想以上のおいしさ!!

それにしても、岩牡蠣は大きいです。
P7030473(変換後)
携帯と比べてみました。
でも、携帯の大きさって、それぞれ違うからわからないですよね・・・。
この携帯は、結構縦に長く大きめなんです。
あまりの大きさにちょっとビビりましたが、結局ちゅるちゅるっと食べちゃいました。
もちろん、さすがに一口では食べられませんでしたが・・・・。


P7030475(変換後)
こんな感じで次々と片付いて行きます。

今回も、20個以上食べたかな。


このオフ会の良い所はおいしい牡蠣だけじゃなく、とにかくお話が楽しい!

集まっているメンバーの職業柄、大抵は音楽や教育の話が中心になります。
植田先生は、国語の先生ですから、国語や言葉についての面白い話が聞けたり、
お互いの職場である大学、高校、個人レッスンなどの教育現場での情報交換をしたり。

あとは、もともと私と植田先生は、昔懐かしいパソコン通信のニフティサーブで同じフォーラムの会議室に出入りしていたので、その頃の話も・・・・・。

今でもたまに思い出す、あの「ピーーーー、ポーーーーー、ガアアアアアアア」っていうモデムの音。
懐かしいなあ・・・。
(この擬音、パソ通していた人ならきっと頭に正しい音が浮かぶと思います・・・)


今回も、ホントによく話しました。

そして、この集まりのメンバーがもっと増えて、そのメンバーでライブやれるといいよね!なんていう話まで。
あ、その時には、団体名は決まっています。

「生牡蠣クレイジーズ」
です。
で、なんだかよく解らないうちに、ワタクシ「生牡蠣クレイジーズ隊長」に任命されました(何のこっちゃ・・・)。
ライブ開催が決まったら、みなさんぜひお越し下さいね。
(ホントにやれるのか??)

この日は夕方スタートのオフ会でした。
お腹いっぱいでもう動けない~ってくらい食べました。

しかし私には、この後に参加するイベントがまだあったのでした。
そのお話は、またの機会に・・・・・。
2009-12-06

サンマの桜干し&春菊

実家(和歌山)の母から、野菜とお魚が色々送られて来ました。
その中には私の大好物がいくつか。

大好物なんだけど、和歌山以外で見た事がないもの。

それは、サンマの桜干し。
みりん干しです。

さんま桜干し
(ちょっと冷凍の霜がついてますが・・・・)


和歌山を出てからは、名古屋、東京、金沢と住居を転々として来ましたが、サンマをこうやって桜干しにしているのは、今の所私は和歌山のスーパーでしか見たことがありません。
(もし、売っている所ご存知でしたら、ぜひ教えて下さい!)

甘くて大好きです。


それから、春菊。
春菊はどこでも手に入りますが、私が食べ慣れていたものと葉の形がちょっと違うんです。

私が好きなのは、こういう形↓
20091206121143(変換後)

葉の形は丸いライン、茎も平べったいです。
ギザギザのきつい春菊に比べると、緑色も少し薄いです。
20091206121233(変換後)

これは、金沢のスーパーでもたまに見かけます。


ちなみに、両方ともすでに私の胃の中です�A�b�v���[�h�t�@�C��

あとは、実家から送られて来て嬉しいのは「おネギ」。
あさつきよりは少し太いけれど、ワケギよりは細いくらいのもの。
おうどんなんかに入れる時は、うどんが見えなくなるほど入れるのが好きです。
このおネギも、和歌山以外では見た事がないので、送られて来たら必ず根っこを水栽培して再生します。
普段はあさつきで代用です。

母、いつもありがとー。
2009-07-19

ま~るい

金沢21世紀美術館に出かけて、その帰りのこと。

遅くなっちゃったし、晩ご飯をどこかで食べて帰ろう・・・と話していたのですが、いつも家の近くで食べるから、たまには、この辺りで食べて帰ろうかということになりました。

柿木畠をふらふら歩いていて、たまたま見つけて入ってみたお店、
「金沢市柿木畠のごはん屋 ももや」

豆腐とワカメのサラダ。
P7181598_convert_20090719231657.jpg

私は「明太子オムライス丼」。
P7181595_convert_20090719231550.jpg

パートナーは「まるびぃカレー」。
P7181596_convert_20090719231512.jpg

「まるびぃ」というのは、金沢21世紀美術館の愛称なのです。
ホームページのフロアマップを見ればわかるように、この美術館はまる~いのです。
そして、美術館のシンボルカラーはオレンジ。
ミュージアムショップで売られている美術館オリジナルの雑貨などもオレンジと白のものがほとんど。

この「まるびぃカレー」それを表したカレーなのですね。


ふらっと入ったお店だったけれど、とてもおいしかったです。



そして、次の日。
友人から、桃が送られて来ました。
南アルプス市の桃です。
P7191599_convert_20090719231240.jpg
まんまるの桃がたくさん!

箱を開けた途端にすごく甘くて良い香りがしました。
まだ少し固いので、食べるのが楽しみです!
どうもありがとう!
2009-07-06

ついに!ヨーロッパ軒

福井名物「ソースカツ丼」。

以前、適当に入ったお店で食べてみたんだけど、その時の写真を見た武生商業高校の植田薫先生が、

「いや~、これじゃなくてさ。やっぱヨーロッパ軒のを食べてみてほしいですよ!!」

とおっしゃる。


「じゃあ、今度案内して下さいね!!」


とお願いしたのが、約1年前。



そして、今回ようやく念願のヨーロッパ軒詣でが叶いました!!
前回の生牡蠣オフの時に、今回のソースカツ丼オフを計画したのでした。

P7051556(変換後) P7051547(変換後)




う~ん、ワクワク。

初めてなので、ここはスタンダードに「ソーツカツ丼」を注文。
植田先生は、メンチカツがのっかってる「パリ丼」を注文。

待っている間に、ナプキンも撮影。
P7051552(変換後)

カワイイ牛さんです。
「Europe」じゃなくて、「YOROPPA」なのが面白いです。


そして、ついに、運ばれて来ました!
P7051553(変換後)

ワクワクしながら、丼のふたを開けると・・・・。

P7051554(変換後)


おいしそう!!!


早速、がぶっといくと、結構サラッとした感じのカツです。
脂っこくない。

ソースも美味しいです。

ご飯の上に、カツを載せて、ウスターソースをかけたみたいなイメージを持っていたのですが、全然違います。

こりゃあ、ウマいや ��

堪能堪能。


次回は、また別の有名店に行ってみましょう~ということになりました。


ああ、美味しかった。
プロフィール

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学、金城学院大学(名古屋)、名古屋芸術大学、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。金沢在住(関東、関西、東海、北陸の4つの地方を年中飛び回っている)。
2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。