2017-08-08

チャリティーコンサート 写真が届きました

8月4日の愛知県立芸術大学チャリティーコンサート、大学の職員さんが撮影してくれていた本番の写真が届きました。

素敵に撮ってくれていて嬉しいです!

IMG_0671_s.jpg

IMG_0664_s.jpg

IMG_0690_s.jpg
スポンサーサイト
2017-08-06

チャリティーコンサート無事終わりました。

愛知県立芸術大学チャリティーコンサート、無事に終わりました。

思い返せば、今年度始まる前、着任することが正式に決まったあと、大学の演奏委員から電話があり

「新任の先生のお披露目も兼ねて、チャリティーコンサートで新作を。内本久美先生の演奏でピアノ曲1曲と、あと別の先生の演奏でもう1曲」

とのことで

「はい、わかりました」

と答え、うれしーなー、2曲も作曲できるんだ〜って思いました。

そして、2-3週間後、再び演奏委員から電話。

「ちょっと、事情が変わりまして、ピアノ曲はピアノ曲でも、連弾のための曲を書いていただいて、それを内本先生と成本先生ご自身で初演してほしいのですが」

「へ?」

ちょっと迷いましたが、子どもと大人の連弾曲を作曲して、今回は私が子どもパートを弾くってことでいいかなと。
が、実際に書き始めたら、「こっちの方が弾きやすいかもしれんが、ここはゆずれない。大丈夫!練習する!」という場面がいっぱい出て来てしまって、仕上がった時には「うわっ!これ、ほんとに弾けんの?」というパートに。
もちろん、内本先生のパートは私の何十倍も難しいですのですが。。。。

そんなこんなんで、初リハーサルから、内本先生が何度も何度もつきあってくれて、速いパッセージを2人でのユニゾンでずーっと弾くという恐ろしい場面とか、一瞬でも頭が立ち止まった瞬間に崩壊する変拍子とか、1人で練習しているときにはどうなることかと思っていたところも、内本先生がグイグイと引っ張っていってくれて、ある時からは「どんな事故が起こっても大丈夫!」という状態になり、無事に本番が終わりました。

本番はもう、めちゃくちゃ楽しくて、ずっと弾いてたかったです。終わっちゃって寂しい。
打ち上げもすごく楽しかったです。

作曲の学生さんはもちろんですが、演奏の学生さんが、面白かったですとか、楽しかったです!とか言いに来てくれて嬉しかったな。これをきっかけにして、色々新しい作品を聴いてくれると本当に嬉しい。

聴きに来て下さった皆様、学生さん、同僚の先生方、それから、今回の機会を作って下さった先生方、そして,何度も何度もリハーサルにつきあってくださって、一緒に楽しい演奏をしてくださった内本久美先生、ありがとうございました。

●写真は、楽屋にて記念に撮影。普段あんまり、ドレス姿ってないから珍しいので撮影してみました。
ファイル 2017-08-06 15 16 26 のコピー

●前髪、かなり悩みましたが、自分の姿勢のチェックのためにピアノ弾いているところを動画に撮ってみたら、ぱらっと落ちて来る前髪をクビを振ってあげている動作がすごく多くて、かっこ悪かったので、思いきっておでこ全開にしてみました。ちょっと恥ずかしかった。。。
2017-01-29

「ポートレイト・コンサート:成本理香 III」終わりました。

「ポートレイト・コンサート;成本理香 III」無事に終わりました。
みなさま、ありがとうございました。
素晴らしい演奏家の協力のもと、沢山のお客様に自分の作品を聴いていただけて本当に幸せです。
(以下長文です)

日本で自分で企画して、自分で行うコンサート、実は初めて。
色々アドバイスくださった皆様、ありがとうございました。
もともと、昨年3月に大阪で自分の作品を演奏するのに、名古屋でのリハーサルの後、近鉄で大阪(なんば)に向かう、特急アーバンライナーの中で丹下聡子さんが「リカさん!個展やるべき!」とアツく語り出し、なんばに到着する時には、個展をやることどころか、プログラムと誰に演奏を頼むのか半分は決まっていた・・・というのが始まりです。
彼女が背中を押してくれなかったら、今回の個展はありませんでした。感謝です。

そして、その丹下聡子さんに加え、尊敬してやまない村田四郎先生、中村和枝さん、森川栄子さんに演奏者として加わっていただいて、あのようなハイレベルの演奏で自分の作品が演奏された事、この上ない幸せです。

さらに、ご来場下さった皆様方、本当にありがとうございました。
私は、最初チケットは40人~50人くらいにしか売れないだろうし・・・と、もっと小さい会場で十分だと思っていました。
それを「それじゃダメだよ!」と言ってくれたのも丹下聡子。
そういうわけでHITOMIホールをおさえたものの、まあ、半分くらい入る感じかなと思っていたら。
本番のほんの数日前なってグングンチケットの数が伸びて来て、大慌てでチケットぴあの発売を停止して、席数以上チケットが出たら大変!どないしたらええねん!!!とパニックになり、そこで助けてくれたのが、友人山本裕之さん。
SOS(笑)のメールをしたら、前売りを止めるタイミング、当日券のことなどをについてすごく詳しいアドバイスをもらえました。
超助かった!ありがとうございました。

また、故郷和歌山からわざわざ和歌山時代にお世話になっていた恩師森川隆之先生が聴きにきて下さいました。
遠くからありがとうございました。


途中からは製作協力として後輩今井智景に手伝ってもらいました。
色々細かい作業をやってもらえて助かりました。ありがとう。

公演はNPO法人JML音楽研究所の助成もいただきました。
ありがとうございました。

ステキなチラシを作ってくれたデザイン科の井上憶人君もどうもありがとう。

今回の個展は、多くの方に助けられて開催できました。
本当にありがとうございました。心から感謝致します。
次回は3年もあけずに第4回をやれたらいいなと思います。

写真は、最後のカーテンコールと、わざわざ関西から聴きにきて下さった愛知県芸の作曲の大先輩にあたる多田泉さんが終演後のロビーで撮影して下さっていたものです。
S__37470459.jpg

S__37552135.jpg

16195855_1407485419301484_1479146853637699983_n.jpg
2016-11-06

バンドパフォーマンス「海物語」終了しました。

瀬戸内国際芸術祭パフォーミングアーツイベント「バンドパフォーマンス『海物語』」無事に終了しました。
本番には、何年かぶりに会う友人も聞きに来てくれたりして、とても嬉しかったです。

自画自賛みたいになってしまいますが、とても面白いコンサートが出来たんじゃないかなと思います。
バスドラム独奏に始まり、最後はウィンドオーケストラに至るまで、様々な音楽の編成とスタイルで4人の作曲家が作曲、編曲して制作した舞台です。
なんか1回だけってもったいないなって思います。
バージョンアップして、またどこかでやりたいです。

また、演奏して下さった高松ウィンドシンフォニーの皆さんが、1週間前にリハーサルにお邪魔した時も、今回のリハーサルも、本当に一生懸命演奏して下さり、いろんな質問も私にしてくれて、少しでも良い演奏になるようにと取り組んで下さったのが,本当に幸せでした。
本番は、とても心のこもった演奏をしてくださり、最高!!

今回の企画を一緒にやろうと声をかけてくださった愛知県立芸術大学の寺井尚行先生には感謝の気持でいっぱいです。
30年程前、私が大学に入学した時に、一番若い先生として大学にいらっしゃった先生も、今年いっぱいで定年です。
私は先生のクラスではなかったので、これまであまりいろんなイベントでご一緒することはなかったのですが、先生の大学最後の年に一緒にこんなステキな企画に関わらせていただけて嬉しかったです。
先生の退職前に間に合って良かった!(笑)
企画、リハーサル、そして本番にいたるまで、先生から沢山の事を学ばせていただきました。
ホール打ち合わせも同行させていただいて、本当に感謝です。



今回の制作にかかわった4人の作曲家。
私の隣が寺井先生です。
IMG_0960_s.jpg

リハーサルのものですが、写真を少し。
寺井尚行:黎明
スクリーンショット 2016-11-06 164114

寺井尚行:Glistening Sea
IMG_0953_s.jpg

成本理香:The Sound of the Sea II
舞台の端と端に二人のトランペット奏者が立って演奏する曲。
この写真は、二枚の写真をつなぎあわせました(なのでちょっと舞台が小さく見えてますが、切れてるのです)
the sound of the sea II リハ

フル編成のリハーサル前
IMG_0955_s.jpg

お客様も帰ったあとの最後にバンドのみなさんに挨拶をしている所。
(赤いので私がどこかすぐわかりますね)
IMG_0986.jpg


名古屋と高松は車で往復。
コンサート終了後すぐに高松を出たので、夜明石大橋通過。
スクリーンショット 2016-11-06 165313

すごくきれいでした。
2016-09-30

「愛知県立芸術大学創立50周年記念国際シンポジウム」終了しました。

愛知県立芸術大学創立50周年記念国際シンポジウム、2日間とも沢山のお客様にご参加頂き、盛況のうちに無事に終了しました。
私の担当したレクチャーコンサートも沢山のお客様がご来場くださって、嬉しかったです。
どちらかというと、私の次のコマの、鈴木政吉バイオリンのコンサート目当てで来られた方が多いのだろうなとは思いましたが・・・・(笑)。
でも、そういう方が私たちのコマを聞いて下さって、1人でも多く
「ん?なんか、現代音楽おもしろそう」
とか
「ん?他に日本人の作曲家って誰がいるんだろう?」
とか、
何か少しでも心にひっかかってくれたら、それはそれで大変な喜びです。
話していると、結構沢山のお客様がすごく熱心に聞いて下さっているのが前から見えて、嬉しかったです。
終わってみれば、結構評判も良かったので、ホッとしました。
今回のシンポジウムの外国からのゲスト研究者の先生方からも褒めていただき、嬉しかったです。
演奏担当の丹下聡子さんのフルートもとても良かった。
今回が初演となった、私の作品「TRACE VII 〜独奏フルートのための」も、とても良い演奏でした。

それから、自分以外の発表では、芸術学の先生のセッションもとても面白かった。
寝不足の中、聞き入ってしまいました。

お聴き下さった皆様、準備に走り回ってくれた事務局、スタッフの皆様、ありがとうございました。
写真は、レクチャー中の様子と、レクチャー後演奏担当の丹下さんと。

IMG_4683_s.jpg

IMG_4693_s_f.jpg

2016-09-03

The Sound of the Forest

愛知県立芸術大学創立50周年イベント「芸術は森からはじまる」と、サウンドイベント「森羅」が始まりました。

初日に行われた、私の作品《The Sound of the Forest》の初演も、終わりました。
5人のトランペット奏者が、広大な愛知県立芸大の敷地内に散らばり、バラバラに演奏し始めます。
そして、演奏しながら段々と学食前の広場に集まってきます。
最後は学食前に5人揃ったら、そこで、アンサンブルを演奏して終わりという作品です。

演奏してくれたのは、愛知県立芸大の学生。
前日学内で実際にリハーサルしたら、暑いのなんのって。
本番の日は、更に暑く、心配しましたが、少し風が出ていたのと、リハーサルより1時間遅かったので、すこし暑さが和らいでいました。

私の作品は「芸術は森からはじまる」のオープニングのセレモニー開始の為のもので、多くの人が学食前に集まっていて、賑やかな感じで良かったです。

学食前に人が集まっている様子

赤いバルーンは、展示されている美術作品です。


あちこちでトランペット吹いている学生。集まってきて最後は5人でアンサンブルです。


管理棟前で伸びやかにトランペットが演奏し始めるの、学食前でも結構聴こえて来て面白かったです。
演奏し始めた時は、学食前のお客さんたちには、まったくトランペット奏者の姿は見えません。

それにしてもさすが、山の中の大学。あっちでもこっちでも思いっきり演奏し放題(^。^)

こちらは、作品について書いたペーパーです。


お天気に恵まれて良かったです。
でも、暑かったー。

愛知県立芸大の寺井尚行先生が声をかけてくれて、私もこのイベントに参加させていただきました。
ありがとうございました!

本番後の記念撮影。


美術展「芸術は森からはじまる」、サウンドイベント「森羅」は、これから約1ヶ月間開催されます。サウンドイベントは面白い公演目白押しです。
ぜひ、愛知県立芸大の森まで、お越しください!
「森羅」http://botadc.main.jp/shinra/
「芸術は森からはじまる」http://aigei50th.aichi-fam-u.ac.jp/?event=event-53

セレモニーの後はレセプション。
遅くまで、ワイワイと。
赤いバルーンもライトアップされました。


愛知県立芸大、なんか、ほんとにいい大学だなあ。
ここの卒業生で良かったです。


バルーンの前で、演奏前に記念撮影。
2016-08-07

金沢ナイトミュージアム「音で遊ぶ☆夜の演奏会」

金沢大学の学生による『金沢ナイトミュージアム「音で遊ぶ☆夜の演奏会」』、無事に終了しました。

リハーサルを重ねるうちに、演奏がどんどん良くなってきて、本番をとても楽しみにしていました。

当日のリハーサル風景。


場所も残響がちょうど良いところで、すごく美しい演奏でした。

本番後、リラックスして記念撮影。


トイピアノのカルテットって、想像以上に面白い音がしていたので、今後も何曲か書いてみたいなーと思いました。
演奏してくれた金沢大学の学生さん、どうもありがとう!
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)