2015-02-03

帰国しました

毎度のことながら、滞在後半はブログの更新ができないまま、既に帰国しました。
日本でもニュースになっていたようですが、荒天のため、色々とスケジュールが狂い、バタバタとした滞在になりました。

ジュリアード音楽院での、フェスティバル「Focus! 2015 | Nippon Gendai Ongaku: Japanese Music Since 1945」、無事に終了しました。
荒天のせいでパネルディスカッションと二つのコンサートがキャンセルになってしまいました。
しかし、コンサートについては、中止になった26日と27日のプログラムをほとんどすべてを28日と29日のコンサートに組み込んで演奏しました。
そういうわけで、終演は夜の11時!!
私の作品が演奏されるのはもともと29日の予定でしたので、予定通り。

私の作品《The Sound of New York》は、今回がニューヨーク初演です。
演奏は、ジュリアード音楽院のJoseph P. Cannella, Siu Tung Toby Chan, Joshua Sechan, and David A. Nagyの4人。
4人は反応が早く、こちらの要求にかなり早く応えてくれて、リハーサルはさくさくと進みました。

私が立ち合ったリハーサルの後もずっと練習していたようで、当日のドレスリハーサルはなかなかいい感じに仕上がってしました。ドレスリハーサル後、さらに4人で練習していたとのことで、本番が一番いい演奏でした。
ドレスリハーサルから本番までの数時間で、更にこんなにうまくなるなんで、素晴らしいです。

コンサートにはニューヨークの友人たちが結構聴きに来てくれていて、嬉しかったです!

リハーサルの時の写真と本番後の写真。






今回は、1人学生が同行しました。
街を歩いたり、その他いろんな場面で、お互いの写真を撮ったので、私のカメラは彼女の写真がいっぱいだし、私の写真はほとんど彼女のカメラの中に(^ ^;)
写真を交換したら、また色々と載せます!そして、いつものように、時系列無視で、帰国後、滞在中のことを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト
2015-01-28

アメリカの重機!

ニューヨークには、史上最大の吹雪!!
残念ながら26日朝、「Focus! 2015」の26日と27日のコンサートのキャンセルが決定しました。

26日は夜から地下鉄も止まり、車両も通行止め、緊急車両のみ通行可・・・・というものものしい感じでしたが、ニューヨーク市内は予報よりも降雪も少なかったようで、27日朝には、地下鉄も再開。

27日は私も、予定通りでかけました。

そして、駅までの途中に見つけたのがこちらです。

10906388_923631917647119_1393296096287906915_n.jpg

雪のニューヨークで、アメリカの重機を見て興奮する日本人。
変なの・・・・(笑)

まだ、正式なアナウンスはされてませんが、ジュリアードでは、キャンセルになったコンサートのプログラムを、残りの日程にもなんとか詰め込んで、全作品演奏する意向のようです。すごいです。


2015-01-27

吹雪がやってくる!

昨夜、ディレクターからメール。
すごい吹雪が来るから、コンサートがキャンセルになったり、日程の変更があるかもしれないので、変更になった場合、何日なら大丈夫か知らせて欲しいと。

そういえば、昨夜スーパーに行ったら、すごい人でみんなものすごい量の買物をしていたから、不思議に思っていたんだけど、これだったのか!

ニュースを見たら、『「史上最大」の暴風雪警戒』って書いてるし、結構大変そう。

さて。
コンサートの日程が変更になってもいいんですが、私がいる間に、ちゃんと日程がはまってくれるといいんですが。
だって、そうじゃないと、何しに来たんだかわからない・・・・。

今朝からはずっと雪も降っているし。
は〜、頼むからコンサート、日程変更しても私がいる間に開催してほしいーーーー。
2015-01-26

ニューヨーク!行きの飛行機でのステキな出来事

23日の丹下聡子フルートリサイタルでの作品初演、無事に終了しました。
お越し下さった皆様、何より演奏してくれた聡子と内本さん、ありがとうございました。

さて、初演が終わり、打ち上げで盛り上がり、そのまま一睡もせず、翌日午前の飛行機でニューヨークに来ています!
飛行機で寝るために、国際線に乗る前はいつも徹夜するのです。

今週木曜日に、ニューヨークのジュリアード音楽院のフェスティバルにて、私の作品《The Sound of New York》for bassoon quartetが演奏され、また、その二日前にはパネルディスカッションに参加するため、ニューヨークに来ました。

昨日のフライト中に、素敵な出来事がありました。

あと2時間ほどてニューヨークに到着するという頃に、CAの方が乗客に声をかけながら、通路を歩いており、私たちも話しかけられました。
(あ、「私たち」というのは、今回のニューヨークには1人学生が同行しているのです。)

「ご旅行ですか?」

私は、旅行で色々コンサート聴いたり、オペラ観たりするんだと、答えました。
そのCAさんは、アマチュアオケでヴィオラを弾いていたことがあるとのことで、少し音楽の話で盛り上がりました。
自分の作品については内緒にしたわけじゃないんですが、まあ、わざわざ言うほどのことでもないしと思い、黙っていたのですが、そのうち、同行している学生が横から「今回は、理香さんの作品がジュリアードで演奏されるんです」と言いました。

CAさんは、すごく驚いて「すごいですねー!おめでとうございます」と言ってくれて、「せっかくですから、お名前教えて下さい」とおっしゃられて、私の名前をメモしていました。

そして、そこはそれで終わったのですが・・・・・。

30分ほどしたら、再びCAさんが来られて「成本様、これはクルーからのお祝いの気持ちです。作品の演奏おめでとうございます。お召し上がり下さい」と運ばれて来たのは、これ↓
IMG_2337.jpg


わざわざ、八分音符に切りぬいた飛行機のハガキ!

超びっくりした。
めっちゃ、びっくりした。

ありがとうございます。
ビジネスクラスで出しているデザートなんだって。

あまりに嬉しくて、写真をとったりしてはしゃいでいて、気付いた。
八分音符の裏にはメッセージが!!

それが、こちら↓
IMG_2356.jpg

びっくりしたな、もう。

私以外にもいっぱい、日本人の作曲家の作品が演奏されるので、ちょっと恥ずかしいけれど、嬉しかったです。
みなさま、ありがとうございましました。
これからも、ANAに乗ろうと思った1月のある日でございました(笑)


行きの飛行機でこんなに良いことがあったので、この旅もいいものになるだろうなあと思いつつ、9ヶ月ぶりのニューヨークに着陸。

さて、リハーサルの日程も徐々に決まり、一週間、頑張ります。
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)