2017-04-09

ご報告

このたび4月1日付けで母校である愛知県立芸術大学の准教授に着任いたしました。
微力ながら母校のために新たな決意をもって専心職務に精励する所存でございますので、何卒これまで以上にご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

29年前、私が愛知県立芸術大学に入学したとき、作曲の一番若い先生としていらっしゃったのが、寺井尚行先生でした。その寺井先生定年退職の後任に自分が作曲コースの一番若い教員として着任することについて、そしてまた、兼田敏に習いたい一心で愛知県立芸術大学に進学した私が、今、その恩師と同じ職場で同じ仕事をできることになったこと、両者ともとても感慨深いです。
しかし、感慨に耽っている暇はありません。これまで非常勤講師として勤めて来た大学とは言え、授業以外では仕事の内容がこれまで経験して来なかったものがほとんどで、すでに右往左往、毎日の生活がこれまでとは大きく変わっていくのだと日々実感しています。
着任前から作曲部会の先生方が退職される寺井先生も含めて4人とも、とても親切に助けて下さるので、本当にありがたいです。
一日も早く仕事に慣れて、部会の強力な戦力となれるよう、頑張りたいと思います。
スポンサーサイト
2017-02-17

春です(2)

前回は、名古屋芸大の年度末のことを書きましたが、今回は、愛知県立芸術大学の話。

2月最初、愛知県芸大の和声今年度最後の授業でした。
数年前に和声を担当した時は1年間担当しただけで私がアメリカに行ってしまい、
帰国後しばらくは和声を担当していなかったので、
実は私にとって2年間最初から最後まで受け持ったのが初めての学年。
(愛知県立芸術大学の和声の授業は2年間必修です)

学生達からは、

「先生厳しすぎる!」
「スパルタすぎる!」
「宿題多すぎる!」


と言われても、

「え?そう?」って感じでどこ吹く風でそのままのペースと厳しさで2年間突っ走って来ました。

テストも返し、さあ、これで最後ですっていうときに、学生達からお花とアルバムが!!
ファイル 2017-02-08 13 44 35

告白しますと、不意をつかれたので、涙が出ました。
だから、あわててホワイトボードの後ろに隠れました(笑)

お花、かわいいなあーと見ると、何か中に見える。
へ?
とよく見ると、薔薇の茎が赤ペン(笑)
ファイル 2017-02-08 13 45 46

「これから、このペンで添削して下さい」とのことで。
「君たちが変な解答書くから、添削する私の赤ペンの消費量すごいんですけどっ!」と言った事があったな、そういえば。
宿題の量がすごいので、まあ添削する方もものすごい量を添削するわけですね。
でも、もっとよく見たら、そのペンの1本1本に全員からのメッセージが。
いやー、これ使えないよ・・・・。使うけど。
「連続5度のプロ」というメッセージもあったけど!!!
こらっ!そんなプロは育ててませんから!!

アルバム。
ファイル 2017-02-08 13 48 04

ああ、あちこちから私の写真拾って来たんだなとページめくると。

ファイル 2017-02-08 13 45 03

1人1ページずつの写真とメッセージ。
中には「成本さんの性格は悪いと思います!」と書いている命知らずも。
コラッ!
(しかも「さん」付け。どうやら影ではそう読んでいるらしい 笑)

いつも話したけど、今日和声勉強して明日歌が上手になるわけじゃないけど、ひーひー言いながらも勉強した事はいつか「おや?これってもしや、和声のあれか?」って結びつく日が来るよ。
これからも、応援しているので、いろんなことに挑戦して沢山の事勉強して欲しい。


2年間頑張った教室で、最後に全員で記念撮影。
16558647_859746930832390_283948439_n.jpg

打ち上げも楽しかったわ。また、大騒ぎしましょう。
2017-02-10

春です(1)

毎日毎日寒いですね。

ほとんどの大学は後期の日程が終わり、今年度も無事に終わりつつあります。

今年度は新しく名古屋芸術大学にも行き始めました。
そこで、ソルフェージュの授業を担当したのは、エンターテイメント・ディレクションコース。
このコースで学生たちは舞台の照明や音響などを専門的に学びます。

最初は、私も初めて教えるコースなので、みんなどんな感じかなあって思いながら授業を始めましたが、みんなやりたいことがはっきりしているからか、とても一生懸命勉強してくれました。

それまでは、私自身が「板の上」(舞台)に乗るだけ、そして、教えて来たのも基本的に「板の上」に乗る子達。
でもエンターテインメント・ディレクションコースを担当させてもらって、私自身がどれほど多くの事に気付かされたか。
みんなありがとう。
せっかくなので、2年生でソルフェージュが終わりだから、打ち上げやりました。
(打ち上げの出席率が高くて笑えた)
ほんとに、楽しかった!

そして、いくつかある私の夢に、一つ新たな夢が加わりました。
それは「いつか現場で、ここで教えた子たちと再会する」というものです。
照明さんか、音響さんか、企画者かもしれないし、舞台監督かもしれない。
とにかく、私の新しい夢をみんなにかなえて欲しいです!

打ち上げで記念撮影。
3枚目の写真は最後の授業の時に撮ったもの。
みんな、ありがとう!
16472977_1442557405754565_2793449957923782006_n.jpg
(このお店、学生全員の学生証または免許証を確認して未成年からはお酒の注文を受け付けない徹底ぶり)

16406904_1442556989087940_1837832212263480780_n.jpg
帰り際に、女の子チーム。

16427559_1442566402420332_4712044083081550939_n.jpg
最後の授業。
2016-08-28

秋吉台の夏2016終わりました

今年も作曲講師をつとめさせていただいた秋吉台の夏2016、無事に終わりました。
充実の6日間。




コンサートで私の作品を演奏してくださった、フルートの村上景子さんとピアノの藤田朗子さん。


コンサート後の記念撮影です。


湯浅譲二先生ともツーショットで。



そして、今年も秋吉台で迎えた誕生日。
聴講生から「先生、これ誕生日プレゼントです」と差し出されたのはアルバム。
開いてみたら、沢山の方から誕生日メッセージ。
普段教えている愛知県芸生はわかるとしても、初めて秋吉台で会ったばかりの受講生(突然頼まれて面食らった事でしょう)や湯浅先生からのメッセージに驚く。
更に驚いたのは、ニューヨーク時代の親友や同じアパートに住んでいた子たちからのメッセージ。
一体いつどうやって連絡とってたんだ???
その上、博士課程時代の恩師(こちらは修了の時の写真つきで)も登場。
いや、びっくりした。
ついでに、私の子ども時代の写真まで載ってるし。



ご協力下さった皆様、ありがとうございました。とても幸せだと思っております。
(1人、1つ上に年齢間違えてたけど 笑)

こちらは、同じ誕生日のピアニストの黒田亜樹さん。
秋吉台で一緒に誕生日を過ごすのは3回目。お祝いのシャンパンです。


そして、この写真は、帰り新山口駅で購入した、山口の瓦そば。


おうちでは、フライパンごと食卓に。
おいしかったけど、初めて山口で食べて「おいしーー!」と思ったのとはちょっと遠い。
やっぱり、山口で食べたいです。
あ、結局食べ物の話で終わる・・・・。
2016-08-08

ミニコンサート♪

金沢大学での授業、前期最後は成本クラス恒例ミニコンサート。
いつも、説明しますが、再掲。

私が担当させていただいているのは、教育学部の音楽専攻生「以外」の学生の小学校教員免許のための授業です。
全員メロディーとコードネームだけを見て、伴奏付けして弾きます。
音程はほとんどの学生が知らない。
長三和音、短三和音なんてもっと知らない。
和声の知識は当然ゼロ。
それを、たった4ヶ月弱でよくこんなにいろんな曲に伴奏つけて弾けるようになるもんだ。
今年も結構感動しながら聴きました。
積極的な学生が多くて楽しいクラスでした。

201608060137586b0.jpeg

全員で記念撮影。
謎のポーズは、私が講師演奏で腕を使うクラスターがいっぱいの曲を弾いたので、クラスターの真似らしい(笑)
201608060138006bb.jpeg
2016-08-06

吹奏楽コンクール香川県大会

香川では、吹奏楽コンクール香川県大会の審査員を務めさせて頂きました。

昔々、自分が吹奏楽部員だった頃を思い出し、懐かしい思いも。
高松に行くまでは、少し緊張していましたが、一緒に審査にあたった審査員の方々が本当に良い方ばかりで、審査員控え室もいつも和気あいあいとしていて、とても助けられました。
また、香川県吹奏楽連盟の役員の先生方もみなさん、とても良い方ばかりで、本当に気持ちよくお仕事させて頂きました。
ありがとうございました。
出場していた生徒さん、学生さん、社会人の方々、みなさん一生懸命で、どの演奏も楽しんで聴きました。
そうはいっても、コンクールの審査なので、それぞれ嬉しい結果になった人、悔しい思いをした人、色々だと思います。
でも、その結果にかかわらず、ここで出場した子供たちが、今後も何かの形でいつも音楽がそばにあるような人生を送って欲しいなと思いました。
帰りは、お土産買って

高松在住の大学時代の後輩とその娘ちゃんに会って、お土産までもらいました。

こちらは、高松で食べた晩御飯たち(の一部)。

真ん中下は、骨付鶏。
審査員全員での懇親会(まあ、全員で飲みに行ったということ)で行ったお店で食べました。
11月にこの地(高松)で、吹奏楽の初演がある予定なので、また、ここを訪れるのが楽しみです。
帰りはまた、マリンライナー、新幹線と乗り継いで戻りました。
高松でお世話になった皆様、ありがとうございました。
2016-07-29

高松に来ています

昨年夏に引き続き、ほぼ一年ぶりに香川県高松市にやってきました。
岡山で新幹線からマリンライナーに乗り換えて。
13872914_1252632664747041_103941909574831547_n.jpg

夕暮れの瀬戸大橋を渡り
13680975_1252667411410233_7805267998925439866_n.jpg

うどん県到着!
13872758_1252676691409305_1411535689408865660_n.jpg

そして、次の日からお仕事。
13681058_1253143024696005_4749264875187264584_n.jpg
仕事をしている、レクザムホールの控え室からの眺めです。
昨年、コンサートをした女木島が見えます。

お仕事終わって、ホテルに戻り、さて、晩ご飯・・・
ここは、やはり、うどんでしょう。
明日以降は、今日より仕事は遅くに終わるので、うどんを食べにいく元気無いかも。
だから、今夜は2軒行っちゃおう。

1軒目「しんぺいうどん」
ファイル 2016-07-29 22 39 47

お店の人に、おすすめを聞いてオーダーしたのは「ちく玉天ぶっかけ」。
ファイル 2016-07-29 22 40 22
竹輪の天ぷらのと半熟卵の天ぷらがのってます。

半熟卵の天ぷらがおいしい。
ファイル 2016-07-29 22 40 45

続いては、「鶴丸」
ファイル 2016-07-29 22 41 14

ファイル 2016-07-29 22 41 59

こちらでもおすすめを聞いて、肉ぶっかけをオーダー。
ファイル 2016-07-29 22 41 36

あー。美味しかった。
明日からの仕事も、これで乗り切りましょう。
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)