--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-27

ニューヨーク滞在記 4ートリプル???

今回の滞在、ニューヨークフィルの今シーズンオープニングが、私の大好きなストラヴィンスキーの春の祭典を演奏するので、ぜひとも聞いて帰りたい!と思い、このコンサートが聞ける日ギリギリまで滞在を延ばした。

日本にいる時から、ネットで確認をすると、空席がまだまだありそうだったので、ニューヨークに行ってからチケットを買うことにした。

そうして、ニューヨークフィルのBOX OFFICEへ。
高い席じゃないけど、ちょうど正面があったのでそこを購入。

ちょっと、マシンがトラブっているらしく、発券まで結構時間がかかった。
ニューヨークにいる間は、ほとんどの買物はデビットカードで済ませていたので、この時もそれで。

それから、数日後。

チケットを買ったときから、なんとなく気になっていたので、銀行口座をインターネットでチェックしたら・・・・。


目が飛び出した!!!!!

いや、ほんとに、目が飛び出るってのはこのことかと自分でも驚いちゃうくらい、目が飛び出した。

これが、明細の一部↓↓↓
NYフィル引き落とし_s

チケット代金が3回もついてる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

二重引き落としのトラブルは聞いたことあるけど、三重って!!!!!


心臓がバクバクしてきて、こりゃあえらいこっちゃ、どうしたらいいんだ????

インターネットで調べて調べて、まずは銀行の担当者にメール。
それも、英語だから一苦労。

とは言え、この前も問い合わせのメール送ったのに担当者から返事がなかったから、念のため窓口にも行こう。


はあ、英語か・・・・・。

これがもし、すごく小額ならば英語で交渉する煩わしさと天秤にかけて諦めたかもしれないけれど、ちょっと見過ごせない金額。

幸い、午後予定が入っていない日があったので、その日に銀行に行く事に。
その日、お昼は友人Rとランチすることになっていた。

Rは、前回のこのブログのエントリー「再会編」に登場した女の子。

ランチしながら、「実はこういうことが起っちゃってさ。今日はこれから銀行に行かなくちゃ」と話した。
そうしたら、彼女が「ここから近いんだから、今から一緒にニューヨークフィルのBOX OFFICEに行ってあげるよ!」と言ってくれた。

前回も書いたけど、Rは中国語、日本語、英語がペラペラ。

というわけで、2人でBOX OFFICEヘ行き、彼女が窓口であれこれやりとりをしてくれた。
私も途中、英語でやりとりしながら。

スタッフは、「確かに、あなたは1席しか買ってないね。ごめんね。このチケット売ったの、僕だったでしょ?」と言う。

「違うよ。別の男性だったよ」と答える。

「あ、そう。チケット買う時、マシンのトラブルとかあった?」と更に聞かれる。

「あったあった。その時はスタッフのお兄さんが、『待たせてごめんね。なんか機械がトラブってるみたいで発券に時間がかかってる。』って言ってた」と答える。

「OK。これ2回はキャンセルってちゃんと銀行に連絡行くようにするね。ホントにごめんね。数日後、まだ3つともポストされてたら、また来てくれる?」

また来てくれる?って、わたしゃ帰国しちゃうんだよーーー。

「私もうすぐ帰国するから、来られないかも。」と言うと、電話番号をくれました。

「ここに電話して。」


電話・・・・・。

ただでさえ苦手な英語、電話だとさらに苦手・・・・・。


と思っていたらRが「あ、私がアメリカで電話してあげるから、帰国した後でもメールして!」と言ってくれた。


ありがたやーーー。

別れ際、Rは「さっきのあの人『僕が売ったでしょ?』って言ってたね。きっと、よくある間違いなのかもね」と笑っていた。

数日間はドキドキして、毎日口座をチェックした。

数日後、3つあった引き落としのうち、ちゃんと2つがキャンセルされた。


ああ、良かったーーーー。


それにしても驚いたのは、今回のことが、天下のニューヨークフィルの、しかもそこの公式のチケット売り場で起こったということ。

こちらも、前回のエントリーに登場した後輩モリショウ君にことの顛末を話すと、
「そういうことがあるから、妻は毎月目を皿のようにして、明細チェックしてますよ。
理香さんのその話だって、うさんくさいお店での支払いの話じゃないでしょう?
気をつけなくちゃね。
悪いことをしてやろうというわけじゃなくて、どうもみんな本当に間違えるみたい。」
とのことでした。

ひゃー。びっくり。

でも、さすが大きな組織だなと思ったのは、スタッフの対応がとても丁寧で、謝ってくれて、しかも対応も迅速だったこと。
昨年アメリカにいる間に、相手が悪いのに謝罪の言葉なんて絶対に聞けないって体験を、ちょこちょことしたのでこの日も覚悟していたけど、拍子抜けするほど感じが良いスタッフだった。
もしかしたら、大きな組織だからというよりも個人のパーソナリティによるものかもしれないけれど。

無事に、1回だけ引き落とされたとはいえ、いまいちこういうとき信用しなくなっちゃってるワタクシ、帰国後も口座のチェックをしていたけれど、その後これ以上引き落とされることもなく、今に至ります。


今回、インターネットで色々調べたら、ホテルなどの二重引き落としのトラブルの例が沢山出て来ました。
明細チェックはきちんとしなくちゃいけませんね。
調べたいろんな事例も、カード会社に「二重引き落としされてます」と連絡した後ちゃんとお金は戻って来ていることが多いようでした。
スポンサーサイト
2012-09-24

ニューヨーク滞在記 3ー再会編

ニューヨークでは、昨年知り合った方達と再会して、嬉しい時間を過ごせました。


ニューヨークで大活躍のピアニスト、Taka Kigawaさん。
P9100110_s.jpg
昨年、Chaya CzernowinとSteven Takasugに会いに行った時、彼らから「ニューヨークにTaka Kigawaという良いピアニストがいるから、ぜひ連絡をとって会うと良いよ」と言われて、コンタクトをとりました。
夏頃、私がリサイタルをすると決めて、あちこちの会場を見に回っている時、あるホールの事務室で偶然Takaさんに会いました。
最終的にはそのホールに決めて、そこで練習もさせていただいていたので、ちょこちょこととTakaさんにはお会いしてました。
彼のリサイタルを聞きましたが、丁寧で上品な演奏がとても好きでした。
今回、私たちのコンサートに来て下さって、とても嬉しかったです!!

ジャズピアニストのMihokoさん。
ボストンで長く活躍してましたが、昨年からニューヨークに拠点を移して活躍中。
P9130248_s.jpg
Mihokoさんと知り合ったのはもう15年以上前の北海道でした。
私がゲストとして呼ばれた函館でのコンサートに彼女は札幌からゲストで来ていて、知り合いました。
「Mihokoさん札幌から来られたんですね。札幌にも行ってみたいなー」と言った私に
「じゃあ、来週から来れば?うちに泊まると良いよ!」と、初対面だった私を泊めてくれました。
次の年にも札幌旅行して泊めていただきました。
その後は、お互いが遠い事もあり年賀状のつきあいが続いていたのですが、その間に彼女はアメリカに渡り、ジャズピアニストとして活動を始めました。
そして、昨年私がニューヨークに行った時、連絡をとって再会したのです。
今回も、わずかな時間でしたが、会う事ができて、とっても楽しかった!

元ACCスタッフのMarlene。
Flussingという場所で再会。
P9170591_s_s.jpg
ふたりでレストランに入って、オーダーしたらすごい量だった!
P9170590_s.jpg
ま、大丈夫。
アメリカは、持って帰らせてくれるから、この日もお持ち帰りしました。
Marleneは今年ACCを退職、それでもこうやって交流が続くのが嬉しいです。

同じく元ACCスタッフのJeniiferとLingはコンサートに来てくれました。
P9100108_s_s.jpg
私の帰国後、彼女達は転職しましたが今でも交流が続いていて嬉しい事です。
この2人には、昨年の滞在中は何から何まで助けてもらいました。
コンサートの日は、あまり話せなかったので、後日3人でディナーに行きました。

中国生まれ日本育ちでアメリカで勉強して、その後もアメリカで働いているRちゃん。
彼女は、中国語も日本語も英語もペラペラです。
foodpic2731847_s.jpg
昨年とある場所で知り合って、かなり意気投合。
私の帰国後もずーっとメールでのやりとりが続いています。
この日、私はちょっとしたトラブルを抱えていたのですが、彼女が「私が交渉してあげるよ」とランチの後で一緒についていってくれて、さささと解決してくれました。
ありがたやー。

そして、今回のニューヨークで一番会いたかった人。
ACCのCecilyです。
昨年の私の滞在時は、私のプログラムの担当として、何から何までサポートをしてくれました。
オフィスを尋ねて、1時間ほどその後の私の活動について話しました。
彼女のオフィスで向かい合って色々話しているの、懐かしかったです。
昨年4月、初めてここで向かい合った時は、英語もまだまだダメで緊張のあまり倒れそうだったなと思い出しました。
写真には、この春東京で再会した同じくACCのJenniferも一緒に。
P9180608_s_s.jpg

そして、昨年のニューヨーク滞在時、びびりまくっていた私の心の支えだったモリショウ君。
P9190635_s.jpg
モリショウ君は私の大学の後輩です。
彼は大学卒業後すぐニューヨークに留学し、そのままニューヨークで演奏活動をしています。
素晴らしい!
昨年のニューヨークでの私のリサイタルでは、私のバスーンソロの作品を1曲吹いてもらいました。
夏休みに彼ら家族で日本に帰省中は、彼の部屋のピアノを自由に使わせてくれて、リサイタルに向けてとても助かりました。
お世話になりっぱなしです。
いつも、ありがとう。

今回の滞在で再会がかなわなかった人も沢山います。
又、会いに行くよー。

2012-09-23

ニューヨーク滞在記 2ーYankee Stadium

今回の滞在では、昨年やれなかったこともできるだけしたいと思っていました。
そのうちの一つが、野球観戦!
昨年私は、メッツの本拠地「シティフィールド」の沿線に住んでいたにもかかわらず、ちょうど私が滞在中だったときのGrantee達は、見事に誰も野球に興味が無く・・・・。
「普段から応援している訳でもないチームの試合を一人で見に行くってのもなあ・・・」と思い、結局行けませんでした。

今回、ニューヨークに行く前にイチローの電撃移籍の発表。
日程を調べたら、私が滞在中にホームゲームがある!!!
もし行けたら今度こそ行きたいなーと思っていました。

今回のコンサートの企画者、浅井さんにそれを話すと、彼女も「特に野球好きなわけじゃないんだけど、せっかくだから帰国前に見てみたいと思っていた」とのことで、2人の時間が合う日を確認して、webでチケットを購入。
Yankee Stadiumにて野球観戦となりました。
熱狂的なYankeesファンというわけではないので、一番上の4階席の安い席を購入。
イチローが出るなら、レフトで出るだろうと予想してレフト側に。

さて、明日が野球観戦という日、Yankeesからダイレクトメール。
翌日の先発を知らせるメールでした。
そうしたら、そこには黒田の写真!
ラッキー!!

そして当日。
P9160522_s.jpg

地下鉄の4番にのり、Yankee Stadiumへ。
ゲートを入る時には、厳しい鞄のチェックがありました。

ゲートを入ったところで、浅井さんと記念撮影。
P9160524_s.jpg

さて、えっちらおっちらと4階席まであがる。

試合開始前には、国歌斉唱と国旗掲揚。
ちょっと、写真はわかりにくいですが・・・。
P9160531_s.jpg


そして、黒田登場!
P9160538k.jpg
デジカメのズームで撮ったものを更にきりとったりしたので、写真では18番が見えてますが、実際は私たちの席からは、遠過ぎて背番号ははっきりとは見えません。

ただ、すぐ近くのスクリーンには、黒田のアップが写ってました。
P9160534_s.jpg

P9160550_s.jpg

応援団がラッパ吹いたり太鼓叩いたりはしないので、ピッチャーが投げたボールがキャッチャーのミットに入った音とか、バットにボールがあたった音がクリアに聞こえて良い感じ。
応援団での鳴りものがないけれども、そのかわり、球場サイドが盛り上げる盛り上げる!!
テンポの良い曲がかかったり、手拍子を促したり。
攻守交代の時には、クイズがあったり。
ショーみたいでした。

さて。
野球の後、人に会う約束があり、最後まで試合を見られない私たち。
試合はYankeesリードのまま進みます。
この日は快晴で、私たちの席ではずーーーーっと直射日光を浴びていたので、暑いのとちょっと疲れて来たので、裏に避難。
ショップを見たり、水を買ったり。

黒田と記念撮影(笑)
P9160546_s.jpg

甘いもの苦手な私ですが、暑さにやられて疲れたので、なんと、ソフトクリームを買ってしまった。
P9160549_s.jpg
でも、すごい量で全部食べきれませんでした。

この後の約束の為、球場を出ないといけない時間が迫って来てきます。
イチローが出るかどうか、とても気にかかります。

そうしたら、イチローの名前のアナウンスが聞こえた!

P9160541_s.jpg
イチローの紹介VTR。まだマリナーズのユニフォームですね。

そして、ついにイチローだ!
P9160555k.jpg

レフト側のチケットにして良かったーーー!
とは言え、実際には4階席からだと、やっぱり遠い遠い。

そして、イチローの打席も見ました。
打席は、デジカメで動画撮影していたので、写真はないのです。
この日は送りバント。
きっちり送って終わりました。

さあ、もう球場を出なくちゃ。
というわけで、最後にもう一度浅井さんと記念撮影。
P9160559_s.jpg

ぎりぎり次の待ち合わせに間に合う時間に球場を飛び出しました。
この日、Yankeesは勝利を収めて、黒田はメジャーで自己最多の14勝目をあげました。

めでたいめでたい。

おまけ
メッツの本拠地、CITI FIELDです。
地下鉄7番沿線です。用事で7番に乗った時に電車の中から撮影。
P9170580_s.jpg
2012-09-22

ニューヨーク滞在記 1

帰国しました!
ニューヨーク滞在中は、昨年以上に動き回っていて、夜、宿に戻るとグッタリ・・・という感じで、結局ブログの更新ができませんでした。
もう帰って来ちゃいましたが、駆け足でニューヨーク滞在記を。
    

自分達のコンサートの前々日には、New Museumで大好きなPauline Oliverosと再会。
彼女が会うなり“Welcome back!”と言ってくれて嬉しかった。
    

コンサート前には、一生懸命プレトークの準備。
通訳無しで頑張る!と決めたので、喋る事を一生懸命書いてます。
P9090071_s.jpg

場所は、ニューヨーク大学にて。とても奇麗な大学でした。
    

コンサート会場のスカンジナビアハウスです。
グランドセントラル駅からも近くてとても便利な場所にあります。
P9090092_s.jpg

P9090093_s.jpg

    

コンサートの打ち上げは、肉で!
P9100125_s.jpg
ものすごい量でした。店員さん、3人がかりで、カットしてました。
おいしかった!
    

打ち上げをしたレストランが、ロックフェラーセンターの目の前だったので、皆でTOP OF THE ROCKに上り、エンパイアステイトビルを目の前に眺めながらニューヨークの夜景を堪能。
昨年のニューヨーク生活の中で、上りたい上りたいと思いつつも、機会を逸して結局一度も行けず、今回ようやく行けた!
P9100141_s.jpg

P9100153_s.jpg
エンパイアステートビルからも夜景が見えますが、エンパイアステートビルを含む夜景が見られるので、TOP OF THE ROCKはおすすめポイントです。
    

アッパーイーストサイドのギャラリーで、金沢の陶芸作家、の個展を見る。
大好きでよく通った、チェルシーのギャラリーとは、まるで違う雰囲気のところ。
ギャラリーと一口に言っても、いろんなタイプがある。
作品はとても面白かった。
    

ブロードウェイでミュージカル。昼間、安いチケットが出たので、昨年も見たCHICAGOを観劇。同じ演目でも、昨年とはキャストが入れ替わっていて、面白かった。
    

昨年よく通ったデパートへ。予想より早く涼しくなって、長袖の服が足らない。
    

9.11
マンハッタン対岸のニュージャージーへ。
この日は、ワールドトレードセンター跡地から、2本の光がまっすぐ天に向かって伸びていた。
エンパイアステイトビルは、アメリカ国旗の色をしていた。
P9120242_s.jpg

9.11前後の新聞
P9130247_s.jpg
    

ホイットニー美術館へ。
草間彌生展。
制作年代順に展示されていて、作風の変遷が興味深い。
最後の部屋の近年の作品群は圧巻。
コレクション展では、ちょうど学芸員によるギャラリートークが始まるところだったので参加。たまに英語がわからなかったが、色々面白い解説を聞けた。
P9130259_s.jpg
    

ニューヨーク近代美術館(MoMA)へ。
二日続けて大きな美術館に行くと、相当足が疲れる。
    

タイムズスクエア近辺の交差点で、パンツ一丁でギターを弾いていたお兄さん。
カメラを向けたらポーズをとってくれた。
写真を撮り終わったら、ウィンクしてくれた。
うーむ。不思議だ。
P9110196_s.jpg

ひとまずここまで。
2012-09-13

コンサート終了しました

ニューヨークでのコンサート、無事に終了しました。
今回は、友人の作曲家、浅井暁子さんの企画で行われたコンサートです。
私の昨年の帰国とちょうど入れ違いに彼女はニューヨークに来て、1年間の研究を行いました。
その研究の集大成のコンサートにのために、私に委嘱をしてくれたのです。

コンサートを終えてみて、浅井さんの企画力には脱帽という感じです。
更に特筆すべきは、アコーディオン奏者の大田智美さんの素晴らしさ!

アンサンブル、ソロ交えて、彼女は全ての作品を演奏したのです。

今回は初めてアコーディオンの作品を書きました。
作曲する前に、彼女から楽器のレクチャーをしてもらい、リハーサルでも少し確認して、色々教えていただきながらの作曲となりました。
かなり、体力のいる作品に仕上がってしまいましたが、素晴らしい演奏をしてくれました。

日本でもぜひ皆様に聞いていただきたいと思います。

今回は、コンサートの前に、プレコンサートトークを行いました。
浅井さんが、通訳も用意して下さっていたのですが、ちょっと悩んで通訳無しで自分で英語で行う事にしました。
浅井さんの質問に答える形のインタビュー形式でしたので、事前に質問を貰って、答えもある程度用意しておきました。

一生懸命喋って、伝わったかな。

後日、コンサートを聴きに来て下さっていた、コロンビア大学のバーバラ・ルーシュ先生からは、お褒めの言葉をいただきました。
でも、「ちょっと、速すぎるから、もう少しゆっくり喋った方が、もっとよく伝わりますよ」とのアドバイスもいただきました。
以後、気をつけよう。


コンサートには、ACCを退職したスタッフ達や昨年ニューヨークで知り合った音楽家も聞きに来てくれてうれしい再会をしました。


さて。帰国までの日々は、昨年の滞在と同じように、資料探しに走り回る予定。
大好きなNew York Public Library of Performing Artsその他を回ります。
すでに、音楽書は色々手に入れつつあります。
帰りの荷物、重量超過、しませんように!



ニューヨーク大学でのリハーサルの写真です。
P9080053_s.jpg

P9080054_s.jpg

コンサート当日は、カメラマンが入ったので、またちゃんとした写真をご紹介出来るかと思います。
2012-09-07

ニューヨーク!

ニューヨークに来ています!

上のお知らせ欄にも書いてますように、9月9日にコンサートでの新作初演のために、11ヶ月ぶりにニューヨークに来ました。
気持ちは、すっかり里帰りです。

明日から、リハーサルが始まります。
とっても楽しみです!
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。